パーツを買う

【ホンダ マグナ50】排気量を感じさせないデザインで選ぼう。Rider編集部オススメのマフラー

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

原付免許で乗れるアメリカンバイクとして学生から高い支持があり、また極めて優れている燃費性能だったホンダ・マグナ50。生産終了した現在でも人気であり、今回はこのバイクの現在販売されているマフラーについて紹介させていただきます、このエンジンは同社のカブと同系統のエンジンでありながらフルエキゾーストマフラーが多数販売されているので、ご参照いただければと思います。

メイドインビー(MADE in Bee):2本出しマフラー



出典:Webike
鋭く伸びた二本の破竹のようなマフラーはメイドインビー製のカチ上げ二本出しマフラーになります。
このマフラーに換装するとマフラーだけでなく他もカスタムしているような外観になるため、筆者オススメの一品です。
またこの排気量ではタンデム走行は不可なので、そこを気にせず装着できる点もメリットです。

キタコ(KITACO):フィッシュテールマフラー



出典:Webike
こちらはキタコ製のフィッシュテールのマフラーです。この排気量でこのマフラーを装着し、サイドバッグをつければ気分はもう大型バイクです。外観としては少し小さめのハーレーといった感じになり、ほかのマグナ50よりカッコよくなること間違いないでしょう。

ハリケーン(HURRICANE):SSー1スラッシュカットマフラー



出典:Webike
こちらはハリケーン製のスラッシュカットマフラーです。車体をドラッグ系に仕上げるのであればスタイリッシュなデザインでありながらどこかレーシーな雰囲気を醸(かも)し出すところが、このマフラーがオススメです。
またデザインからカフェ系のカスタムにも適しているのではないかと筆者は思います。

キタコ(KITACO):ミニサンタナマフラー



出典:Webike
こちらはキタコ製の二本出しマフラーになります。
小排気量のバイクですとこのようなマフラーはあまり見かけることがありませんが、二本出しのマフラーであれば外観をより大きく見せることができ、あまり見かける機会もありませんので、50ccだと言わない限りバイクにあまり詳しくない方には分からないでしょう。
 

 
いかがでしょうか?
「マグナ50が一番今の自分に合ってると思うけど小さいしなぁ・・・」
と思われる方がいらっしゃるかと思いますが、このようにカスタム次第でどうにでもなるのがこのバイクの良い点でもありますし、何より車検がないので多くを気にせずにバイクをいじる事が出来ます(法規走行はお守り下さい)
また今回はカスタムパーツの豊富なマグナ50の社外フルエキゾーストマフラーについて触れましたが、決してパーツはこの限りではなく様々な仕様のものが多くのパーツメーカーから販売されていますので、購入する際には読者様でよく吟味されてご購入されることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加