バイクを買う

ネイキッドの本流 ドゥカティ・モンスター797の魅力とは? 

オーソドックスなネイキッドシリーズがモンスターと言えます。1993年にイタリアらしい独創的な新しいスタイルにてデビュー。その後、25年の間にモデルチェンジを繰り返していきました。モンスター797は2017年に発売。モンスターの特徴を現代において再現しました。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

ドゥカティ モンスター797の歴史


スポーティな印象の強いドゥカティは世界最高峰のレースMOTOGPや世界スーパー選手権で活躍しています。さまざまなカテゴリーにラインナップがあるなかのオーソドックスなネイキッドシリーズがモンスターになります。1993年にデビューし、国内ではネイキッドが注目され始めた頃です。国内メーカーのネイキッドは昔ながらの一般的なスタイルを多く販売したのに対し、イタリアらしい独創的な新しいスタイルで登場して話題になったのがモンスターだったのです。その後、25年の間に、モデルチェンジを繰り返し進化していき、今ではネイキッドバイクの班長的存在になっています。モンスター797は、2017年に販売された、空冷エンジンを使用したタイプで、外見上はハイブリッドフレームコンセプトにより小さくコンパクトにまとまったトレリスフレームに、デビュー当時のようなフレームコンセプトを採用しています。まさにモンスターの特徴を再現していますね。空冷ならではのまったりかんと、味わい深いネオレトロな雰囲気も醸し出しています。


出典:ドゥカティ公式サイト/モンスター797

ドゥカティ モンスターとは?


モンスター(Monster)とは、イタリアのオートバイメーカーであるドゥカティが1993年から製造販売するオートバイの車種である。設計はミゲール・A・ガルーツィ。モンスターは、現在のドゥカティのネイキッドタイプの主流車種であり、スポーツクラシック・シリーズが登場するまでは、近年のドゥカティでは唯一のネイキッドバイクでもあった。モンスターが登場する以前のドゥカティは、スーパーバイク世界選手権等への積極的なレース活動から、スーパースポーツ等のカウル付きスポーツバイクに強いというイメージが強かった。そんな折りに登場したのがモンスターである。モンスターは、当時はまだ普遍的なデザインを採用することの多かったネイキッドバイクとしては珍しく、先進的な特徴ある外観をしていた。また車両性能は他社のネイキッドバイクと比べてスポーティなものであり、ネイキッドの特徴であるリラックスした乗車姿勢に高性能なエンジンや車体という組み合わせも珍しかった。こうした先進的デザインの高性能なネイキッドバイクというコンセプトが受け入れられ、2007年現在まで基本的なデザインを変えることなく、ドゥカティ社の売り上げの多くを担う看板車種に成長している。モンスターの外観は、登場当初はネイキッドバイクとしては珍しい先進的なものだった。

出典:wiki/ドゥカティ・モンスター

ドゥカティ モンスター797のスペックは?


ドゥカティ モンスター797主要諸元
総排気量 803 cc
最高出力 73 ps (54 kW) @ 8,250 rpm i
最大トルク 6.8 kgm (67 Nm) @ 5,750 rpm i
乾燥重量 175 kg
シート高 805 mm
安全性 ボッシュ製ABS
バルブクリアランスの点検(デスモサービス) 12,000 km

出典:ドゥカティ公式サイト/モンスター797

ドゥカティ モンスター797のデザインは?







出典:ドゥカティ公式サイト/モンスター797

シンプルイズベストな感じでしょうか、フューエルタンク、テール周りといった外装が一新されて、エッジの効いたフューエルタンクになって、さらにかっこよくなりました。後部のあがったスタイリッシュなテール周りはデザインに凝っていてモンスターらしい味を出しています。ヘッドライトは新型で「U字型」LEDポジションライトを使用しています。コストの関係でしょうか、LEDヘッドライトは使用されていません。さらに、快適でスポーティーなポジショニングは引き継がれています。前方がスリムでヒップを包むような座り心地のシートになっています。ライダー側とタンデマー側に、はっきりとした段差があり、ライダーのヒップを安定させることが出来ます。独特なデザインの形状のマフラーがいい味を出しています。ブレーキレバーは四段階調整式でシートは取り外し可能ですがシート下にスペースはあまりありません。大型のデジタル液晶メーターは、速度、エンジン回転数、平均速度、走行時間、オドトリップ、現在時刻などが表示され、読み取りやすい文字の大きさです。830mmのハンドル幅はロードモデルとしては幅広ですが、モンスターらしくフラットで、小柄なライダーさんでも幅が広すぎるという感じはしないと思います。フロントブレーキはダブルディスクで、しっかりとした制動力を発揮します。電源ソケットが標準装備されており、シート下にはUSBタイプが一つある。携帯電話などの充電やデバイスの電源として重宝します。

ドゥカティ モンスター797のエンジン性能は?


803CC空冷ツインエンジンです。空冷エンジンなのでシリンダーには放熱用のフィンがついていて、維持費はリーズナブルです。低回転特性のエンジンでスロットル操作にシビアになること無く低い回転域でまったりと走りを味わえるエンジンになっています。軽量でメンテナンスしやすく扱いやすい伝統的なエンジンです。4000rpmから7000rpmの回転数が気持ちよく走れると思います。トルクと吹け上がりのバランスが素晴らしく、2000rpmから3000rpmの回転数で走っても小気味よく軽快に走れると思います。街中から高速走行まで幅広い速度域をゆとりをもって快適に走ることが出来ます。

ドゥカティ モンスター797の乗り心地・取り回しは?


ホイールベースが1435mmとどちらかというと、400CCくらすよりです。車重が193kgと軽量コンパクトでで、バイクに慣れていないライダーにも扱いやすくて安心です。L型ツインらしいスッキリとしたボディもライダーにやさしいです。シート高は805mmと小柄なライダーには足つきの面で少し気になるかもしれないです。ハンドルの設定はモンスターらしく絶妙で、ハンドル幅が830mmと幅広ながら、体格の小さいライダーが乗っても、特に不満な点はなさそうです。エンジンはLツインらしく鼓動感がありやさしく、4000回転くらいからトルクが増えてきて、4000回転から7000回転をキープして走ると心地よいです。加速もスムーズで100キロまで滑らかに到達します、さすが803ccの排気量ですね。余裕のある排気量で高速走行も楽です。

足回りも結構スポーティでABSも標準装備しています。ブレーキもきき具合を感じやすく、十分な制動力を有していますのでコントロールしやすく大型バイク初めてでも扱いやすいと思います。サスペンションは柔らかく、高速の継ぎ目もストレス無く通過します、剛性感もあり、車線変更などで素早い動きをしてもしっかりと反応してくれます。ザックス製モノショックをリンクレスで左側にオフセットして装備していて、スプリングのプリロード調整と伸び側減衰調整が出来るようになっています。ハンドリングも素直で扱いやすく取り回しもスムーズで思ったより乗りやすい仕様になっています。タンデムシートも十分な広さを取ってあるため、街中でタンデム走行するのもいいと思います。

取り回ししやすい車体に、低速走行に向いているエンジン特性は、街中を走るのに適していると思います。あるビッグバイクビギナーのオーナーさんに乗り心地を聞いたところ、乗る前は不安だったが、10キロも乗っていると、その扱いやすさで不安は解消して、気持ちよく走ることが出来たとのこと。ビギナーから楽しむことが出来そうです。また、電子制御によるライダーズアシスト機能があまり使われていないので、バイクの挙動をリアルに感じる事が出来ることもおすすめしたいポイントです。長きにわたって熟成されたモンスターを一度、味わってみたくなりますね。

ドゥカティ モンスター797の燃費は?


走り方によって変わってくるのですがおおよそリッター20kmといったところがアベレージのようです。

ドゥカティ モンスター797の中古車価格・新車販売相場は?


ドゥカティ モンスター797 中古車平均価格(本体価格) 939,300円(※2019/3/12時点)
ドゥカティ モンスター797 新車平均価格(本体価格) 1,132,300円(※2019/3/12時点)
出典:webike/ドゥカティ モンスター797

ドゥカティ モンスター797の良い点は?


とにかく走りが楽しくて、ツーリングに行きたくなります。ワインディングが恋しくて、休日が待ちきれなくなるでしょう。デザインも最初は違和感があるかもしれませんが、一度気に入ってしまったら、もう離れることはできません。

ドゥカティ モンスター797の悪い点は?


悪い点はモンスターが思ったより目立つので、シャイなライダーさんは少し恥ずかしいかもしれません、目立ちたがりのライダーさんにはどや顔で乗れるモンスターだと思います。
少し小柄なライダーさんには足つきの面で少し不安があります、よく試し乗りをして検討した方が良さそうです。

ドゥカティ モンスター797のまとめ・総評


大型バイク初心者からベテランまで、普段乗りからツーリングまでと、色々なシーンで活躍できるバイクだと思います。取り扱いもしやすいがあまり簡単すぎない、多少癖のあるところがたまらなく愛しくなるようなバイクです。注目を浴びたい方や、目立ちたい方などにおすすめだと思います。

ドゥカティ モンスター797の動画


やさしいバイク解説:ドゥカティ モンスター797

この動画はバイクブロスのウェブマガジン『バイクブロス・マガジンズ』の試乗インプレッション記事と併せてご覧ください。 http://www.virginducati.com/impre/

ハーレー乗りのバイクレビュー DUCATI MONSTER 797

ひさびさの試乗レビューw ————————————————————————————- Bike : HARLEY DAVIDSON Sportster XL1200R (2006y) ActionCam : Campark ACT 74 Handy Recorder : ZOOM H1

ドゥカティ モンスター797の画像


Wat een heerlijke (motor)dag was het vandaag 🌞. Echt een cadeautje. Ik hoop dat iedereen, ook al is het maar even van deze dag genoten heeft. Fijn weekend ❤️ #ducatimonster797 #ducati #ducatiwomen #vloggen #love #liefde #mylife #lovemylife #genieten

9,740 Likes, 72 Comments – Irma Knol (@irmaknol) on Instagram: “Wat een heerlijke (motor)dag was het vandaag 🌞. Echt een cadeautje. Ik hoop dat iedereen, ook al is…”

Don’t fear dying, fear not living #ducatimonster797 #iseeitilikeitiwantitigotit 🇮🇹

81 Likes, 2 Comments – Vasko Popov (@v_popov15) on Instagram: “Don’t fear dying, fear not living #ducatimonster797 #iseeitilikeitiwantitigotit 🇮🇹”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加