ヤマハTZR250R
バイクに乗る

ヤマハ・TZR250Rはココが凄い!! 魅惑の2ストバイク

ヤマハの傑作TZR250Rの歴代モデルを一挙に紹介。初代の1KT・2XTから3MA、そして3XVまで、すべての詳細と中古車相場、さらには現在購入した時の維持費のシミレーションまで、2ストの名作TZR250Rのすべてを紹介していきます。これでTZR250Rを買いたくなること間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

1980年代後半から1990年代後半まで250ccレプリカバイクの名車といえばヤマハTZR250R! ホンダNSR250RやスズキRGV250ガンマ、さらに、4ストロークの高性能スポーツバイクといった強力なライバル車がありながら、カッコよさと性能はこれらに劣ることはなかったです。そんなTZR250Rを今購入したら、どれくらいの価格と維持費がかかるのか? どのようなモデルがあったのか? さまざまな観点からTZR250Rを見ていきたいと思います。

ヤマハ・TZR250Rってどんなバイク?



出典:CLASSIC-MOTORBIKRS.NET
TZR250Rは1985年から1999年までの間に製造された250㏄スポーツバイクです。正しくは1985年から1990年までが「TZR250」、1991年以降のモデルを「TZR250R」という車種名でした。販売していた当時は、250cc水冷2ストローク2気筒エンジンを搭載したレプリカバイクのホンダNSR250R、スズキRGV250ガンマ、カワサキKR250、アプリリアRS250がライバル車であり、一番人気のあったNSR250Rとは、SP250クラスや鈴鹿4時間耐久といったレースで常に上位争いをする最も近いライバル車でした。
また、峠の走り屋からも人気のバイクでもあり、ヤマハフレークでなくても、多くのライダーから愛された一台です。

ヤマハ・TZR(ティーゼットアール)は、RZシリーズの後継機種としてヤマハ発動機から発売されたオートバイである。
水冷2ストロークエンジンを搭載し、フルカウルを装備したレーサーのような外観であったが、万人向けの乗りやすさも考慮したシリーズであった。
出典:wiki/ヤマハ・TZR

ヤマハ・TZR250Rの歴代モデル【1KTから3MAまで】


ここからは初代TZR250から最終型のTZR250Rまで紹介していきたいと思います。

初代TZR250【1985~1987年:型式1KT、1988~1990年:型式2XT】


出典:NOSTALGIC SPORTS BIKES

2ストロークエンジンと言えば、エンジンが高回転域に入ったとき、エンジンパワーが一気に発揮されるパワーバンドに入った瞬間の独特な加速感で人気の高いエンジンでした。1980年代のレプリカブームの最前線に立っていたのはヤマハであり、RZ250R・RZ350Rの後継型としてデビューしたTZR250も、このクラスの草分け的存在でした。1988年に後期型である型式2XTのTZR250が登場し外観の変更はあまりないですが、CDIやシリンダーの変更がされ、ぞくぞくと出てくるライバル車に負けず劣らずの速さはありました。しかし、ホンダNSR250RがV型エンジンでライダーから支持を得るようになり、ヤマハはまだ並列2気筒エンジンで人気も販売台数もホンダNSR250Rに軍配が上がっていました。

2代目TZR250【1989~1990年:型式3MA】


出典:PARE SPORTBIKES FORSALE.COM

出典:PARE SPORTBIKES FORSALE.COM

2代目モデルになり、並列2気筒エンジンはそのままでもエンジン前方に吸気装置、エンジン後方に排気装置を配置した独特のエンジンでした。これはサーキット専用のレーサーであったTZ250のものを採用し、シートカウルの後ろからチャンバーのサイレンサーが出ているスタイルは、ホンダNSR250、スズキRGV250ガンマとは一味違う違うカッコよさがありました。

3代目TZR250【1991~2000年:型式3XV】

出典:instagram/ yossi.46
型式3XVになり、TZR250Rの製造が終了される1999年まで継続されました。エンジンは並列2気筒からV型2気筒へかわり、足回りはフトントサスペンションに倒立フォーク、リアは湾曲型スイングアームが標準で装備され、のちに調整可能なリアサスペンション、乾式クラッチ、クロスミッションが搭載されるさまざまなモデルが年を重ねるごとに現れ、まさに公道を走るレーサーでした。市販レーサーのTZ250から多くのパーツが流用も可能であり、ヤマハ車に特化したパーツメーカーも多かったためTZR250Rは、NSR250R同様にカスタムの幅が広かったです。

TZR250Rのさまざまなスペック【SP、RS、SPR】


1991年から販売されたTZR250Rには、TZR250の語尾にSP、RS、SPRなどさまざまな文字がついてモデルが微小に変わってきます。ここではその違いについて解説したいと思います。

TZR250R


出典:keyword-suggestions.com

スタンダードモデルであり、このモデルが中古車市場で一番多いです。これは1991年から1993年までのモデルです。

TZR250RS


出典:PARE SPORTBIKES FORSALE.COM

TZR250RSは、通常のTZR250Rに乾式クラッチ、調整機能付サスペンションを装備したモデルです。1992年から1994年まで製造されたモデルです。ゼッケン部分が黄色いのが特徴であり、限定100台で販売されました。

TZR250RSP


出典:MCS

TZR250RSは、TZR250Rのモデル内で一番レース仕様に近いハイスペックモデルです。搭載されるパーツは、TM36Φキャブ、乾式クラッチ、専用サスペンション、フレーム補強、エンジンパーツをTZから流用、ラジエターの大型化、1~3速をサーキットで扱いやすいクロスレシオ化とチューニングしなくてもそのままレースで勝ててしまいそうなこのモデルは500台のみの限定モデルです。レースでのSP250、N250クラスは改造範囲が狭いため、このようなモデルはまさにこれらのレースで有利とされるホモロゲーションモデルでした。1991年から1994年まで製造されました。

TZR250SPR


出典:www.motorsbros.info

TZR250SPRは、TZR250Rのモデルで一番新しいもので1995年から1999年まで製造されたものです。ゆえに、この時のTZR250RはSPRしかなく、今までのR、RS、SPを統括するうえでSPRが語尾につきました。TZR250Rでもっとも完成されたモデルは中古車市場で100万円ぐらいの取引がされることもあります。

TZR250Rの中古車相場は?



(参考:グーバイク・2017年1月10日時点)

ヤフオク落札平均価格207,421円
中古車平均価格:525,800円
このグラフを見ると、「えっ、もうこんなに高いの!?」と思ってしまいます。約30年前の1KT・2XTでも40万円ぐらいで取引され、3XVでは65万円が一番多い価格帯であり、TZR250Rの中古車価格はすでにプレミアがつくコレクター価格になってきています。新型のスーパースポーツバイクが中古車で購入できるくらいの値段で、これだけの金額を出すなら600㏄のスーパースポーツバイクでもいいかなぁと心移りしてしまいそうです。
しかも、TZR250Rの値段の高騰の原因は中古車のタマ数が少ないことです。1985年から1999年の14年間も販売されていたバイクにも関わらず、参考した大手バイク中古車サイトでは全国に63台しか掲載されておらず、良いもの購入しようと思えば、相当お金がかかることを覚悟する必要があります。また、完全にレストアした車両を販売するお店も現れており、今後は初期型のヤマハRZ250・RZ350のような存在になると考えられます。

しかし、ヤフオクでは中古車にくらべれば安価で取引されているようです。手続きや修理などめんどくさいところはありますが、ヤフオクでTZR250Rを購入して、ちょっとずつ直していくのもいいでしょう。

ヤマハ・TZR250Rの維持費は?



出典:写真AC

TZR250Rを購入したら、維持費はどれくらいかかるのでしょうか。状態の良い中古車であれば消耗品や修理箇所はほぼないと思いますが、フリマやヤフオクといった個人売買で現状渡しのTZR250Rを購入すればさまざまな消耗品を交換しなければなりません。
まずTZR250Rを安心して走れるように、タイヤ、ブレーキパッド、点火プラグ、ミッションオイル、チェーンを交換してみるとします。
【タイヤ】ダンロップSPORT MAX GPR300 フロント110/70-17:13,595円、リア150/60-17:17,902円
【ブレーキパッド】デイトナ 赤パッド フロント:4,320円、リア:4,320円
【点火プラグ】NGKスパークプラグ 3035[BR8ECM]602円×2
【ミッションオイル】ヤマハワイズギア ギアオイル1L:1,134円
【チェーン】D.I.D520VX2-100FB STEEL(スチール) X-リング:10,265円
これらすべてを交換したとして、部品代で52,740円です。ヤフオクや、個人売買で割安なTZR250Rを購入した時はこれぐらいの部品代がかかると思っていいでしょう。

次に、週末や趣味のツーリングで使うライダーの走行距離が4000キロとして、年間のガソリン代とエンジンオイル代を試算してみます。
TZR250Rの実燃費はリッターあたり18km、エンジンオイルの消費が1000キロで1リットルという意見が多く、そして2016年のレギュラーガソリン平均価格がリッターあたり120円であり、エンジンオイルはヤマハワイズギア オートルーブ スーパーRSを使用するとして、これは1リットル2,560円します。
これらの値から年間のガソリン代は26,666円、エンジンオイル代は10,240円です。
また、自賠責保険料は125cc~250ccの1年間加入で9,510円です。しかし、自賠責保険は加入期間が長ければ長いほど1年間あたりの保険料はかなり安くなります。5年間加入で28,060円であり1年間あたりで5,610円と、1年だけの加入に比べればかなり安くなります。

以上から、TZR250Rのガソリン代、エンジンオイル代、自賠責保険代(1年のみ加入)を合わせて年間の維持費は46,416円になります。

ヤマハ・TZR250Rについてのまとめ・総評


TZR250Rについて書いてみましたがいかがでしたか。すでに旧車の域に達してきたTZR250Rですが、そのカッコよさは現在のヤマハから販売されているYZF-R25に負けていません。しかし、現在TZR250Rの購入には新車のYZF-R25は余裕で買えてしまうぐらいの価格であり、中古車価格は今後も高騰が続いてなおも購入しにくくなることは2ストフリークには寂しい気がします。
しかし、インターネットが普及してヤフオクやバイクフリマアプリRider’s Garageから個人売買で欲しい車体を比較的安く購入しやすくなってきました。

今TZR250Rを購入するには、そこそこの値段しますが安心して乗ることのできる良質な中古車を購入するか、ネットから安い現状渡しのTZR250Rを購入後、自ら少しずつレストアして乗るのも、これはこれで面白そうです。いずれにせよ、TZR250Rはこれからも我々ライダーを魅了させてくれるでしょう。

ヤマハ・TZR250Rの動画集

TZR250R(3XV1) vs ZXR400

2周目のメインストレート、約400mの直線でZXR400と勝負してみました どちらもSTDモデル、3XV1はマフラーのみ交換(チャンバーはノーマル) ZXR400は見た目ではマフラーのみの交換でした(中身は不明) 一応、加速はほぼ互角。1コーナーの突っ込みで勝ちましたが、 ZXRの人が本気だったかどうかは分かりません。(こちらもマージンは取ってますが) …

Taira Racing TZR250R

2008年ロードライダー8月号に掲載したTaira Racing TZR250R(3XV系)です。

’91 TZR250R 3XV1 TOP SPEED

’91 TZR250R 3XV1 TOP SPEED

ヤマハ・TZR250Rの画像集

Carl Duttonさん(@dutts08)がシェアした投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加