バイク用品を買う

これぞバイクシーンの傑作! バイクに乗りたくなる映画10選

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

「イージー・ライダー」や日本アニメの傑作「アキラ」など、バイクシーンは映画の面白さを引き立ててくれます。バイクを愛する我々ライダーにとっても、観ていて思わずバイクに乗りたくなる映画はひとつやふたつはあるはず。また、それらを見てバイクの免許取得を志した人もいるかもしれません。そこで、今回は観たらバイクに乗りたくなる映画を10作品選んでみました。
 
 

大脱走



出典:BBC NEWS
監督:ジョン・スタージェス
脚本:ジェームズ・クラヴェル、W・R・バーネット
製作:ジョン・スタージェス
原作:ポール・ブリックヒル
出演者:スティーヴ・マックィーン
配給:ユナイテッド・アーティスツ
製作国:アメリカ合衆国

英オートバイ保険会社キャロル・ナッシュが映画史上最高のオートバイシーンのトップ5を選び、1位に映画『大脱走』のスティーヴ・マックィーンさんのシーンが選ばれたとW.E.N.N.が報じた。
引用元:シネマトゥデイ

第二次大戦中、ドイツの第3捕虜収容所に収容された連合軍将校たちが大脱走を敢行した史実を基にした脱走劇。映画史の中でも名作の一つとされ、史上最高のバイクシーンにも選ばれる傑作です。



 
 

モーターサイクル・ダイアリーズ



出典:アマゾン
監督:ウォルター・サレス
脚本:ホセ・リベーラ
製作:マイケル・ノジック、エドガード・テネンバウム、カレン・テンコフ
出演者:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
配給:株式会社角川ヘラルド・ピクチャーズ
製作国:アルゼンチン、 アメリカ合衆国、チリ、ペルー、ブラジル、イギリス、ドイツ、 フランス

伝説の革命家エルネスト・チェ・ゲバラの旅行記「チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記」を基にした青春映画。
1952年、医学生だった23歳のエルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナが友人の生化学者でアルベルト・グラナードと共にイギリスのバイク・ノートン500でラテンアメリカの冒険に行く内容で、旅の珍道中でのストーリーは涙ものです。




 
 

世界最速のインディアン



出典:ACESHOWBIZ
監督:ロジャー・ドナルドソン
脚本:ロジャー・ドナルドソン
製作:、ロジャー・ドナルドソン、ゲーリー・ハナム
出演者:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、アーロン・ジェームズ・マーフィ
配給:ソニー・ピクチャーズ
製作国:ニュージーランド、アメリカ合衆国

1962年、バート・マンローが1920年型インディアン・スカウトを改造しボンネビルの塩平原の最高速記録に挑む実話に基づいて映画化。主役のアンソニー・ホプキンスは「羊たちの沈黙」「ハンニバル」と猟奇的でシリアス悪役のイメージがありますが、この映画では穏やかな老人バート・マンローの役を演じ、これも味があって名演技を繰り広げてます。

この作品の中でバート・マンローが言った
“If you don’t follow your dreams, you might as well be a vegetable.”
「夢を追わない奴は野菜と同じだ」
は映画名言の一つといえるでしょう。


 
 

マッドマックス



出典:Movies Counter
監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジェームズ・マッカウスランド、ジョージ・ミラー
製作:バイロン・ケネディ
出演者:メル・ギブソン
配給:ワーナー・ブラザーズ
製作国:オーストラリア

当サイト記事「バイク好きなら見てほしい! 第1作目マッドマックス」でも紹介したマッドマックス。この映画を愛するライダーは多く、カワサキZ1000やZ1のバイクシーンはZファンにはたまらないでしょう。バイクシーンのある名作のひとつです。




 
 

さらば青春の光



出典:FLAVORWIRE
監督:フランク・ロッダム
脚本:デイヴ・ハンフリーズ、フランク・ロッダム、マーティン・スティールマン、ピート・タウンゼント
製作:ロイ・ベアード、ビル・カーヴィッシュリー
出演者:フィル・ダニエルズ、レズリー・アッシュ。トーヤ・ウィルコックス、フィリップ・デイヴィス、マーク・ウィンゲット、スティング、レイ・ウィンストン
配給:ザ・フーフィルム
製作国:イギリス

1960年代イギリスのモッズを描いた青春ドラマ映画。モッズ(モダニスト)とは1950~1960年半ばまでの間イギリスの若者の間で流行った音楽やファッションをベースとしたライフスタイルのことで、その若者たちはイタリアン・ルックの服を着て、モダンジャスを聴き、洒落たスクーターで街中を走り、カフェバーやクラブに集まり始め、主人公ジミーもその一人でした。この時のベスパのカスタムは、「モッズカスタム」ともいわれ、今でもこのカスタムで乗っているライダーは少なくないです。

モッズカスタムを施したベスパ

出典:WIKIMWDIA COMMONS



 
 

ハーレーダビッドソン&マルボロマン



出典:MUBI
監督:サイモン・ウィンサー
脚本:ドン・マイケル・ポール
製作:ジョン・ヘンショー
出演者:ミッキー・ローク、ドン・ジョンソン
配給:日本ヘラルド映画
製作国:アメリカ合衆国

主人公が昔なじみの店を借金から救うため、仲間たちと銀行の現金輸送車を襲うが、奪ったのは金ではなく新種の麻薬クリスタル・ドリームであったというアクション映画。登場人物はハーレーダビッドソンとマルボロマンという名の中年男性。決してこの二人がアメリカを代表するバイクメーカーとタバコメーカーの創業者というわけではありませんが、アメリカに欠かせない二つのシンボルを名に持つ2人のヒーローを描いた正統派娯楽アクション。


 
 

M:I-2(ミッションインポッシブル2)



出典:COLLIDER
監督:ジョン・ウー
脚本:ロバート・タウン
原作:ブルース・ゲラー
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー
出演者:トム・クルーズ、タンディ・ニュートン、ダグレイ・スコット
配給:パラマウント映画
製作国:アメリカ合衆国

トム・クルーズ出演の代表的なハリウッドアクション映画。この中で主人公のイーサン・ハントがトライアンフ・スピードトリプルで敵と戦いながら駆け抜けるシーンは圧巻。



 
 

トルク



出典:RideApart
監督:ジョセフ・カーン
脚本:マット・ジョンソン
製作:ニール・H・モリッツ、ブラッド・ラフ
出演者:マーティン・ヘンダーソン、アイス・キューブ、モーネイ・マザー
配給:ワーナー・ブラザーズ
製作国:アメリカ合衆国

覚えのない罪で街を追われた主人公フォードが元カノと友人たちの元に帰ってきた。しかし、その夜に殺人事件が発生しFBIや対立するバイカーギャングが彼らを追いつめることになるストーリー。さまざまなスーパースポーツバイクが出てきて、さらにはガスタービンエンジン搭載した世界で二番目に速いMTT・タービン・スーパーバイク(当サイトの「【最高速】300キロオーバーはもう当たり前。2016年版世界最速バイクBEST10」でも紹介)も登場しています。



 
 

クイック!!



出典:アマゾン
監督:チョ・ボムグ
脚本:ユン・ジェギュン 、 パク・スジン
製作:ユン・ジェギュン 、 イ・サンヨン
出演者:イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォン
配給:CJ Entertainment Japan
製作国:韓国

主人公はスピード狂のバイク便ライダーのキス。そこに生放送出演に遅刻しそうなアイドル歌手のアムロをスタジオまでタンデムで配達することに。しかし、アムロがかぶっているヘルメットには爆弾が仕掛けられ二人はタンデムで30分以内に指定の場所にある物を届けなければならなくなるストーリー。BMW S1000RRで韓国の街中を疾走するシーンは迫力満点です。


 
 

男はつらいよ ぼくの伯父さん



出典:アマゾン
監督:山田洋次
脚本:山田洋次 朝間義隆
原作:山田洋次
製作:内藤誠
出演者:渥美清、吉岡秀隆、後藤久美子
配給:松竹
製作国:日本
第3回日刊スポーツ映画賞助演男優賞/吉岡秀隆

ストーリーは大学受験に失敗し予備校に通う寅次郎の甥の満男が、『旅に出ます。親不考(孝)をおゆるし下さい。 御両親様』と置手紙を残して、バイクで旅に出ます。そこでの人の出会いや満男の心の移り変わりを描いた日本映画の代表作”男はつらいよシリーズ”の作品。満男が乗るバイクはホンダVT250SPADA。旅の途中で、GL1500ゴールドウィングも出てきたりします。男はつらいよシリーズのほのぼのした演出と人間味あふれる内容が見ていて面白く、その中で出てくる吉岡秀隆がバイクに乗るシーンは味のある演技をしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加