バイクに乗る

【二輪免許】「車体は外、視線は先」を意識して簡単にクランク攻略【対策】

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

自動二輪免許を始めて取得する人にとって、「狭い」・「傾いている」という状況は非常に恐怖を感じることが多い要因です。例えばスラローム走行は左右にバイクを切り返しながら走行しますが、この時の「バイクの傾き」が恐怖に感じてしまうことは少なくないでしょう。同様に非常に狭い道を走行しなければいけないクランクコースは、狭いという恐怖だけでなく「倒れてしまうのではないか」という恐怖も感じてしまいます。

そこで、「どうしたら上手にクランクを攻略することができるのか?」について、ポイントをいくつか紹介していきます。

苦手なクランクをクリアするコツ:パイロンを倒さない方法

どうしてもクランクのパイロンをこすってしまう方に見て欲しい動画です。 ホワイトベース教習所とは、オートバイショップホワイトベースの行っている企画で仮想の教習所です。皆様からのリクエストを元に制作しています。 もし、教習で解らない事、つまづいていること、どうしてもできないこと、初歩的すぎて人に聞けないこと、なんでもリクエストをください。 皆様のバイクライフのお役に立てれば幸いです。 …

低速走行を楽にするポイント


クランクは低速で走行する必要があります。ある程度の運転技術を持っている人であれば、スピードが速くとも難無くクリアすることは出来ます。しかし、教習所ではそのような走行は求められていないので、「ゆっくりと落ち着いて」バイクを走らせましょう。

ただし、あまり遅すぎる速度ではバイクコントロールが難しくなってしまうので、「バイクが安定して走行できる最低限度」を意識することが大切です。

バイクの挙動はリアブレーキで整える


出典:YouTube/二宮祥平ホワイトベース

低速でバイクをコントロールする為のポイントは、「リアブレーキを引きずるように使う」という事です。極端に言えば、クランク中ずっとリアブレーキを軽く踏みながら走行するという意識を持つようにすると、バイクの挙動が安定しやすくなります。

リアブレーキを踏むだけでは減速・停止してしまうので、そうならないようにアクセルを開けておく必要があります。バイクはアクセルを開けると挙動が安定しますが、開けている状態を長くすることで開けたり閉めたり忙しく操作するよりも安定性が増します。

しっかりとバイクをホールドする


バイクは基本的に「車体を倒す(バンク)させる」ことで曲がります。しかし、クランクに限っては「ハンドル操作だけで曲がる」という走行(意識)をすることになります。

車体は出来る限り直立している状態を維持しつつ、ハンドルを左右どちらかに向けることでコーナーを曲がる訳ですが、その際にバイクは多少なりとバンクしてしまいます。極力バンク角がつかないようにすることで、低速でも安定して曲がることが出来ます。低速でバンク角がついてくると車体が不安定になり「怖い」と感じやすくなってしまいます。その恐怖を減らすためには安定した姿勢、特に「上体姿勢」が重要です。

しっかりとニーグリップをしてバイクと下半身をホールドさせることで、上半身の無駄な力を抜いてフリーな状態にすることが出来ます。上半身に自由度を持たせることで効率良くバランスを取ることが出来るようになるだけでなく、繊細なアクセル操作も可能になります。

視線は「行きたい方向」に向ける


出典:YouTube/二宮祥平ホワイトベース

不思議なもので、バイクは「見ている方向に進んでいく乗り物」です。先に先にと視線を送っていくことで合理的な走行ライン上をバイクが進んでいくことが出来ます。

クランクに慣れていない人は、「前輪付近」に視線を送ってしまいがちになり、無駄な挙動が増えてバイクのバランスが崩れやすくなります。近くを見ていればそれだけハンドル操作がぶれるきっかけになってしまうので、バランスを維持する為に余計な労力が取られてしまい操作が遅れます。

必ず「どこに向かってバイクを進めたいのか」を意識し、目線を落とさないようにしましょう。

コースを目いっぱい広く使う


出典:YouTube/二宮祥平ホワイトベース

クランクは確かに狭いコースですが、慣れてくれば狭いとは感じなくなります。つまり「十分な間隔を持っているコースだ」と言えるわけです。狭いと思うのは仕方が無いにしても、ならば「出来る限りコースを大きく使う」と言うことを意識することで感覚の余裕を増やすことが出来ます。

外側一杯を前輪が走行するように意識することで走行ラインが広がり、内輪差による脱輪・接触を防止する効果もあります。「外側一杯に前輪を沿わせる」と言うことをしっかりと意識しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加