パーツを買う

【ホンダ CB400SF】見た目は重要! CBをカッコよく速そうにするお勧めカウル

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

その秀でたエンジン性能と、ネイキッドの王道らしい外観、さらにそのルックスからは想像もできない軽さ。1999年からは中型バイクで初めてVTECを搭載し、1992年発売からロングセラーの常連に君臨するホンダCB400SFですが、今回はこのバイクを飾る人気の社外カウルについてまとめてみました。
ネイキッドの車両にはカウルをつける派とつけない派がいますが筆者は生粋のカウルフェチですので、その観点からもそそるデザインのものをピックアップしてご紹介させていただきます。

デイトナ(DAYTONA):ARブレーカー ビキニカウル (専用ステー付)



出典:webike.net

こちらデイトナ製のビキニカウルとなります。
まさに汎用という形のビキニカウルは多数存在していますが、このような攻撃的かつう空力を考えてあるカウルはあまり見かけないのではないでしょうか?
性能も、また攻撃的なデザインもピカイチですので筆者としてはオススメの一品です。

ガルクラフト(GULL CRAFT):BULLET BIKINI TYPE-C ビキニカウル



出典:webike.net

こちらガルクラフト製のカウルとなりますが、弾丸のようなそのフォルムから通常のカスタムからカフェ風なカスタムにも対応できるようなどこかヨーロピアンでいてレーシーな雰囲気を出しています。
ビキニカウルというよりどちらかというと小さいロケットカウルのような印象を受ける一品です。

モトズーム(MOTO ZOOM):アンダーカウル



出典:webike.net

こちらモトズーム製のアンダーカウルとなります。
このCB400SFには様々な形のアンダーカウルが販売されていますが、カラーリングも多様に存在しておりますので、その中から自分のバイクにあったものを選択してご購入されることをオススメいたします。

ビート(BEET):シートカウル



出典:webike.net

画像で判断する限りは族車っぽく見えてしまうのはこちらのビート製のシートカウルです。
画像の視点が悪いだけで実際に装着するとそのようにはあまり見えず、車体をより大きく見せることができますので。
こちらもリア周りを飾るのには良い一品かと思います。

 

 

人気車種ですので様々タイプのカウルが販売されておりますが、今回ご紹介させていただいたのはそのカウルのほんの一部です。
カウルを買った後にこっちのカウルにしておけばよかったなどの話はよく聞くので、いろんなカウルを価格も参考にしながらご購入されることをオススメいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加