バイクを買う

250ccブーム再来!「250ccスーパースポーツ4選」【Ninja250】【YZF-R25】【CBR250RR】【GSX250R】

250ccブーム再来を思わせる、熱いバトルが始まっています。250ccのSSといえば、カワサキNinja250、ヤマハYZF-R25、ホンダCBR2500RRに加え、スズキから新型のGSX250Rが発表されました。今回は熱いバトルを展開するこの4台についてまとめてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

最近の250ccのスーパースポーツといえば、カワサキのNinja250が長らく独走していましたが、ヤマハからYZF-R25が発売され、がぜん250ccスーパースポーツが活気づいてきたと同時に、勢力図も変わりつつあります。

そんな中、ホンダの250cc SSのCBR2500RRがインドネシアで発売され、日本での発売も秒読み段階になっています。さらに、スズキからは新型のGSX250Rが発表されました。

250ccブーム再来を思わせる、熱いバトルがすぐそこまでやってきています。今回はそんな4台の250ccのスーパースポーツにスポット当てて、まとめてみたいと思います。
 

 

①スケールを超えた品質感と先進テクノロジー搭載の『カワサキ Ninja250』



出典:Kawasaki

『カワサキ Ninja250』はこんなバイクだ!


■第1世代はNinja250Rで2008年に登場
「カワサキモータース エンタープライズ タイランド(KMET)」にて生産し、先代ZZR250の248cc水冷4ストローク並列2気筒DOHCエンジンをベースにシリンダーヘッド周りやカムチェーンテンショナなどを改良、さらにフューエルインジェクション (FI) も採用し、498,000円(税込)と手ごろな価格で販売し、大ヒットした。

出典:Wikipedia

■現行モデルである『カワサキ Ninja250』は2012年にフルモデルチェンジされ発売開始
車名の末尾の“R”はなくなり、『カワサキ Ninja250』となる。上級のZX-10R同様のエッジの効いたデザインとなり、あとから発表されたZX-6Rとともにイメージをそろえるモデルとなった。

出典:Wikipedia

■最新の『カワサキ Ninja250』の特徴(メーカーHPより引用、抜粋)

クオーターモデルのスケールを超えた品質感にレース由来の先進のテクノロジーを搭載したNinja 250。 日常の扱いやすさだけでなく、スポーツライディングも十分に楽しめる性能を獲得しています。 スタイリッシュで迫力あるフルフェアリングに、スポーティなセパレートタイプのハンドルを装備。 アシスト&スリッパークラッチによりクラッチレバーの操作感は軽く、リヤタイヤのホッピングやスリップの抑制を可能としています。 軽量、スリムなダイヤモンドフレームは優れた強度と耐久性、剛性バランスを実現。 また、フロントフォークはインナーチューブ径37mmを誇るテレスコピック式で、さまざまな路面状況や速度領域で安定感と快適性を両立しています。 さらにカスタムシートやスマートバッグなどアクセサリーも充実。 ライダーの好みや用途に応じてスタイルを変更できる様になっています。

・Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition

出典:Kawasaki

■『カワサキ Ninja250』の主なスペック
型式:JBK-EX250L
全長×全幅×全高:2,020mm×715mm×1,110mm
軸間距離 :1,410mm
最低地上高:140mm
シート高 :785mm 後
タイヤサイズ前:110/70-17M/C 54H 後:140/70-17M/C 66H
エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ
総排気量:248cm³
最高出力:23kW(31PS)/11,000rpm
最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/8,500rpm
車両重量:172kg
燃料タンク容量:17 L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
トランスミッション形式:常噛6段リターン
燃料消費率(km/L):40.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)

■『カワサキ Ninja250』のカラーバリエーション
Ninja 250
・メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー

・キャンディプラズマブルー

Ninja 250 ABS Special Edition
キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック

Ninja 250 ABS KRT Edition
ライムグリーン×エボニー

Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition
フラットエボニー

出典:Kawasaki

■『カワサキ Ninja250』の価格
Ninja 250 553,500円(本体価格512,500円、消費税41,000円)
Ninja 250 ABS Special Edition・Ninja 250 ABS KRT Edition620,460円(本体価格574,500円、消費税45,960円)
Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition641,520円(本体価格594,000円、消費税47,520円)
 

 

『カワサキ Ninja250』の参考動画


カワサキ新型Ninja250 (2013 )バイク試乗レビュー

カワサキ新型Ninja250 (2013 )バイク試乗レビュー Kawasaki New Ninja 250(2013)REVIEW

カワサキモータースジャパン主催・2013年型Ninja250のメディア向け試乗会に参加しました。 新型の外観はよりスポーティにリニューアルされているものの、全体的な乗り味の傾向は従来モデルを踏襲しているので、その点では従来モデルのオーナーもひと安心といったところでしょうか。 …

関連記事カワサキから『Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition』発売【600台限定】
 

 

②毎日乗れる、スーパーバイク『ヤマハ YZF-R25』



出典:YAMAHA

『ヤマハ YZF-R25』はこんなバイクだ!


■ヤマハ YZF-R25は2014年11月に、まったく新しいバイクとしてデビュー
気軽にスポーツライディングが楽しめる250㏄クラスの新製品として、『ヤマハ YZF-R25』は発売開始されました。そのコンセプトは次の通りです。

「YZF-R25」は、<毎日乗れるスーパーバイク>をコンセプトに、クラス最高レベルとなるエンジン出力とRシリーズを継承する軽量な車体とデザインにより、“スーパースポーツ”と呼ぶにふさわしい高次元な走行性能とスタイルを具現化したモデルです。また、デイリーユースでの軽快な走行性と扱いやすさ、さまざまなシーンでの爽快な走りを実現しています。主な特徴は、1)高揚感あるフィーリングを生み出す新設計エンジン、2)爽快な走行フィーリングを支える新設計フレームとロングリアアーム、3)YZF-RシリーズのDNAを受け継ぐスタイリング及びこれと調和させた快適なライディングポジションなどです。製造は当社のグループ会社PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。

■『ヤマハ YZF-R25』の特徴(メーカーHPより引用、抜粋)

1)高揚感あるフィーリングを生み出す新設計エンジン
エンジンは、249cm3の水冷・直列2気筒・DOHC・4バルブ・FI(フューエルインジェクション)で、コンパクトな燃焼室内で混合気の縦渦(タンブル)を積極的に生成させ、素早い燃焼促進による優れた出力・トルク特性を引き出しました。このエンジンには、高精度で作動する直押し式の吸排気バルブ、強度に優れた浸炭コンロッド、低振動に貢献するアルミ製鍛造ピストンなどを投入、中~高回転域での高い性能を支えます。
さらにクランクウエブを軽くするなどクランク慣性モーメントを最適化、発進など低速での扱い易さと高速域での回転上昇感のバランスを図り、優れたドライバビリティを支えています。

2)マス集中に貢献するショートマフラー
排気系には2-1のエキゾーストパイプとショートマフラーを採用しました。車体中央下部に寄せてコンパクトに配することで重量マスの集中を図っています。さらに、「YZF-R6」(輸出モデル)を彷彿させるデザインでスポーティさを演出しながら、内部は3段膨張式として優れた消音効果と心地よい排気音を両立させました。

出典:YAMAHA

3)新設計フレームとロングリアアーム
最新の解析技術の織り込みにより、軽量化と剛性バランスを兼ね備えた新設計ダイヤモンド型フレームを採用しました。フレームへのエンジン懸架は左右各4ヵ所で、うち左右各3ヵ所をリジッド懸架とし、車体の強度部材としてエンジンケースを機能させることで軽量化に繋げました。左右非対称のリアアームは、長さ573mmとロングで、コーナーや加減速時において、リアアームの対路面角度の変化率が少なく、効率よく駆動力がリアタイヤに伝わる設計としました。

4)走りの爽快感に貢献する前後サスペンション
フロントサスペンションは600ccクラス並のインナーチューブ径が41mmの正立式を採用しました。狙ったラインをトレースし易く剛性感のある走行フィーリングに貢献しています。リアはモノクロスサスペンションを採用し、ストローク全域で作動性が良く、優れた路面追従性と乗り心地を実現しています。

5)YZF-RシリーズのDNAを受け継ぐスタイリングと調和させたライディングポジション
R-DNAを受け継ぎ一目でスーパースポーツと分かるスタイリングを採用、その特徴はマスフォアード・シルエット、切れ上がったテール、逆スラントの2眼ヘッドライト、センターエアダクト風デザイン、レイヤー構造カウルなどです。さらに、ライディングポジションは、このスタイリングに調和させたややアップライトで疲労感の少ないものとしました。シートは表皮、クッション材を吟味し780mmの低シート高と相まって、良好な足付き性とフィット感を備えます。また34度のハンドル切れ角は166kgの軽量ボディと相まって、取り回しで扱い易さに貢献しています。

出典:YAMAHA

6)クラスを超えた充実装備
・視認性に配慮した『LED テールランプ』

出典:YAMAHA

・さまざまな情報を見やすく表示『マルチファンクションメーター』

出典:YAMAHA

■『ヤマハ YZF-R25』の主なスペック
定型式/原動機打刻型式:JBK-RG10J/G401E
全長/全幅/全高:2,090mm/720mm/1,135mm
シート高:780mm
軸間距離:1,380mm
最低地上高:160mm
車両重量:166kg〈168kg〉
燃料消費率:国土交通省届出値定地燃費値 33.5km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値:26.2km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類:水冷・4ストローク・直列2気筒DOHC・4バルブ
総排気量:249cm3
最高出力:27kW(36PS)/12,000r/min
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/10,000r/min
燃料タンク容量:14L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
タイヤサイズ(前/後):110/70-17M/C 54S(チューブレス)/140/70-17M/C 66S(チューブレス)

■『ヤマハ YZF-R25』のカラーバリエーション

いずれも個性的な3タイプのカラー
ヤマハRB(レーシングブルー)イメージのディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)は、ニューグラフィックを採用。クールかつレーシーなイメージを表現した、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)。アグレッシブでインパクトの強いスポーティイメージのホワイトメタリック6(ホワイト/レッド)もニューグラフィックを採用した。

・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)

・マットグレーメタリック3(マットグレー)

・ホワイトメタリック6(ホワイト/レッド)

出典:YAMAHA

『ヤマハ YZF-R25』の価格
YZF-R25 ABS 599,400円 [消費税8%含む](本体価格 555,000円)
YZF-R25 556,200円 [消費税8%含む](本体価格 515,000円)

バリエーションモデル…400台限定の『ヤマハYZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition』



出典:YAMAHA

2016年YZF-R25に”Movistar Yamaha MotoGP Edition”限定カラーが登場。MotoGP3冠タイトルを記念したワールドチャンピオングラフィックやYZR-M1同様の”ENEOS”ロゴも新たに織り込み、MotoGPスピリットを体現するカラー&グラフィックがさらに輝きを増した。

【専用装備】
・ゴールドの前後ブレーキキャリパー
・イエローのサスペンションコイル
・YZR-M1 イメージのゴールド音叉マーク
・MotoGP3冠タイトルを記念したワールドチャンピオングラフィックとMovistarロゴ
 

 

『ヤマハ YZF-R25』の参考動画


ヤマハ YZF-R25 (2014) バイク試乗レビュー

ヤマハ YZF-R25 (2014) バイク試乗レビュー YAMAHA YZF-R25 (2014) TEST RIDE

大変多くの方からレビューのリクエストを頂いていたヤマハYZF-R25 (2014)の試乗レビューをお送りします。 …

関連記事【ヤマハ YZF-R25】250ccのフルカウル流行ってるけどヤマハはどうなの?

 

 

③TOTAL CONTROL(トータルコントロール)『ホンダ CBR250RR』



出典:Astra-Honda

『ホンダ CBR250RR』はこんなバイクだ!


■2016年7月、ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターが新型「CBR250RR」を発表した。
ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターは、Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社で、このCBR250RRは、販売の主要国であるインドネシアで生産されます。日本への導入も決定しており、その発売が待たれているのが現在の状況です。

出典:Astra-Honda

■『ホンダ CBR250RR』の特徴(メーカーHPより引用、抜粋)

1)新開発の直列2気筒エンジン
クラスナンバーワンの出力性能を目指した、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載しました。市街地での扱いやすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる、高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現しています。なお、スロットル・バイ・ワイヤシステム、選択可能な3つのエンジンモード設定によって、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、上質で安定感のある加速フィールを獲得しています。

2)力強さと速さを直感させる独自のスタイリング
ヘッドライトにはCBRシリーズのアイデンティティを継承するデュアルLEDを採用。力強く速い、エキサイティングな走りのイメージを表現しました。低く構えたロングノーズから、高く跳ね上げたテールまでに渡って先鋭的なウェッジシェイプとし、一目で魅せる独自のスタイリングを実現しました。

3)新開発の車体・足回り
フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立させました。スイングアームには、アルミ製ガルアームタイプを採用し、右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。サスペンションは、フロントに剛性が優れた倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用。またブレーキは前後にABSをタイプ設定。ブレーキディスクはフロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、卓越した走りを支える構成としています。

そのディティールなどの確認はこちらの動画をご覧ください。

TVC All New Honda CBR250RR (60s)

It was the engineers’ quest to create an ultimate 250cc super sport bike, the new generation “RR” by achieving the most advanced riding quality and ensuring the fun of motorcycle manuvering with design that capturing the essence of speed and combine it with ultimate performance that goes beyond limit.

■『ホンダ CBR250RR』の主なスペック

全長×全幅×全高:2.060x724x1.098(mm)
ホイールベース:1389 mm
シート高:790 mm
タンク容量:14.5L
エンジン形式:水冷4ストローク4バルブ2気筒DOHC
排気量:249.7cc
燃料供給装置:PGM-FI(電子燃料噴射装置)
タイヤサイズ:(前)110/70–17 54S (後)140/70–17
エンジン出力等:不明

■『ホンダ CBR250RR』のカラーバリエーション
・Honda Racing Red

・MAT GUNPOWDER BLACK METALLIC

・ANCHOR GRAY METALLIC

 

 

『ホンダ CBR250RR』の参考動画


HONDA CBR250RR×丸山浩 速攻外観インプレ!!

HONDA CBR250RR×丸山浩 速攻外観インプレ!!

最新にして最強。 インドネシアで発表されたホンダCBR250RRを、本誌メインテスター丸山浩が速攻で分析! ’17年の日本導入まで、まずはこの動画で外観から見えるCBRの本気度を予習しておこう!

関連記事【CBR250RR】ベールを脱いだホンダ250ccスポーツバイク。クラス最強は間違いなし

 

 

④【スクープ】最後発の250cc SS『スズキ 新型GSX250R』



出典:iwanbanaran.com

『スズキ 新型GSX250R』はこれなのか?


■ネットで流出して話題になっているスクープフォトの数々…
・サイドビュー

・フロントまわり

・リアまわり

出典:iwanbanaran.com

・メーターまわり

・MotoGPレーサーのグラフィック仕様もあるのか?

出典:INDIA CAR NEWS

 

 

『新型GSX-R250?』の参考動画


Suzuki Gixxer 250 (gsx r250) Specifications, Features and Price In India

Suzuki Gixxer 250 (gsx r250) Specifications, Features and Price In India

Suzuki Gixxer 250 (GSX-R250) is the newest high-end motorbike manufactured by the famous and reputable motorcycle brand Suzuki, which is soon-to-be-launched. Visit our infotainment partner : http://Wirally.com Subscribe For More Latest Auto Updates: https://goo.gl/qUyQHn

関連記事【速報】【CIMAMotor2016】ついに全貌が明らかにされたスズキGSX-250R

 

 

おわりに


いかがでしたか?
250ccフルカウルのSS(スーパースポーツ)の「熱い戦い」が始まっています。250ccクラスは車検もありませんし、維持するのも比較的リーズナブル。色々な意味で遊べるクラスではないかと思います。昨今の人気に比例して、さまざまなカスタムパーツの販売もされていますので自分好みの一台に仕上げるのにもGOODです。ぜひ、あなたも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加