バイクを買う

実はマルチプレイヤー? やりたいことほぼ全部入り!『スズキ・V-Strom250』

V-Strom250は比較的オンロード寄りのモデルではありますがフラットダート程度なら走行可能。何より維持費が安く日常生活の足から超長距離のキャンプツーリングまでを一手にこなす扱いやすいバイク。”安くて一台で全てが完結できる車両”を求めているユーザーにとってはまさにうってつけの車両。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

スズキ・V-Strom250ってどんなバイク?



出典:スズキ・Vストローム250

近年、オフロードとオンロードのどちらの道でも走行が容易なデュアルパーパスモデル、アドベンチャーモデルが国内外問わず、各メーカーから販売されるようになりました。とは言えこれらのカテゴリーは大排気量に限定されたモデルが多く、エンジンパワーが強力でもサイズが大きいため扱える人間が限られていました。このV-Strom250は大排気量車が闊歩するこのカテゴリーに対して、低排気量車の強みである”コストの低さ”を売りにしつつ、デュアルパーパス車両の強みである汎用性や積載性も兼ね備えているある意味”挑戦的”な車両であると言えるでしょう。普段の街乗りからロングツーリングまでを1台でこなせるバイクというのは中々お目に掛かれないのですがV-Strom250はそれを実現してしまう車両と言えるでしょう。

Vストローム250(V-Strom250 ブイストローム250、DL250)は、スズキが製造しているデュアルパーパスタイプのオートバイ。V-Stromの名前の由来はV型2気筒とドイツ語で風の流れを意味するStrom(シュトロム)からきている。上位モデルである1000・650がV型2気筒エンジンを搭載しているのと異なり、250は価格面・車重面を考慮し直列2気筒エンジンを搭載している。車体は同時開発のGSX250Rと共通化しつつ、独自の部品を装備する形でデザインされており、乗車ポジションは全体的に高め。

出典:wiki/スズキ・Vストローム250

■SUZUKI V-Strom250 ’17■ ブラック/イエロー 2BK-DS11A【新車:バイク通販.com】

スズキ・V-Strom250の歴史


V-Strom250はスズキ株式会社が販売しているV-Stromシリーズの末弟にあたる車両です。

上位車種にはミドルクラスのV-Strom650,リッタークラスのV-Strom1000があります。V-Stromシリーズの車両そのものは2000年代初頭、欧州向けに発売されたDL1000という車両を始祖としています。650、1000等の大型クラスでは伝統的にV型2気筒エンジンを採用していますが今回ご紹介するV-Strom250は並列2気筒(パラレルツイン)を採用しています。

このV-Strom250はシリーズの中では比較的新しくラインナップに加わった車両であり、入門モデルとしてだけではなくリターンライダー向けとしても販売されている側面があるため、様々なユーザーに対応できるようなオールラウンド性も兼ね備えています。

スズキ・V-Strom250のデザイン



出典:スズキ・Vストローム250

まず、目を引くのがヘッドライト下より伸びているクチバシのようなデザインです。これは近年のアドベンチャー、デュアルパーパスモデルではよく見かけるデザインとなりましたがこれを最初にやり始めたのはスズキだと言われています。DR800と言えばピンと来る方もいるかもしれません。かつてスズキから販売されていた大型単気筒オフロードバイクから続くデザインの系譜が現在でもしっかりと受け継がれているのです。ヘッドライトも今時のバイクでは珍しい丸型を採用しています。なお、大型モデルになるとヘッドライトは菱形でスポーティな印象となります。クチバシ+丸目というだけでもV-Strom250はしっかりと個性を発揮しているのですが、車両後方に注目すると何と左右パニアケースを装備するためのアタッチメントが標準装備されています。このアタッチメントに対応した純正パニアも販売されているため装着することで積載能力は大幅に向上することでしょう。しかし、パニアを装着しないからといってこのアタッチメントが返って外観を損ねてしまうようなことはありません。また、フロントフェンダーとリアフェンダーは長めに設定されているため、泥や砂埃がはねてしまった時でも車体を汚すことが少ないように作られています。車体自体も大きくなく、軽量であるため山間部での挟路でも自動車とのすれ違いに苦労することは少なく、この点に関しては大型モデルに対して優位性があると言えます。この車両にはナックルカバー、ウィンドスクリーン、12V対応DCソケット、液晶メーター、センタースタンドが標準装備されており、軽二輪区分の車両でありながらまるで大型最新アドベンチャーバイクの迫力を兼ね備えているといえます。

スズキ・V-Strom250のエンジン性能は?


このV-Strom250には先程もお伝えしたように、V型2気筒エンジンではなく並列2気筒エンジンが採用されています。従ってV型エンジンのゴリゴリ下から盛り上げるような太いエンジン音や鋭い加速というものは体感できないかもしれません。しかし、水冷・4サイクル・並列2気筒エンジンという構造上、静粛性においては一定の利があるでしょう。排気量は248ccとなり、更に平成28年度排気ガス規制にも適合しているため地球環境にも優しい性能を有していると言えます。馬力は24PS、トルクは22N.mと言うことで数値は控えめですが排気量を含めてこのカテゴリーのバイクは絶対的なスピードや強力な登坂力は求められないため、またのんびりとツーリングをする分には必要にして十分なエンジンパワーであると言えるでしょう。もちろん、街乗りを優先する場合でも必要十分な性能を有しています。

スズキ・V-Strom250の乗り心地は?



出典:スズキ・Vストローム250
オンロード、オフロードの両方を走るアドベンチャーモデルは総じて車高が高く、足付きが悪い傾向があります。悪路を走ることが想定されるためその分だけ車高を確保する必要があります。V-Strom250のシート高は800mm程度ありますがこれは身長165cm~170cmの方が両足でしっかりと地面をつくことが可能です。また、シートの幅も広くとっているわけではないので実際は更に身長の高くない方でも足付きに苦労することは少ないのかもしれません。ハンドルの幅も広くないため、比較的小柄な方でも自然なポジションで走行することができそうです。

スズキ・V-Strom250の燃費は?


低排気量車のご他聞に漏れることなく、V-Strom250も低燃費かつ経済的なバイクであると言えます。1リッターあたりの走行距離はWMTCモード値で31km程度であります。実際の日常走行では25~30km程度の燃費が期待できます。また、レギュラーガソリンを使用するので昨今の燃料事情にも比較的強い車両であると言えます。ガソリンタンク容量は17ℓありますので一度の給油で450~500km程度の走行が可能です。ただしオプション品のパニアを装着したり、キャンプツーリングのようにフル積載を行うと重量や空気抵抗が増加するのでその分だけ燃費は悪化します。

スズキ・V-Strom250の評判


2017年頃から発売開始されたV-Strom250ですが2018年現在、道の駅やサービスエリアでも見かける機会が増加してきました。免許取り立て初心者のエントリーモデルとしても購入の選択肢に入ることに加え、一度はバイクを降りたけど再び乗り出したリターンライダー、さらには大型バイクの高性能故の扱いにくさに疲れたライダーにも選ばれているようです。意外なことに女性からの受けも良くこれを所有している女性ライダーも時々見かけます。軽量でサイズも大きくないことが理由と思われます。排気量区分は250cc未満の軽二輪となりますので車検はありません。自動車税の区分は軽二輪となり3,600円/年となるため維持費が少ないことも重要なポイントの一つです。また、このバイクにはセンタースタンドが標準装備ですので日常の整備性も確保されています。

スズキ・V-Strom250 中古価格・新品価格



出典:スズキ・Vストローム250

このV-Strom250はABS付きモデルとABS無しモデルが発売されており、新車価格でABS無しモデルは570,2401円~、ABS付きモデルは602,640円~で販売されています。パニア等はオプション品となりますが総額700,000円程度で購入することが可能です。

中古車についてもまだまだ数は少ないですが出てきています。2018年現在、乗り出しで400,000円程度から購入可能ですがオプション品も無く、割高感もあるため中古車を狙うのであればもう少し時期を見合わせるか、新車を買うべきかと思います。

スズキ・V-Strom250についてのまとめ・総評


ここ数年で250ccクラスの新型モデルが続々と登場していますがその多くがオンロードタイプのバイクであり、オフロードとオンロードの両方を走ることができるモデルはまだまだ少ないのが現状です。このV-Strom250も比較的オンロード寄りのモデルではありますがフラットダート程度なら走行可能です。そして何よりも維持費が安く、日常生活の足から超長距離のキャンプツーリングまでを一手にこなす扱いやすいバイクという特徴があるため。”安くて一台で全てが完結できる車両”を求めているユーザーにとってはまさにうってつけの車両であると言えます。おそらく、これを買っておけばほぼ間違いはないと言えるようなバイクです。

スズキ・V-Strom250の動画


Vストローム250 ABS (スズキ/2018) バイク1週間インプレ・レビュー Vol.1 SUZUKI V-Strom250 ABS (2018) 1WEEK REVIEW

今回から、スズキ・Vストローム250 ABSの一週間レビューをお送りします。 このVol.1では外観やディティールをご紹介するとともに、高速道路や一般道を走行しながらその第一印象をフリートークしています。 ~以下スズキWEBサイトより抜粋~ 「街中を走るときの弾む心」「ワインディングでの胸の高鳴り」「アドベンチャーツアラーとしての充足感」 …

Vstrom250

Vストローム250

スズキ・V-Strom250の画像


V-Strom 250 ABS #suzuki #vstrom250 #vstrom #abs

969 Likes, 21 Comments – Motorcuengin.com (@motorcuengin) on Instagram: “V-Strom 250 ABS #suzuki #vstrom250 #vstrom #abs”

Guantes y casco y rodar! #Vstrom250 #bermotos

3,235 Likes, 29 Comments – Laura Torres (@mondodilaura) on Instagram: “Guantes y casco y rodar! #Vstrom250 #bermotos”

Domingo relax. #suzuki #vstrom #vstrom250 #dualsport #adventure #motos #motorcycles #panama #pty #motocaribepanama

75 Likes, 0 Comments – Moto Caribe (@motocaribe) on Instagram: “Domingo relax. #suzuki #vstrom #vstrom250 #dualsport #adventure #motos #motorcycles #panama #pty…”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加