バイクを買う

【ホンダ ダンク】利便性抜群のベストなスクーター!

ホンダ ダンク(DUNK)は、日々の走りを楽しくする利便性の高い装備が自慢のシティコミューター。スマホが充電可能なAC充電ソケットに500ml紙パックが収納できるフロントラックなど、現代的な装備の数々が魅力のモデルです。使い勝手の良さは50ccスクーター随一のダンクの魅力を再確認!

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

もっと自由に快適に! 若者目線で作られた快適スクーター・ホンダ DUNK(ダンク)



出典:ホンダ
2014年の販売開始以来、着実にそのファンを増やしているホンダ DUNK(以下ダンク)。
開発コンセプトは「若者の通学や通勤、さらには普段の生活の楽しみを広げるスクーター」であり、非常に現代の若者向けの装備仕様がその特徴となっています。
あったら便利なものをこれでもかと詰め込んだダンクは、毎日の通勤・通学・お出かけを楽しくさせてくれる抜群のモデリティとなっています。

面を多用した独特のスタイリングもダンクの持ち味のひとつで、一味違った個性が欲しいというユーザーからも高い支持を得ています。
そんなダンクの魅力についてご紹介させて頂きます。

ダンクのウリは現代的な装備による高い満足度!



出典:ホンダ
ダンクに乗ってみるとよく分かるのは、50ccスクーターに求められる利便性が非常に高められている点です。フロント右のインナーラックは、コンビニで買える500mlの紙パックが暴れることなくホールドできる作りで、ちょっと買い物に出かけるときでもこの使い勝手のよさは非常に便利です。


出典:ホンダ
続いて左側には開閉式のグローブボックスを配置し、小物入れとしても便利ですが50ccスクーターでは異例であったACソケットを装備しており、これによってスマホを移動中に充電することも可能で、アプリやゲームで消耗しがちなスマホユーザーもバッテリー切れを気にせず楽しめます。
最近ではポケモンGOの日本解禁などにより、バッテリーの消耗が気になるスマホユーザーが増えていますが、ダンクならその心配は皆無となっています。
デジタル時計内蔵型のメーターやコンビニフックなど、日常使いの利便性をとことんまで追求したのがダンクの大きな魅力です。


出典:ホンダ
収納性に関しても非常によく、シート下のラゲッジスペースは非常に広々。23リットルの大容量は、普段使いから泊まりのツーリングまで幅広く活躍すること必至です。足元のフットスペースもゆったりと作られており、大荷物でも十分安定させることが出来るのはお出かけツールとして満点の出来栄えと言っても過言ではありません。
盗難防止のためのキーシャッターも標準装備となっており、かゆい所に手が届く充実装備はダンクならではです。

ルックスの利便性だけにあらず! ダンクは小回りの効く元気な相棒


従来のスクーターにありそうでなかった面を多用したデザインのダンク。そのルックスから、デザインありきなのかと思いきや、スロットルを開ければその元気さに驚かされます。
最高出力こそ50ccクラスに合わせた4.5ps/8,000rpmですが、このエンジンは大ヒットモデル・PCXをオリジナルとする改良型eSPエンジン。エコでありながらキビキ走れる運動性能の高さは、エコエンジンなら非力ではないかという先入観を見事に吹き飛ばしてくれます。
法定速度30kmという制限がありますが、必ずしも実際の交通状況はその速度を許してくれないケースが多々あります。そんなシーンにおいて、ダンクの瞬発力は非常に心強い味方となってくれること請け合いです。
また、一時停止後3秒で自動的に停止するエンジンは、スロットルを開ければ即座に目覚める反応の良さがあり、いちいちオフになるのはめんどくさいな…という考えの方も大満足。気になる燃費性能も、実走行でリッター平均50km以上と非常に優秀です。


出典:ホンダ
車体サイズ全長1,675mm×全幅700mm×全高1,040mmというコンパクトさに、座り心地のよいフラットシートでシティモビリティーとしての扱いやすさは現行モデル屈指の存在となっています。
欠点を強いて挙げるとするなら若干リアサスが柔らかい点ですが、ハードな走りを行わない場合は非常に快適です。極めて満足度の高い50ccスクーターとして、大型バイクユーザーのセカンドマシンとしても最適な一台です。

カスタム人気も上昇中! ホンダ ダンクは遊び尽くせる楽しさ満載!



出典:ウィビックショッピング
基本性能・個性的なデザイン・利便性・燃費性能と、どれを取っても50ccクラススクーターとして高い完成度のダンクですが、こうなると気になるのは遊びの要素ですあり、こちらもカスタムファンが満足できるほど充実しています。
上画像はキタコのマフラーで、他にも各メーカーからマフラーを始め多くのカスタムパーツが販売されており、非常に多彩なカスタムが楽しめます。また、消耗品ではデイトナなども人気があり、予算に応じたカスタムも可能です。
元気なエンジンが自慢のダンクは、かつての2ストロークエンジン搭載時代のヤマハ JOG並み。その元気さを堪能できるカスタムパーツの数々は、オーナーの遊び心と満足度をより高めてくれること間違いなしです。

現在での中古車価格は10万円以上と高めですが、その価格はダンクの人気と満足度の高さを反映しています。
良くも悪くも「優等生」と称されるメーカーのホンダですが、この優等生は今までのスクーターにはないオリジナルの個性が確かに存在します。
遊び心あふれる才能豊かな新・優等生。
そんな言葉が似合うダンクは、通勤通学から買い物・ツーリングまで遊び尽くせる守備範囲の広いベストモビリティーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加