バイクに乗る

中国地方のおすすめツーリングスポット『出雲大社とその周辺』

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

島根県の観光スポットとして有名な「出雲大社」。パワースポットとして人気がある地ですが、その周辺には様々な穴場スポット、絶景ポイント、そして爽快なワインディングロードがあります。今回は見どころいっぱいで、何度行っても楽しい出雲大社とその周辺スポットをご紹介したいと思います。

まずはここへ・・・『出雲大社』


神々の国といわれる出雲…その象徴ともいえるのが『出雲大社』です。出雲大社は「縁結びの神」「福の神」として「古事記」に記されるほどの古社で、パワースポットブームともいわれる昨今、年間200万人以上が参拝に訪れています。神域の入口といわれる木製の鳥居をくぐることからスタートしましょう。
写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★出雲大社拝殿

写真撮影:よっしー(Rider編集部)
長さ6.5m、重さ1tのひときわ大きな「大駐連縄(おおしめなわ)」が目を引きます!

★出雲大社本殿

写真撮影:よっしー(Rider編集部)
本殿に祀られる御神体は西向きで稲佐の浜の方角を向いておられることから、正面から拝むのと合わせて、西側から拝むのもよいとされます。

西側から見た本殿

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

日本海を見ながら爽快なワインディングが続く『島根県道29号大社日御碕線』


出雲大社から日御碕に続く「島根県道29号大社日御碕線」は、その昔『日御碕道路』という有料道路だったそうで、今は『みさきうみねこ海道』という愛称で親しまれています。この爽快なワインディングがバイク乗りには堪りません。週末は多くの自動車も走りますので、できることなら交通量の少ない平日に行くのが最高です。

出典:Wikipedia 

白亜の美しい灯台『日御碕灯台(ひのみさきとうだい)』


断崖絶壁のそばに悠然とそびえたつ白亜の灯台…それが『日御碕灯台』です。日御碕灯台は高さが43.65mあり、石積みの灯台としては“東洋一”だそうです。参観料200円を払えば上部デッキにあがる事もでき、てっぺんからの眺めは日本海やおわし浜などを一望できます。「世界の歴史的灯台100選」「日本の自然百選」に選ばれていることが頷ける美しい灯台です。
写真撮影:よっしー(Rider編集部)

灯台のてっぺんからみた日本海…絶景!

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

周辺にも見どころやパワースポットがいっぱい!


★出雲大社のとなりにあるパワースポット『命主社(いのちぬしのやしろ)』

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★日御碕灯台のすぐそばにある『日御碕神社』ここもパワースポットとして人気が高いです。

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★出雲からちょっと走ったところにある『須佐神社』

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★須佐神社にある大杉さんのパワーは絶大とか!

出雲に来たら食べておきたい、名物の『出雲そば』


出雲大社近辺には老舗の出雲そばのお店が軒を連ねています。“出雲そば”は、そばの実を皮ごと石臼(いしうす)で挽くため、色が黒く香りが強いのが特徴です。食べ方は様々ですが、三段の丸い漆器にそばを盛って出す「割子(わりご)そば」がもっとも有名な形といわれています。

★老舗「かねやそば」の割子そば

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★旧大社駅前にある、「手打そば本家大梶」の割子そば

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

まとめ


出雲大社近辺はパワースポットがたくさんあります。バイクの機動力を生かして「パワースポットめぐり」をするのもよし、自分好みの味を見つける「出雲そば名店めぐり」をするのも楽しいと思います。

また、日御碕灯台近辺では、大社港直送の新鮮な魚介類(アワビ、ブリ、ヒラマサなど)を使った海鮮丼を提供する食事処がたくさんあります。近年では「みさき丼」なるご当地海鮮丼が登場し人気を集めてきています。

出雲大社近辺へツーリングして、身も心も“パワーアップ”しましょう!

【参考動画】島根の絶景 美しき日本のこころと原風景「出雲大社」

出雲大社

島根の絶景 美しき日本のこころと原風景 縁結びの聖地! 出雲大社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加