バイクに乗る

中国・四国地方のツーリングスポット 『しまなみ海道のツーリングスポット7選』

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

中国地方のツーリングスポットの中でも、「しまなみ海道」は四季を通じて楽しめる温暖なスポットで大人気です。今回は、そのしまなみ海道の見どころを「ツーリングスポット7選」として紹介していきたいと思います。

しまなみ海道とは


しまなみ海道とは、西瀬戸自動車道の愛称で「瀬戸内しまなみ海道」とも呼ばれています。西瀬戸自動車道は尾道から今治までの道路で、向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島などを経て愛媛県今治市に至る延長59.4kmの高規格幹線道路です。当然、西瀬戸自動車道は125㏄以下のバイクは走れませんが、各橋には歩行者・原付用の専用道路があり、自転車や原付バイクでも渡ることができますので、50㏄や125㏄のバイクツーリングもおすすめです。

出典:Wikipedia

【1】国立公園高見山(尾道市向島町)


高見山の標高はわずか283mですが、山頂からは360度のパノラマが楽しめます。遠くは四国山脈、眼下には瀬戸の多島美が楽しめる絶景ポイントです。

★瀬戸の多島美は何度見ても飽きません

写真撮影:よっしー【Rider編集部】

【2】因島水軍城(尾道市因島町)


日本で唯一の水軍型資料館となっています。さまざまな水軍にゆかりのある品が展示してあり、瀬戸内海で活躍した村上水軍の往時をしのぶことができます。

★因島水軍城

写真撮影:よっしー【Rider編集部】

【3】向上寺三重塔(尾道市瀬戸田町)


1432年建立の三重塔で、国宝に指定されています。室町時代の唐様式と和様式の折衷で建てられているそうで、この時代のものの中では、最も美しいものと言われています。

★ 向上寺三重塔

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

【4】多々羅大橋(大三島と生口島にかかる橋梁)


建設当時世界第2位だったフランスのノルマンディ橋と姉妹橋縁組をしている美しい斜張橋。橋長は1480m、中央支間長890mの世界有数の斜張橋で、優雅なその姿は瀬戸の島々にとてもマッチしています。

★多々羅大橋

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

【5】大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)(愛媛県今治市大三島町)


多々羅大橋を渡り、大三島から愛媛県となります。境内にある「大山祇神社のクスノキ群」は国の天然記念物に指定されています。そのなかでも、樹齢2600年の神木である大楠は、歴史の重みをまざまざと見せつけ、その姿に深く感動します。

★大山祇神社

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★大山祇神社御本殿

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★樹齢2600年の小千命御手植の楠

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★樹齢3000年の「雨乞の楠」

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

【6】亀老山展望台(きろうさんてんぼうだい)(愛媛県今治市吉海町)


標高307m、しまなみ海道のなかで最高の眺望といわれている絶景の展望台です。来島海峡大橋を眼下に望み、今治の街並みから遠くは四国山脈の石鎚山(いしづちやま)まで一望できます。また、亀老山では多くのカメラ愛好家が夕陽や夜景を狙いに集まってくる絶好のポイントとなっています。

★亀老山パノラマ展望台からの絶景

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

【7】糸山公園・来島海峡展望館(愛媛県今治市)


日本三大潮流のひとつ「来島海峡」と「来島海峡大橋」のすばらしいコラボが楽しめる絶景ポイントがココです。しまなみ海道の四国側起点でもあり、近隣には今治城やタオル美術館ICHIHIROなど立ち寄りたいポイントがたくさんあります。

★糸山公園から望む来島海峡大橋

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

まとめ


瀬戸内しまなみ海道・・・今回紹介した7か所以外にも、まだまだたくさんの見どころ、絶景ポイントがあります。西瀬戸自動車道は自動車専用道路ですので、一気に四国へという利用も多いと思います。瀬戸の島々を眺めながら走るのはとても爽快です。ですが、それだけではあまりにも勿体ないです。途中の島々へ立ち寄って見てください。きっと新しい発見が見つかるはずです。

ぜひ、しまなみ海道の島々を散策してみてください。おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加