バイクを買う

HARLEY DAVIDSON IRON883 のココが凄い! 筆者インプレッション! スポーツ走行もできるネイキッドなアメリカン!

IRON883を始めとしたSPORTSTERシリーズはメーカーのイメージを逆転しに来ているような印象です。ハーレーを所有するということはバイク乗りの一つのステイタスですが意外と身近で実現してくれます。殆どのディーラーで試乗車を用意している状況なので機会があれば一度体感して頂ければ良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

米国のバイクメーカー“HARLEY DAVIDSON(ハーレーダビッドソン)”と言えば大型バイクの代名詞的存在であります。バイク乗りの方どころかそうではない方まで知られているバイクメーカーです。どれくらい有名かと言うと一般の方に対して“バイクに乗っています”と発言するととりあえず“ハーレーか?”と聞かれるくらいの認知度を誇っています。

883(パパサン)の可愛らしい愛称をもつ侮れない伏兵


 

出典:ハーレーダビッドソンジャパン

このIRON883を含め、883の名前を冠するシリーズはHARLEY、又はアメリカンバイクにおけるエントリーモデルとしての位置づけがなされており、車体スペックや価格から比較するとアメリカン初心者や大型バイク初心者でも飛びつきやすい印象を受けるかもしれません。だからといって下位モデルなのかといえばそんなこともなくこれまでにスポーツ走行が主体となるようなバイクに乗っていた方に対してもその“丁度良い感覚”での受け皿となっているようです。メーカー内ではSPORTSTERシリーズ(メーカーでは”ファミリー”と呼称)のカテゴリーに位置づけられています。では、なぜ“丁度良い感覚”なのでしょうか?早速解説していきましょう。

 

HARLEY DAVIDSON IRON883 主要諸元

全長(mm) 2,185
ホイールベース(mm) 1,515
最低地上高(mm) 140
シート高(mm) 760
車両重量(kg) 256
エンジン 空冷式Evolution
排気量(cm3 883
圧縮比 9.01
最大トルク(N・m) 68
フューエルシステム 電子シーケンシャルポートフューエル噴射(ESPFI)
燃料容量(L) 12.5
変速比 1速 9.315
2速 6.653
3速 4.948
4速 4.102
5速 3.517
タイヤ 100/90B19 57H
150/80B16 77H

出典:ハーレーダビッドソンジャパン

SPORTSTERの歴史は半世紀以上!!


 


出典:ハーレーダビッドソンジャパン
↑1957年モデル XL SPORTSTER

一部の日本人ファンより“パパサン”の愛称で知られる883ccの空冷V-twinエンジンを搭載した”原型”のマシンは1950年後半より販売を開始しています。発売当時からレースなどでの使用も想定されていたようでスポーツ走行が他のモデルと比べて得意なようにセッティングされていたようです。外観も他のモデルと比べると旧車ネイキッドにやや近いものとなっており、走りを意識した造りとなっている印象です。当初発売されたIron headのエンジンはスポーツタイプのエンジンでモデルを変遷しながら1985年まで開発が続けられました。そして1986年~現在に至るまではその後継機となるEvolutionエンジンがSPORTSTERシリーズの心臓を守り続けています。

IRON883のデザインはローロングスタイルに近い?


 


出典:ハーレーダビッドソンジャパン

IRON883含め、SPORTSTERシリーズはSOFTAILやTOURINGなどの迫力や荘厳さを兼ね備えたバイクなどからは一線を画す存在感があります。”シャープである””速そう”などと言った通常のアメリカンバイクとは違う印象を持つかもしれません。全長2,185mmで軸間距離は1,515mmとコンパクトにまとめられている印象です。計器類はアナログ式の速度計が取り付けられておりタコメーターはありません。速度計はKm/h表示ですがマイル表示にするとより一層アメリカンバイクらしい雰囲気が楽しめるかもしれません。インジケーターランプもメーターのすぐ下に取り付けられているため視線移動も少なくて済みそうです。他社メーカーからIRON883に跨った際、驚くのは意外にもウィンカーの扱いかもしれません。ウィンカーは左右ハンドルに独立して取り付けられており、左折したい時は左ボタンを、右折したい時は右ボタンを操作します。ハザードは両方の“ボタンを押せば良い”のです。より直感的に操作できるのでライダーは運転に集中できるのではないでしょうか。シート高は760mm。リアタイヤは16インチ、フロントタイヤは19インチあり、全体的には前上がり尻下がりな外観ですが実際に跨り、走行してみるとアップハンドルを装着した、ネイキッドバイクに近い感覚があります。当然腰への過度な負担はありません。

歴史ある経緯を歩んできた文化財レベルのエンジン


 


出典:ハーレーダビッドソンジャパン
↑半世紀以上にわたり熟成を重ねてきたエンジンはある種の気品すら備えている。

先述したようにこのIRON883の中央に鎮座するエンジンは半世紀以上の開発史を経ています。MAXトルクは68Nm。メーカー公式発表にはありませんが推定50馬力を発揮する空冷式Evolutionエンジンです。クラッチワークだけで発進できてしまうくらい下からのトルクは盛りだくさんです。走行中、バッとスロットルを開けるとV-twinの迫力とともに強烈な加速“感”を楽しむことができます。“パワーをパワーでねじ伏せる”という何とも意味不明な日本語ですがHARLEY初心者の私にとってはこのような表現が適語かと思われます。基本設計もかなりの年月が経過していますがモデルを変遷しながらもエンジンがEvolution(進化)や熟成を続けているということはこのIRON883が単なるエントリーモデルや下位モデルとして世間は捉えていないということの証明でしょう。もし、エンジンにも文化財保護という概念があるならば間違いなくこのエンジンは保護されるに値するといっても過言ではありません。アメリカ製のエンジンですから燃費はお察し・・・、などと言うこともなくレビュー等では約20km/Lの燃費となります。タンク容量は12.5L程度ありますので意外にも燃料代で頭を抱えるという心配は無さそうです。

適度な重量から生み出される走行と“安心感”


 


出典:ハーレーダビッドソンジャパン

車体重量は256kgです。数値だけですとお世辞にも“軽量”とは言えません。しかし、HARLEYの中では軽い部類でもあります。走行するとこの重量はむしろ強みとも言えるくらいの感覚があります。まず、全体的にシャープなスタイリングのためコーナリング時の鈍重さはさほど気にならず、ある程度の速度域ならば流れるように進入することができます。このIRON883は無理のない自然なスポーツ走行にこそ向いているかと思われます。エンジンの振動もV-twinなので多少はありますが激しい突き上げとはほぼ無縁でありながらも“鼓動感とはこう言うものである”言うことを走行中でもはっきりと表現してくれます。加速自体はとてもスムーズでスロットルの細かな操作にも丁寧に応えてもらえるようでした。バイクそのものの操作性についても良好で加速したりコーナリングしたりすると感じる重量のバラつきもなく”256kgがまとまって曲がるor加速する“という感覚と何か優しいものに包まれながら走行するという初めての体験を得ることができました。もちろん、これだけの重量がありますから多少の横風でも動じることなく走ることができるでしょう。突き上げ感で気になると言えばエンジンの鼓動よりも寧ろリアサスペンションの硬さです。スポーツ走行向けセッティングのためか道路の段差等で少し跳ねやすい傾向があります。

アメリカンバイク初心者・他社スポーツバイクからの乗り換えに丁度良い理由


 


出典:ハーレーダビッドソンジャパン

IRON883はシート高760mmのため女性でもある程度の身長があれば十分に乗りこなせる車両であるといえます。重量はありますが低重心のため、引き起こしも十分可能なことが理由です。強力なパワーユニットを持っていますが街乗りやゆっくり走る分に於いてはジェントルな性格なので“優しい男性にエスコートしてもらえる”といった走りも十分に体感することができるでしょう。アメリカンバイク初心者にとっての魅力はなんといっても価格です。IRON883を始め、SPORTSTERシリーズの新車価格は抑えられているものが多く、約100万円程度からで購入することが可能です。(IRON883の新車価格は1,348,500円~、中古型落ちモデルだと約500,000円~にて購入可能)普通に200万~300万、またはそれ以上の価格を持つHARLEYの中でこれは注目すべきことであると思います。軍資金を多めに用意してIRON883を購入し、その後カスタムや装備の充実を図ると言う楽しみ方も可能です。そして、普段スポーツバイクに乗られている方でもオススメできる理由は丁度良いパワーと大トルク、そしてまとめられているスタイリングになので峠道でもそれなりに“振り回せる”と言う点です。HARLEYのファンからは“スポスタはアメリカンではない。ネイキッドバイクだ”という主張がある理由はこの為です。上級ライダーが乗っている場合、おそらく舐めて掛かると痛い目に遭うバイクの一つではないかと思います。また、余談ではありますが2019年の東京モーターサイクルショーではお笑い芸人の”じゅんいちダビッドソン”氏がこのIRON883に跨ったとのことです。

IRON883は肩の力を抜いて乗れる一台


 


出典:ハーレーダビッドソンジャパン

HARLEYと言えばその迫力や価格帯、そして所謂“ハーレーおじさん”のとっつきにくさなどから何となく敷居の高い乗り物となってしまっている感があると思います。しかし、IRON883を始めとしたSPORTSTERシリーズは寧ろメーカーのイメージを逆転しに来ているような印象もあります。“HARLEY DAVIDSONを所有する”ということはバイク乗りの一つのステイタスでありますが意外と身近で実現してくれる一台であります。このIRON883に関しては殆どのディーラーで試乗車を用意している状況なので機会があれば一度体感して頂ければ良いでしょう。

HARLEY DAVIDSON IRON883の画像&動画集


https://www.instagram.com/p/BxYKtrfFBzx/?utm_source=ig_web_copy_link

170 miles on this bad boy. #Harley #harleydavidson #Iron883 #sportster #harleylifestyle #harleylife #bikerlife #bikerchick #bikerchicksgram #instalike #instadaily #harleydavidsondaily #custompipes #screamineagle #ladiesofharley #bikerchicks #bikersfamily #bikers #biker

48 Likes, 1 Comments – Brittany (@brittanymarie021693) on Instagram: “170 miles on this bad boy. #Harley #harleydavidson #Iron883 #sportster #harleylifestyle #harleylife…”

2016 new Harley-Davidson Sportster Iron 883 promo video

2016 new Harley-Davidson Sportster Iron 883 promo video

ハーレーの試乗会に参加してきたよ!

2018年の秋頃に開催されたHARLEY DAVIDSONの試乗会レポです。 今回はIRON883に試乗してきました。 Hello!How are you guys!Tonight,Ihave upload about test ride of Harley davidson IRON 883.Thanks!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加