バイクに乗る

ラーメン探訪ツーリングのすすめ 中国地方ならここを押さえろ『行列必至激ウマご当地ラーメン』

尾道といえば『尾道ラーメン』を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?いまや全国区になった尾道ラーメンをはじめ、中国地方には大人気のご当地ラーメンが多く存在します。今回はツーリングで合わせていきたいスポットとともに行列必至の激ウマラーメン店を紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

中国地方人気の”ご当地ラーメン”と言えば「尾道ラーメン」がまず目に浮かびます。その”ご当地ラーメン” の始まりは1960年代「札幌ラーメン」と言われており、空前のラーメンブームに至ったと言われています。尾道ラーメンだけでなく、中国地方にも大人気の「ご当地ラーメン」があります。今回は【編集部よっしー】が独断でまとめた「中国地方ご当地ラーメン」を “合わせて行きたいツーリングスポット” とともに紹介したいと思います。

【1】尾道ラーメンの『朱華園』(広島県尾道市)



写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★尾道ラーメンといえば『朱華園』と言われるほど有名なお店で、ここは私が紹介するまでもない “全国区” のラーメン店と言えるでしょう。週末はものすごい行列で圧倒されます。地元では “シュウさん” のお店と呼ばれ、創業の1947年以来、長く愛されているお店です。「焼きそば」など平日限定のメニューもありますし、少しでも行列の少ない平日に行かれることをお勧めします。

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

住所: 広島県尾道市十四日元町4-12
連絡先: 0848-37-2077 
定休日: 木曜日、第3水曜日(祝日の場合は営業)
 

 

【2】尾道ラーメン『東珍康』(とんちんかん)(広島県尾道市)


★東珍康(とんちんかん)の尾道ラーメンも行列必至の大人気店です。ここも多くのメディアで紹介され、 朱華園と並んで“全国区” のラーメン店と言えるでしょう。ノーマルな尾道ラーメンで十分おいしいのですが、ここは変わり種のトッピング(トンカツ、スペアリブ、果てはモチまで!)が入ったラーメンがメニューに多数存在し、他店ではありえない変化を楽しめるのが特徴です。味を忠実に再現した市販の箱入りラーメンもなかなかの美味でおすすめです。

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

ボリューム満点のラーメン定食(750円)

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

住所:  広島県尾道市栗原町6023−5
連絡先: 0848-23-4537
定休日: 木曜日
 

 
★尾道ラーメンとは?
尾道市を中心とした広島県東部地方のご当地ラーメンで、その特徴は、瀬戸内海の小魚によるだし(いりこだし)と鶏がらスープがベースの醤油ラーメンが基本となる。店舗によっても異なるが、多くは、尾道市内にある製麺所の麺を使った独特の食感の平打ち麺を使用している。
薬味は青ネギ、具材としてチャーシュー、メンマを使用し、豚の背脂ミンチをスープに浮かべるのが一般的に「尾道ラーメン」のスタイルと言われている。



 

 
★合わせて行きたいスポット『尾道千光寺』

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

 

 

【3】 いりこ出汁中華そばの元祖『たちばなや食堂』(山口県大島郡)



写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★ここも創業60年以上の老舗。豚骨や鶏ガラを一切使わない「いりこ出汁100%」のスープが特徴の中華そばです。一歩間違えれば “うどんスープ” になりそうな出汁ですが、味はしっかり “中華そば” です。秘密は油(ラード)にありそうです。見た目は飾り気のない素朴な中華そばですが、店の雰囲気といい、そのお味といい、また食べに来たくなる感じが不思議な「中華そば」です。もちろん、地元住民から絶対な支持をあつめてるのは言うまでもありません。

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

住所: 山口県大島郡周防大島町大字西安下庄真宮1-1
連絡先: 0820-77-0132 
定休日: 不定休
 

 
★合わせて行きたいスポット『片添ヶ浜海浜公園』

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★周防大島と言えば…
周防大島は、数多くある瀬戸内海の島々の中で、淡路島、小豆島に次いで3番目に大きい島になります。周防大島は瀬戸内海に浮かぶアロハな島、瀬戸内のハワイとも言われるほど温暖な気候が特徴です。片添ヶ浜公園は南国ムードたっぷりで、夏は多くの海水浴客でにぎわいます。
澄んだ海と真っ青な空…真冬でもツーリングライダーが絶えない人気スポットとなっています。

 

 

【4】 牛骨ラーメンの老舗『中華そば 紅蘭』(山口県下松市) 



写真撮影:よっしー(Rider編集部)

★第3位として最後に紹介するのは、1952年創業の下松ラーメンの元祖といわれている「中華そば 紅蘭」です。下松ラーメンは全国でも珍しい“牛骨スープ”です。牛骨というと、こってりしたイメージを持つ方も多いかもしれませんが、知らなければ、普段食べている鶏ガラや豚骨スープと変わらないくらいの味で、むしろ “あっさり” した味で、いくらでも食べられそうな美味しさで、【編集部よっしー】お気に入りの一杯です。

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

住所: 山口県下松市駅南1-5-10
連絡先: 0833-41-0750
定休日: 水曜日(祝日の場合は営業)


 

 
★合わせて行きたいスポット『笠戸島』

写真撮影:よっしー(Rider編集部)

まとめ


いかがでしたか?実は広島市内にも、たくさんの名店がありますが、今回は割愛させていただきました。また、岡山や山陰地方のラーメンはあまり食べていないので、広島と山口からの選出になってしまいましたことをお断り申し上げます。そして、ツーリングと合わせて行くのにいい場所に絞って選定いたしました。
今回紹介したお店は”すべてメジャーなラーメン店“ですので、どこも行列必至です。ですので、ホントは誰も知らない”自分だけのお気に入り“のラーメン店を紹介した方が良かったかもしれません…。
みなさんもツーリングがてら「自分好みのラーメン」を探してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加