バイクを買う

ホンダ・VT250Fの魅力はコレだ! 2ストに挑んだ4スト

ヤマハの2ストエンジンに対抗する形でホンダが1982年に市場に投入した4スト車、VT250F。レーサーからのフィードバックをバイク開発に反映させ、本格的な250ccのスポーツモデルを実現。空前の250ccバイクブームを巻き起こしたその魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

1982年6月発売のホンダの90度Vツインスポーツ「VT250F」を紹介します。当時のホンダは、2輪レースに4ストロークエンジンで勝つことをテーマとして楕円ピストンを採用した競技専用車NRの開発を続けていました。ヤマハが得意とする2ストロークエンジンに対して、ホンダが得意とする4ストロークエンジンの争いをレースだけでなく市販車にも拡大していました。最大のライバル、2サイクルの「ヤマハRZ250」に挑んだのが、4サイクルの「ホンダVT250F」というわけです。

ホンダ・VT250Fの開発コンセプトとは?


当時の広報発表によると「VT250Fは高性能の水冷式90度V型2気筒エンジンをはじめ、今までの250ccクラスにない数々の世界初の革新メカニズムを搭載しています。2輪レーサーNR500の血をひくオンロードスポーツ250の頂点といえるスーパーパフォーマンスのマシン」とのこと。

ホンダ・VT250Fの特徴は?


★140PS/Lの高出力。水冷横置き90度V型2気筒DOHC8バルブエンジンの最高出力は、4サイクルでありながら、2サイクルであるライバル「ヤマハRZ250」と同等の35psを発揮
★油圧クラッチ、オートカムチェンテンショナー、軽量コンパクトな遊星ギア式チェンジ機構を惜しみなく採用
★角型ハロゲンヘッドライト、フロントウインカーを組み込んだミニカウル風のメーターバイザーを装備
★フロントインボードディスクブレーキ、ブーメランタイプのスポーツコムスターホイールの採用
★250ロードスポーツ市販車初の16インチ・フロントホイール採用
★テールライト、リアウインカー一体型のインテグラル・リアコンビネーションライト採用


出典:Wikipedia ホンダVT

ホンダ・VT250Fのスペックは?


全長 2000mm 
全幅 750mm 
全高 1175mm
ホイールベース 1385mm 
シート高 不明
排気量 248cc
エンジン種類 空冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒
最高出力 35PS/12000rpm
最大トルク 2.2kgm/10000rpm
燃料タンク 12L 
車両重量 149kg(乾燥重量)
燃料消費率 45.0km/L(50km/h定地走行テスト値)
車両価格 399,000円

ホンダ・VT250Fの良い点は?


・一周回って新鮮に見えるデザイン
・エンジンはホンダならではで頑丈
・よく回るエンジン
・ある程度パワーもある
・スリムで軽く、取り回しが楽
・足つきもよく乗りやすい
・きびきびした走りができる
・燃費は25km/Lと悪くない

ホンダ・VT250Fの悪い点は?


・車重が少し重い
・引き起しは大変
・古い車種なので部品探しは大変
・リアブレーキの効きが良くない
・V型エンジンで股間が熱くなる
・燃料系がない
・タンデムに適していない
・パーツが少なくカスタムしにくい

ホンダ・VT250Fはどんなバイクだった?


今では驚かない装備かもしれませんが、当時としてはかなり斬新な装備を惜しみなく採用した先進のバイクがVT250Fでした。発売当時はカウルが認可されていなかったので、メーターバイザーと称したハーフタイプのフェアリングが斬新で格好良かったのを覚えています。また、テールランプも一体型でスマート。ライバルのRZと比べると、高級感で一歩前を行っている感じでした。肝心な走りについてですが、RZは2サイクルらしくトルクフルで豪快に加速するのに対して、このVTは“ガンガン”にエンジンを回してナンボのバイクでした(笑)。
レッドゾーンを越えても吹け上がりが衰えないために、オーバーレブしたユーザーが頻発。バルブやピストンを破損するトラブルが多発した逸話が残っているそうです…。それほど、気持ちよく高回転まで回るエンジンだったのです。

中古市場におけるホンダ・VT250F


VT250FはライバルのRZ250と同様に、発売から30年以上経ていますが、中古市場での在庫は皆無に等しく、RZ250のようにプレミアム価格とはなっておらず、見つかれば安価にGETできるようです。VTの場合は、その後2代目MC15、3代目MC20と続き、現行のMC33型VTRへと続いており、比較的新しいタイプのモデルが程度良く、そこそこの価格で流通しており、人気はそちらへ移行しているようです。
出典:バイクブロス中古検索

ホンダ・VT250Fについての筆者まとめ・総評


初代のVT250Fは「250の頂点といえるスーパーパフォーマンスのマシン」を謳っただけのことはあって、歴代VTシリーズの中では一番スポーティで戦闘能力の高いマシンだったように思います。以後のVTは、なんだかバイク界の「カローラ」みたいな感じで、大衆化してしまったようで、初代のVTを知る者としては、とても寂しいものでした。
4サイクルで2サイクルに挑んだホンダ…80年代はホント熱い時代だったと思います。

ホンダ・VT250Fの動画集


Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ VT250F(1982年)

Honda Collection Hallでは、歴代の製品やレーシングマシンを走行可能な状態に保つ「動態保存」を行っており、その一環として、定期的にマシンを実際に走らせる走行確認テストを実施しています。 Honda Collection Hall:http://www.honda.co.jp/collection-hall/ Honda YouTube チャンネルへの登録はこちらから: https://www.youtube.com/user/HondaJPPR/

【孤高の走り】 スペシャルアタック HONDA VT250F ~ ニュルブルクリンク ~

名車VT250F(スポーツマフラー付き)で世界一の難関サーキット「ニュルブルクリンク」を激走。孤高の黒いライダーの熱い走りをご覧下さい。

VT250F MC15 参考動画 もうVTしかない

距離の少ない綺麗なVTを仕入れました。 20万円台そこそこで、いろいろサービスをつけられる車輌で、軽量の250ccバイクというと、もうVTしかないと思います。 初めまして。ホワイトベースと申します。商品車輌の説明を動画で行っています。最新の価格情報につきましてはバイクブロスとグーバイクに掲載しています。 …

ホンダ・VT250Fの画像集


takumiさん(@takumi_2906)がシェアした投稿

takumiさん(@takumi_2906)がシェアした投稿

takumiさん(@takumi_2906)がシェアした投稿

nomuraさん(@oval55vw)がシェアした投稿

関連記事 【旧車】古き良き80年代…青春のバイク『ヤマハRZ250/R/RR』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加