バイクに乗る

【意外に知らない】レストアってなに? レストアの定義は?

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

旧車の中古車情報でも頻繁に見かける「レストア」の文字。旧車やヴィンテージバイクの流行とともにスタンダードな言葉となっていますが、さて、レストアの定義についてはご存知でしょうか?

レストアとは



出典:GOBANKINGRates

レストア(restore)とは回復するという意味です。一部の修理とのリペアとは違い、車体全体のリフレッシュすることを指しています。

実は人によって定義が違う



出典:YouTube/Bike EXIF
レストアに定義について人によって見解が違う傾向が見られます。レストアといえばバラバラにしてフレームのサビ取り、塗装、タンク内部のサビ取り、コーティング・・・などの作業をして・・・と考えている人もいれば、フレームは手を入れなくても十分きれいだからタンクをリペイント、エンジン、キャブレター、ブレーキのオーバーホールで・・・といったように作業内容によって差もありますが、これらの作業はレストアではなく「オーバーホール」と解釈する人もいるわけです。

このようにどこからがレストアでどこまでがリペアなのか、定義がバラバラとった状態です。

フレームとボディに手が入っていたらレストア?



出典:CLASSIC-BRITISH MOTORCYCLES.COM
フレームとボディがリペイントされていればなんとなくレストアしたような気分になる人も多いでしょう。しかしどうでしょう。キャブレターやタイヤ、ブレーキなどが手を付けていない中古のままだったら・・・。

悪意のある人もいるようです



出典:CLASSIC-MOTORBIKES.NET
一度車体をバラバラにして、ハーネスまで引き直し、ネジはもちろん、ワッシャーまで新品に交換する作業者もいれば、見た目にレストアしたっぽい感じであればOKでしょ! という人もいます。もちろん自身のバイクであれば問題ありませんが、見た目だけレストアしたように仕上げ、前者のようなフルレストア車体まがいとして販売していたり、そういった作業を施す業者などもいるのが現実です。前者と後者では作業の手間や作業時間に大きな差ができます。まるでフルレストアしたような言いぶりで見た目だけのレストア車を掴まれてはたまったもんじゃありません。しかもそれがフルレストア並みの金額だったら納得いくはずもありません。

レストアについての定義などのすり合わせが必要



出典:THUNDER PRESS
もしもあなたがレストア作業を依頼したり、レストア車を購入する場合、どこをどのように手を入れたのかをしっかり確認することが大切です。「こちらのバイクはフルレストアです」といわれるとエンジンのオーバーホールまでやったように勝手に想像するかもしれませんが、エンジンは開けてすらない状態の可能性もあります。このように思い違いのないように、しっかりと店員さんや作業員さんとコミュニケーションを取りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加