バイクを買う

ヤマハ・YZF-R1/R1M 「サーキット最速」を目指した市販車最強バイクの魔力

1998年に世界中にセンセーションを巻き起こしたYZF-R1…そのYZF-R1が「サーキット最速」を目指し、MotoGPマシンYZR-M1の思想を受け継ぎ新型となって誕生! 今回は市販車最強バイク『ヤマハYZF-R1/R1M』の魔力について解説致します。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

1998年に世界中にセンセーションを巻き起こしたYZF-R1…そのYZF-R1が「サーキット最速」を目指し、MotoGPマシンYZR-M1の思想を受け継ぎ新型となって誕生した!今回は市販車最強バイク『ヤマハYZF-R1/R1M』の魔力について解説したいと思う。

出典:YAMAHA

ヤマハ・YZF-R1ってどんなバイク? ~詳細解説


■YZF-R1/R1Mのコンセプトは「High tech armed pure Sport」

YZF-R1/R1Mは、レース参戦とサーキット走行でのパフォーマンスを最重要と捉え、「サーキット最速」を目指して開発された。コンセプトは「High tech armed pure Sport」で、MotoGPマシンYZR-M1の走りを体感できる”ピュア”スーパースポーツモデルとなっている。

出典:YAMAHA

ヤマハ・YZF-R1のエンジン性能は?


■進化を遂げた直列4気筒クロスプレーンエンジンを搭載

エンジン設計を根本からリファイン
新設計の998cc水冷4ストローク直列4気筒4バルブエンジンは2015年モデルより搭載されている。ショートストローク化、吸排気バルブの大径化、新設計のポート形状、ペントルーフ型燃焼室のコンパクト化などありとあらゆる設計変更を実施。これにより圧縮比13:1の高圧縮化を実現している。

吸排気バルブ
吸排気バルブの駆動にはDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングを施しロッカーアーム駆動を採用。優れたバルブ追従性を手にした。

シリンダー
シリンダーにはヤマハの4気筒エンジンでは初となるオフセットシリンダーを採用。常用のピストンスピードでも壁方向への圧力が最小となるようなオフセット値とすることで、燃焼で生まれる力を効率よく引き出している。


出典:YAMAHA

ピストン
ピストンはボックスブリッジ型アルミ鍛造ピストンを採用。軽量化とフリクションロス低減を進めた。

コンロッド
コンロッドには市販製品として世界で初めて「FSチタンコンロッド」を採用(FS : Fracture Split 破断分割式)。鉄と同等の強度を持ちながら比重は約60%。軽量化による馬力損失の低減、高回転化などのメリットを生み出している。

クランク
クランクはクランク慣性モーメントを先代モデル(2014年モデル)と比べ約20%少なく設計。クロスプレーン型クランクシャフトならではのリニアなコントロール性を維持しつつ、より力強い加速性能を引き出している。


出典:YAMAHA

クラッチ
クラッチは高出力に見合ったクラッチ容量を確保したアシスト&スリッパークラッチを採用。先代モデル(2014年モデル)比で、19%の軽量化、約7%の小径化を実現。

潤滑系
潤滑系もフリクションロス低減を図るために再設計されている。オイルパンは軽量なマグネシウム製にするなど細部にわたって優れた潤滑性、フリクションロス低減を目指した設計とした。

吸気系 
吸気系では、導入口に走行風圧をエアクリーナーボックス加圧に積極活用するフォースド・エア・インテークを採用。新気吸入効率を高めるべく軽量樹脂製ダクトからステアリングパイプ部へと貫通する構造とした。これはYZR-M1の思想を反映したものだ。エアクリーナーボックスの大容量化、YCC-I(Yamaha Chip Controlled Intake)の継続採用などで出力特性向上に貢献している。

出典:YAMAHA

燃料供給系
燃料供給系はスロットルバルブ駆動をYCC-Tで制御。2方向・12孔ツインインジェクター方式FIを採用することで、燃焼速度を高め、優れた出力・トルク特性に貢献している。

排気系
排気系は排気効率の確保とマス集中化のため4→2→1方式で車体中央に位置する「ミッドシップマフラー」を採用。エキパイ、マフラー部にはチタンを採用することで軽量化を図っている。さらに、新排気デバイス(低中回転域では片方の通路は閉じ、高回転域では開いて排圧を最適に制御する)を採用し、優れた出力・トルク性能に貢献している。

出典:PRESTO

ヤマハ・YZF-R1の装備は?


■飛躍的進化を遂げた電子デバイス

6軸制御センサーIMU(Inertial Measurement Unit)
2015年モデルから、3次元的な車両の動きを検知する6軸制御センサーIMU(Inertial Measurement Unit)を搭載。これは市販二輪車では世界初の画期的装備となっている。

その仕組みは下記の通りだ。

CPUが各センサー信号及び車速センサー信号をもとに高速演算を行い、高精度なバンク角検出と後輪の横滑りの検出を実現している。IMUで得られた走行中の車両姿勢情報は、CAN通信(Controller Area Network)でECUに送られ、演算により燃料噴射量(INJ)、点火時期(IGN)、スロットルバルブ開度(ETV)の各マップを補正して行い、最適なエンジン出力として反映される。

そのECUにはレース実戦における競争力を高めるため、バンク角の深さも反映した新型TCS(トラクションコントロールシステム)、滑らかな旋回性能をサポートするSCS(スライドコントロールシステム:MotoGPでは2012年から導入、市販二輪車では初)、ウィリー等によるタイムロスを抑止するLIF(リフトコントロールシステム)、俊敏なスタートダッシュを支えるLCS(ローンチコントロールシステム)、アクセル全開でも滑らかにシフトアップ操作を支援するQSS(クイックシフトシステム)の5種の制御システムを搭載し、相互に連動してライダーの運転操作集中力を支援することで、マシンのハイポテンシャルを効率よく引き出すことが可能となった。なお、個々のシステムは走行環境やライダーの好みに合わせ、ユーザーの選択により介入レベル調整、及びON・OFF設定が可能である。


出典:バイクの系譜

D-MODE
ヤマハお得意のD-MODEもさらに進化した。ライダーの好みや走行環境に応じて選択できる走行モード、PWR(パワーモード切替えシステム)とYRC(ヤマハライドコントロール)を採用。

・PWR(パワーモード切替えシステム)
4種類のアクセル開度に対するスロットルバルブ開度マップを実装。ライダーの好みや走行環境に応じて選択できる仕組みとなっている。

・YRC(ヤマハライドコントロール)
さまざま制御を持つPWR(パワーモード切替えシステム)の各モードを、独立したセッティングデータとしてメモリーする。「A」「B」「C」「D」の4つのパターンとして保存することが可能。

4.2インチ全透過型のTFT液晶表示のデジタルメーター
各表示機能を集約し優れた視認性の4.2インチ全透過型のTFT液晶表示のデジタルメーターを採用している。これにより、電子デバイスとライダーとのインターフェイスとして機能する。メーターの背景色はホワイトバック、ブラックバックから選択可能で、表示モードは「Street」と「Track」の2種類から選択が可能となっている。

出典:バイクの系譜

■レース実戦を前提に設定されたボディワーク
徹底した軽量化
サーキットで最大限の走りを実現させるために徹底して軽量化設計とした。多くのパーツにチタン、マグネシウム、アルミなど採用。車体レイアウトとの相乗効果と合わせ徹底的な軽量化を推進。その結果、装備重量で20Kgを切る199kgを達成している。

ホイール
ホイールはマグネシウム鋳造ホイールを採用。これは量産市販車初の装備だ。フロントは先代比(2014年モデル)530gの軽量化と4%の慣性モーメント低減、リヤは340gの軽量化と11%の慣性モーメント低減を実現している。

出典:YAMAHA

RIDER関連記事
いつかはやりたいホイール交換!見た目も性能も大きく変わる!【カスタム】【ドレスアップ】

フレーム
フレームは高速安定性・旋回性と旋回中のライン自由度拡大の両立、コーナー脱出時の駆動特性の向上を図った、軽量、高強度・高剛性のアルミ製デルタボックスフレームを採用。リヤフレームはマグネシウム製とした。排気系の十分なチャンバー容量確保すべく、アルミ製リヤアームは上向きトラス形状としている。

出典:YAMAHA

フロントフォーク&リアサスペンション
フロントフォークには接地感と操舵感の調和を図った43㎜径インナーチューブ採用のKYB製倒立式サスペンションを採用。リヤサスペンションも路面への駆動力伝達に貢献する新設計KYB製ボトムリンク式モノクロスサスペンションを採用している。

ブレーキ
ブレーキは、軽快なハンドリングにも寄与するφ320mmダブルディスクと新設計モノブロック・アルミ製4ピストン2パッド対向型キャリパーをフロントに、良好なコントロール性を備えるφ220mmディスクとアルミ1ピストンピンスライド方式キャリパーをリヤに採用している。

出典:PRESTO

■全てがレースのためにデザイン
タンク
フューエルタンクはニーポケット部を大きくえぐり、軽量化とライダーアクションの自由度拡大のためにデザインされている。

出典:PRESTO

フロントカウル&スクリーン
フロントカウル&スクリーンはYZR-M1をイメージさせるデザインで、ハイスクリーンを装備。サーキットでの超高速域での整流効果UPを図っている。

出典:YAMAHA

ヘッドライト
ヘッドライトとポジションライトには、省電力で軽量、照射性に優れたLEDを採用。イグニッションオンで瞬間的に点灯、エンジン停止時は生命体が眠りに入るかのごとく徐々に減光して消灯する高輝度LEDポジションランプを装備。

出典:バイクの系譜

シート
ライダーシートはレース参戦の旋回時に求められる体重移動と乗車姿勢の自由度を確保するために幅広タイプを採用。YZR-M1に通じるデザインの流れを汲み、フレームの左右ステップ周りにはくぼみがつけられ、深いニーポケットをもつタンクと相まって機敏なステップワークと徹底的なライダー・マシン一体感が得られる。

その他装備
このほかレース参加時に取り外しても、ライダーへの空力影響が殆どない設計のフラッシャーがビルトインされたミラー、軽量設計コンパクトラジエター、優れた放熱性と十分なバンク角確保に貢献するアルミ製アンダープロテクター、軽量CFRPリヤマッドガードなど、全てがレース使用を追求した設計となっている。

ヤマハ・YZF-R1のカラーリングは?


2016年モデルは60th Anniversaryのライトレディッシュイエローソリッド1が登場し、グラフィックが変更されたディープパープリッシュブルーメタリックCが設定されている

・ライトレディッシュイエローソリッド1

・ディープパープリッシュブルーメタリックC


出典:PRESTO

ヤマハ・YZF-R1のスペックは? 主要諸元


主要諸元
全長:2,055mm
全幅:690mm
全高:1,150mm
シート高:855mm
軸間距離:1,405mm
最低地上高:130mm
装備重量:199kg
原動機種類:4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ
気筒数配列:並列4気筒
総排気量:998cm3
内径×行程:79.0×50.9mm
圧縮比:13:1
最高出力:N/A
最大トルク:112.4N・m (11.5kgf.m) /11,500r/min
始動方式 セル式
燃料タンク容量:17リットル
燃料供給:電子制御フューエルインジェクション
タイヤサイズ(前):120/70ZR17M/C(58W)
タイヤサイズ(後):190/55ZR17M/C(75W)

出典:PRESTO

ヤマハ・YZF-R1の価格は?


YZF-R1プレスト参考小売価格
2,430,000円(本体価格2,250,000円)LRYS1 ライトレディッシュイエローソリッド1
2,376,000円(本体価格2,200,000円)DPBMC ディープパープリッシュブルーメタリックC

出典:PRESTO

YZF-R1MってYZF-R1とどこが違う?
YZF-R1Mになると、さらにハイテク・高級装備が追加搭載されている!

■前後サスペンション電子制御式のオーリンズERS(エレクトリックレーシングサスペンション)に変更
「IMU」および、各センサー情報から走行状況に応じてSCU(サスペンションコントロールユニット)が、前後サスペンションの伸・圧減衰力を統合制御して走行を支援する。

出典:YAMAHA

■カーボンカウル
軽量で質感あふれるカーボン製カウルを惜しみなく採用。

出典:YAMAHA

■CCU(Communication control unit)
各車両情報のチェックやセッティング容易化によるライダー・マシンのインターフェイスを高めるのがCCUだ。CCUユニットとGPSアンテナから構成され、ロガー機能により走行状況を記録でき、またGPS機能を使ってサーキットでの自動ラップタイム計測も可能となる。専用アプリをダウンロードすれは、スマートフォン上でセッティングデータの作成も可能となる。

出典:YAMAHA

ヤマハ・YZF-R1Mのカラーリングは?


・ブルーイッシュホワイトメタリック2


出典:PRESTO

■価格
YZF-R1M プレスト参考小売価格:3,186,000円(本体価格2,950,000円)ブルーイッシュホワイトメタリック2
 

 
■YZF-R1/R1Mフィーチャーマップ

Rider関連記事
ヤマハ躍進の立役者『MTシリーズ』をまとめる【MT-09】【MT-07】【MT-09TRACER】【MT-03/25】【MT-10】

 

 

YZF-R1/R1Mのインプレ動画


実際に乗ってみるとどんな感じなのか…世界各国から届いている動画によるインプレッションをご覧ください。

■2015モデル YAMAHA YZF-R1 / R1M 試乗インプレ
2015年3月にオーストラリアはイースタンクリークで開催されたYAMAHAの新型R1試乗会。
事前にテストしていたDUCATIパニガーレ1299及びBMW S1000RRと乗り比べたインプレも含め、待望の日本製電脳スーパースポーツの戦闘力は如何に!1日6本の全開走行です。

2015モデル YAMAHA YZF-R1 / R1M 試乗インプレ

2015年3月にオーストラリアはイースタンクリークで開催されたYAMAHAの新型R1試乗会。 事前にテストしていたDUCATIパニガーレ1299及びBMW S1000RRと乗り比べたインプレも含め、待望の日本製電脳スーパースポーツの戦闘力は如何に!1日6本の全開走行です。

■ヤマハ YZF-R1M (2015) バイク試乗レビュー (於:富士スピードウェイ)
2015年5月7日にプレストコーポレーションの主催で開催されたヤマハYZF-R1M/YZF-R1撮影試乗の会場から、速報で試乗レビューをお送りします。実に6年ぶりとなるフルモデルチェンジによって、まったく新たなスーパースポーツとして生まれ変わったYZF-R1MおよびYZF-R1。デザイン、車体、エンジン、足回りなど、ありとあらゆる部分にMotoGPマシン直系ともいえる技術を投入し、富士スピードウェイのホームストレート中盤では時速300kmを楽々と突破する驚愕のパフォーマンスを披露してくれました。
完全新設計の998cc水冷4ストローク直列4気筒・4バルブエンジンは、市販モデルとしては世界初のFSチタンコンロッドを採用したほか、ボア・ストロークを79mm×50.9mmとショートストローク化、13.0:1という高圧縮比から200馬力以上とも言われているパワーを発揮します。
また、上級グレードのYZF-R1Mには、ドライカーボン製のフェアリングやオーリンズ製の電子制御サスペンション、データロギングを可能とするGPS、タブレット端末からの各種セッティングを可能とする通信機能などを採用。スーパースポーツの新たな楽しみを提案しています。
なお、今回のYZF-R1Mの試乗レビューは、マシンがマシン、場所が場所なだけに、モータージャーナリスト兼レーシングライダーとして活躍中の伊丹 孝裕さんにお願いしました。果たして、時速300kmオーバーの世界で闘う現役レーシングライダーはYZF-R1Mをどのように評価したのでしょうか…。

YZF-R1M (ヤマハ/2015) バイク試乗インプレ・レビュー (於:富士スピードウェイ) YAMAHA YZF-R1M (2015) TEST RIDE in FSW

2015年5月7日にプレストコーポレーションの主催で開催されたヤマハYZF-R1M/YZF-R1撮影試乗の会場から、速報で試乗レビューをお送りします。 …

■ヤマハ(YAMAHA) YZF-R1のインプレッション
八代 俊二の本音でインプレッション。

ヤマハ(YAMAHA) YZF-R1のインプレッション

八代 俊二の本音でインプレッション

■2015 YAMAHA R1M 丸山浩が実物、見て触って速攻インプレ
まだ試乗することはできなかったのですが、R1Mを目の前に、その雰囲気を掴むこ­とは出来ました。今回のYAMAHA R1Mは、ブリヂストン・バトラックスニューモデルタイヤRS10がOEM装着される­と言うことで、日本では、真っ先にブリヂストンの技術センターに展示されていたフレー­ムナンバー1番のR1Mを丸山浩が見た目、速攻インプレをお届けします。

2015 YAMAHA R1M 丸山浩が実物、見て触って速攻インプレ

まだ試乗することはできなかったのですが、R1Mを目の前に、その雰囲気を掴むこ­とは出来ました。今回のYAMAHA R1Mは、ブリヂストン・バトラックスニューモデルタイヤRS10がOEM装着される­と言うことで、日本では、真っ先にブリヂストンの技術センターに展示されていたフレー­ムナンバー1番のR1Mを丸山浩が見た目、速攻インプレをお届けします。

■2015 Yamaha YZF-R1 First Ride – MotoUSA

2015 Yamaha YZF-R1 First Ride – MotoUSA

The bike we’ve been waiting for… Yamaha gets serious in the Superbike class with its fully redesigned YZF-R1. Our Road Test Editor Adam fills us in. Read our full review: http://www.motorcycle-usa.com/269/22072/Motorcycle-Article/2015-Yamaha-YZF-R1—R1M-First-Ride.aspx Watch our 2015 Yamaha R1 Onboard lap video: https://www.youtube.com/watch?v=26_zlLzhbXg Subscribe: https://www.youtube.com/subscription_center?add_user=motousa Website: http://www.motorcycle-usa.com

 

 

YZF-R1/R1Mをもっと知ろう! ~関連書籍紹介


■RIDERS CLUB (ライダース クラブ) 2015年 01月号

■東本昌平RIDE 92 (モーターマガジンムック)

■ヤングマシン 2017年 01月号 [雑誌]


 

 

結論…「サーキット最速」を目指したYZF-R1/R1Mの実力は?


■ヤマハYZF-R1
1998年に登場した初代からクロスプレーン型エンジンを投入した先代に至るまで一貫して、YZF-R1はワインディングロードでのエキサイティングな走りを追求したモデルだった。それが今回大きく方向転換した。

【レスポンス試乗】ヤマハ R1…佐川健太郎

1998年に登場した初代からクロスプレーン型エンジンを投入した先代に至るまで一貫して、YZF-R1はワインディングロードでのエキサイティングな走りを追求したスモデルだった。それが今回大きく方向転換した。 http://response.jp/

■やはり「魔力」をもった化け物か?
サーキットのテスト走行では、富士スピードウエイのホームストレートで余裕をもって速度リミッター(299㎞/h)まで加速したとのことです。最高出力200PS、装備重量199㎏でパワーウエイトレシオは驚愕の0.995㎏/PS!スペック(数値)からも、十分にその加速の凄まじさが容易に想像つきますが、テストライダーによれば「きめ細かに制御された最新の電子デバイスにより、その世界(300㎞/h)は拍子抜けするくらい平和」だそうです。

とはいっても、300㎞/h…新幹線と同等の世界です。ツーリングライダーの筆者にとっては、「まったくの未知の世界」であることは間違いないようです。一生に一度くらいはそんな「魔力の潜むバイク」に憑りつかれてみるのもいいかもしれませんね!

ヤマハ・YZF-R1/R1Mの画像集


@r1_ridersがシェアした投稿

@h1evoがシェアした投稿

Simple Soulさん(@299umut)がシェアした投稿

Rider関連記事
【最高速】300キロオーバーはもう当たり前。2016年版世界最速バイクBEST10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加