バイクを買う

ホンダ・モンキー125を買うべき理由とは?

多摩テックの遊具として誕生し1967年に日本国内で発売されたモンキー。当時は50ccの原付バイクとして販売されコンパクトな車体と愛嬌のある車体は半世紀以上にも渡り人気車種として存在しました。ところ排ガス規制により2017年に一旦生産終了。しかし2018年に125ccとなって復活を遂げました。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加


出典:本田技研工業公式サイト

ホンダを代表するレジャーバイク「モンキー」は東京の遊園地「多摩テック」の遊具として誕生し、1967年に日本国内で発売されました。当時は50ccの原付バイクとして販売され、そのコンパクトな車体と愛嬌のある車体はレジャーの時にも手軽に持ち運べるため、半世紀以上にも渡り、根強い人気車種として存在しました。ところが排ガス規制の問題により、50ccのエンジンを持つモンキーは基準のクリアが厳しく2017年に一旦生産終了になりました。
しかし、2018年にはエンジンが125ccと大きくなって復活を遂げました。そこで、チョイ乗りからちょっと遠乗りしたい時まで使い勝手が広がったモンキー125の魅力をご紹介します。

モンキー125はどんなバイク?



出典:本田技研工業公式サイト

125ccと以前のモンキーと比べると大きくなりましたが、それでもサイズやカタチを徹底してこだわった各パーツのバランスから丸みを帯びたフューエルタンクや小さめのヘッドライトが歴代モンキーの雰囲気を醸し出しています。
また、排気量が125ccと随分大きくなったため、街乗りやレジャーから大きな幹線道路まで幅広く活躍することができます。さらにトルクが大きく4速ミッションと1速のレンジが広いため初心者でも運転しやすいバイクとも言えます。
モンキー125は非常にシンプルな構造で、バイクのメカニカルなことに詳しくない人でも比較的簡単に分解、組み立てをすることができ、国内外のメーカーから多数の部品が発売されているため、個人レベルでも十分にカスタムを楽しめるバイクと言えるでしょう。

『楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する“アソビの達人”』を開発コンセプトに定め、従来の50ccモデルの特徴であるシンプル・コンパクト・愛らしさなどの不変的な魅力を踏襲しつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや取り回しやすいサイズ感ならびに親しみやすいデザインを採用した本シリーズ初の小型自動二輪車(原付二種)となるモデルで、型式名は平成28年排出ガス規制対応のため2BJ-JB02となる。タイホンダ・マニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド(Thai Honda Manufacturing Co., Ltd.)が製造し、本田技研工業が輸入事業者となる形で販売。搭載されるJB02E型空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンは、グロム用JC75E型をベースにしたためスーパーカブシリーズと同様の前傾80°シリンダー・内径x行程=52.4×57.9(mm)・圧縮比9.3・排気量124㏄・PGM-FI電子制御式燃料噴射装置による燃料供給は共通であり、出力特性を本モデル用にチューニングし最高出力6.9kW〔9.4ps〕/7,000rpm・最大トルク11Nm〔1.1kgf・m〕/5,250rpmのスペックを発揮、また始動方式は本シリーズ初のセルフ式のみとした[4]。エンジン以外にもコンポーネンツや基本設計の多くは2BJ-JC75型グロムと共用しており、バックボーンフレーム・フロント倒立サスペンション・前後ディスクブレーキ・4速マニュアルトランスミッション・1次/2次減速比などがグロムと共通。車体もグロムベースであることから従来の50㏄モデルに比較すると大幅に大型化されている。

モンキーの歴史


モンキーは1961年に東京の遊園地の遊具として製造され、たちまち人気になったため1964年にCZ100として国外へ輸出から始まり、国内向け最初のモンキーは1967年から販売されました。
当時は5インチのタイヤにリジットの構成で、エンジンは空冷50cc単気筒でハンドルも折畳める仕様になっていました。その後、自動クラッチだったモンキーも1984年に現在の手動クラッチに変更され、1987年にはレーサースタイルの「モンキーR」、オスロードスタイルの「モンキーバハ」など、数々の派生が登場しました。
2007年に「平成19年排気ガス規制」に適合できなかったため、一旦生産を終了することになり、その後2009年にエンジンに電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を搭載し復活。排出ガス規制に適合させ販売を続けていました。
ところが再び立ちはだかる新排ガス規制にへの対応が困難であるため、2017年に再び生産終了となりました。
しかし2018年、グロムの125ccエンジンをベースとし、新排ガス規制への対応をクリアすることで新時代のモンキーが誕生しました。

モンキー125の主なスペック・サイズ


車名・型式:ホンダ・2BJ-JB02
全長(mm):1,710
全幅(mm):755
全高(mm):1,030
軸距(mm):1,155
最低地上高(mm):160
シート高(mm):775
車両重量(kg):105【107】
乗車定員(人):1
燃料消費率※(km/L):71.0(60km/h定地燃費値)
最小回転半径(m):1.9
エンジン型式 JB02E
エンジン種類:空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3):124
内径×行程(mm):52.4 × 57.9
圧縮比:9.3
最高出力(kW[PS]/rpm):6.9[9.4]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):11[1.1]/5,250
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L):5.6
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式4段リターン
タイヤ 前:120/80-12 65J /後:130/80-12 69J
ブレーキ形式 前/後:油圧式シングルディスク
フレーム形式:バックボーン


出典:本田技研工業公式サイト

モンキー125のデザイン



出典:本田技研工業公式サイト

パッと見てわかるモンキーの魅力的なデザインは、丸いヘッドライトやピカピカのメッキフェンダー、タンクの形状やモコモコなシートの形状など、これぞモンキーと言わざるを得ないほどメーカーがモンキーにかける熱意が伝わってきます。
ちなみにフロントフォークは倒立式を採用し、ツインリアショックをマウントを採用されています。さらにブレーキは前後ともディスクブレーキを採用し、フロントには2ポッドキャリパーも組み合わされているため走行性能だけではなく、なかなかアグレッシブなデザインとなっています。
フルLEDヘッドライトやLEDテールランプ、デジタルメーター、ウェーブキーなど、現代の最新装備も投入されているのもまたモンキー125ならではでしょう。


★パールネビュラレッド

出典:本田技研工業公式サイト

★バナナイエロー

出典:本田技研工業公式サイト

モンキー125の装備は?


★個性的なLEDヘッドライト

出典:本田技研工業公式サイト

★機能性も考慮されたLEDテールランプ&ウインカー

出典:本田技研工業公式サイト

★シンプルなデジタルメーター

出典:本田技研工業公式サイト

★厚みのあるシート

出典:本田技研工業公式サイト

★コンパクトなフューエルタンク

出典:本田技研工業公式サイト


★モンキーらしさを主張するサイドカバー


出典:本田技研工業公式サイト

その他の装備として、
・デザインにこだわったクロムメッキガード付きアップマフラー
・握りやすさを配慮したグリップ
・ウェーブタイプのイグニッションキー
・盗難防止に効果を発揮するメインスイッチ一体式ハンドルロック機構
・プッシュキャンセル式ウインカースイッチ

モンキー125のエンジン性能は?



出典:本田技研工業公式サイト

モンキーのエンジンは基本的にはグロムと同じで、125ccの空冷4ストローク単気筒OHCエンジンとなっており、最高出力はグロムと比べると排気系の取り回しの関係上0.4ps低い9.4ps/7000rpm、最大トルクは同じ1.1kgm/5250rpmとなっています。

また、ホンダ独自の電子制御による燃料噴射装置「PGM-FI(Programmed Fuel Injection System)」を採用し、気温などの条件やエンジンの回転数などから最適な燃料の使い方をコントロールし、効率よく燃料を供給し、エンジンのパフォーマンスを引き出しています。

そのため、直線での最高速度はノーマルの状態で90キロ以上は出せるでしょう。

変速も同じ4速マニュアルミッションとなっています。そのため、絶対的なスピードは望めないものの、125ccでトルクもしっかりしているため、走行中のギヤチェンジも少なく初心者にとっては非常に乗りやすいバイクです。

エキパイ部分には触媒も付いており、排ガス規制もきっちりとクリアしています。

モンキー125の燃費は?


もちろん使い方によって燃費が変わるかと思いますが、モンキーの場合はチョイ乗りやレジャーで使うことが多いでしょう。
定置燃費値(60km/h)はリッター71キロで、WMTCモード値は67.1kmとなっています。燃料タンクの容量は5.6リットルであるため、航続距離は最大で350km以上も走行することができる計算となります。実燃費の方もリッター70キロ以上を記録していることが多く、中にはリッター80キロを記録しているモンキーも存在しています。そのため燃料メーターが全然気にならないと言った高評価のオーナーが多いようです。

モンキー125の販売価格は?

2018年の販売開始から時間も立っていないため、125ccのモンキーは中古車市場にあまり出回っておらず、値段も新車とほとんど変わらないでしょう。そのため、ヤフオクにもまだ出回っていないため、中古で購入するのはもう少し先の方がいいでしょう。

反対に売却したいと考えているのであれば、ヤフオクで販売すると高値がつく可能性が高いです。また、従来の50ccのモンキーも根強い人気があり、もともとレジャー用で販売されたために球数も全体的に少なく、市場での価格も比較的高めに設定されています。

モンキー125 新車価格帯(メーカー希望価格) 39万9600円~43万2000円

モンキー125 中古車平均価格(本体価格) 37万7000円(※2018/11/26時点)

モンキー(50cc) 中古車平均価格 37万6000円(※2018/11/26時点)

モンキー(50cc) ヤフオク落札相場 22万2500円(※2018/11/26時点)

モンキー125の良い点は?


個性的な魅力があるモンキー125の魅力は一体どんなところなのか、実際のモンキー125のユーザーの声をまとめてみました。

・取り回しが軽い(車重107kg)
・シートの乗り心地がいい(7cmの厚さのウレタン製)
・足つき性が良く、乗り降りしやすい
・燃費がいい(リッター70キロ)
・音が静か
・オシャレなデザイン
・タイヤもブロックパターンでどこでも走れる
・低速トルクがあり、街乗りで乗りやすい

やはりパッと見ただけでわかるモンキーのデザインを受け継いでいることや、車体のコンパクトさから足つき性がよく乗りやすいバイクとも言えるでしょう。
さらにエンジンも静かでトルクがあり、街中の走行であればエンジンもそこまで回す必要がないため、燃費が良いことも高評価に繋がっていると言えますね。

モンキー125の悪い点は?


では反対に悪い点はどういうところなのでしょうか、これから購入を考えている人にとって問題点の情報は非常に重要になります。実際のモンキーユーザーの声を聞いてみましょう。

・液晶メーターは反射すると見辛い
・スペア部品が少ない(6角レンチ1本のみ)
・バックミラーが見辛い
・レバーの調整ができない
・ものを入れるスペースが小さい
・エンジンの振動が大きい
・価格が高い

モンキーの気になる点は、コンパクトなバイクであるため、レバーやミラーといった付属品の装備の使いやすさといったところでしょう。ただ、カスタムパーツも多数存在するため、気になった部品をカスタマイズするのも一つの醍醐味とも言えるでしょう。

モンキー125のまとめ・総評


かつて50ccのレジャーバイクだったモンキーが125ccになり、車体サイズも大きくなり、より実用性が増しました。特にエンジンのトルクが増し、足つき性も良くなったため、乗り降りしやすくなり、女性や初心者にも乗りやすいバイクになっています。しかも特徴的なモンキーの形をしっかり踏襲しており、そのデザインは親しみやすく、実用性が高まった現代のモンキーは普段の生活を支えてくれる相棒になること間違いなしでしょう。

モンキー125の動画集!走行動画も!


【モンキー125】乗った感想、ちょっとした解説、今後について【Monkey125】

2018/09/08 天候不順でなかなか慣らしがはかどりません。 でも、数十キロですが、乗った感想や気づいたところ、 今後について語ってみました。 モンキー125の購入の参考に成れば幸いです。

ホンダ「モンキー125ABS」 試乗インプレ!

【中古バイク検索はもちろん、バイクのことなら何でも分かるBBB!】 http://www.bbb-bike.com ★原付二種のレジャーモデル「モンキー125」が発売!今回は小林ゆきさんが試乗インプレを行いました!第二弾は「試乗インプレ」編です! 製品情報→https://www.honda.co.jp/Monkey125/ モンキー125 ABS 432,000円(税込み) …

【モンキー125】阿蘇ツー&驚愕の燃費

最近登場したばかりのニューモンキーを引っさげて阿蘇ツーリングに行きました。燃費も計測します。

モンキー125のオーナーさんの画像紹介


最近このアングルがお気に入り この凝縮感が好きw d( ̄  ̄) #monkey125 #モンキー125

59 Likes, 3 Comments – Takashi Kohri (@takashikohri5277) on Instagram: “最近このアングルがお気に入り この凝縮感が好きw d( ̄  ̄) #monkey125 #モンキー125”

#モンキー125#バイクのある風景 #バイクが好きだ モリワキさんにしました!

63 Likes, 4 Comments – ただし (@tadashi44622) on Instagram: “#モンキー125#バイクのある風景 #バイクが好きだ モリワキさんにしました!”

#モンキー125#バイクのある風景 #バイクが好きだ モリワキさんにしました!

63 Likes, 4 Comments – ただし (@tadashi44622) on Instagram: “#モンキー125#バイクのある風景 #バイクが好きだ モリワキさんにしました!”

ホンダ モンキー125 BOはだいぶ解消されましたが、 お待ち頂いたお客様には多大なご迷惑をおかけ致しました。 #ホンダ #ホンダバイク #honda #hmj #hondamotorcycle #モンキー #モンキー125 #ホンダモンキー #abs #納車 #大阪 #グーバイク #和歌山市 #和歌山市バイクショップ #和歌山市自転車店 #みうら商店

33 Likes, 0 Comments – 株式会社みうら商店 (@miurashoten) on Instagram: “ホンダ モンキー125 BOはだいぶ解消されましたが、 お待ち頂いたお客様には多大なご迷惑をおかけ致しました。 #ホンダ #ホンダバイク #honda #hmj…”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加