バイクを買う

【伝説】カワサキ『マッハIII』はココが凄い!!

「kawasaki」(カワサキ)の名を遠くアメリカの地で大きく知らしめた伝説のバイク 『500SSマッハIII』。発売当初から現在に至るまでも熱狂的なファンがいる名車の一つ。同車は抜群の馬力・加速力を備え当時最高速を誇った。本稿では「マッハIII」が伝説となったワケとその歴史をご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加


出典:mototribu/Finless Bob

カワサキ『マッハIII』ってどんなバイク?


「正」と「負」は対局するものですが、「伝説」と言われる物事にもそれはきっとあるのでしょう。

1969年(昭和44年)発売のカワサキ500SS マッハⅢ。
日本の”カワサキ”の名を遠くアメリカの地で大きく知らしめたのがこのバイクです。
その後、カワサキが大躍進した基盤を作ったZ1が「正」の伝説だとすれば、このマッハⅢはその躍進につながる、ある意味「負」の伝説を持つバイクだと言えるでしょう。

カワサキ『マッハIII』の歴史


マッハ (MACH) は、川崎重工業が製造販売していた2ストローク3気筒エンジンを持つオンロードタイプのオートバイシリーズの総称である。

1969年に北米で販売を開始した 500 cc (H1) の成功を受け、1972年モデルでは排気量 250cc(S1)、350cc(S2、後に400cc のS3)、750cc (H2) の3車種を加え、計4車種の2ストローク 3 気筒車群を形成し、これをマッハシリーズと呼んだ。さらに、H1およびH2の大排気量車種を「Big Mach(ビッグマッハ)」と呼び、排気量の小さい(フレームも異なる)S1、S2およ S3を「Middle Mach(ミドルマッハ)」と呼んで区別されることもあった。

1976年モデルでこれら車種の名称をKHシリーズへと変更するまで、この「マッハ」の愛称が用いられ、250cc/350cc/500cc/750ccの各排気量を持つ車種に対してそれぞれマッハI/マッハII/マッハIII/マッハIVと命名された。

500ccモデルのH1発売時、もともと「MACH III」の“III”は「3気筒」を意味するものであったので、その意味では750ccモデルの「MACH III」も誤りではない。その一方で、同様に3気筒である250ccモデルと350ccモデル・400ccモデルでは、「3気筒」を意味する“III”の愛称はなぜか用いられていない。
出典:wiki/カワサキ・マッハ

カワサキ『マッハIII』の特徴は?


「世界一速いバイクを」


まだまだ未成熟の日本のバイクメーカーが’60年代後半のアメリカ市場で戦うにはこれしか無いと考えたそうです。
開発チームは全て新しい事を考え、その答えが新開発の空冷2ストローク並列3気筒500ccエンジンでした。

最高速度200km/h
ゼロヨン加速12.4秒(1/4マイル加速12.6秒)

世界最速のバイク製作にカワサキは成功しました。
技術的にも点火系にオートバイで初めてCDI点火を採用するなど、スピードに対する妥協はありませんでした。

今でこそカワサキは4ストローク重量車を得意とするメーカーというイメージが強いですが、60年代当時には2ストロークが得意なメーカーで、まだ“ライムグリーン”がシンボルカラーになる前の話です。

出典:mototribu/Finless Bob

出典:hemmings/Finless Bob

カワサキ『マッハIII』は「曲がらない、止まらない、まっすぐ走らない」


発売されたマッハⅢはすぐにこう言われました。
あまりにエンジンパワーを追い求めたがゆえ、当時のフレームとタイヤとブレーキの限界を超えてしまっていたのです。
2ストロークエンジンの真骨頂(しんこっちょう)であるパワーバンドにタコメータの針がひとたび入ると、とんでもない加速とスピードを引き換えに、真っ直ぐ走る事さえ難しく、また止まる事さえ容易ではなかったといいます。

それゆえにマッハⅢは「とんでもないバイクだ」と言われましたが、バイク乗りなら誰しも乗ってみたいと思える魅力に満ち溢れていました。
そしてこのバイクは乗り手をふるい落とし、限られた人間しかその本来の性能を見せつける事はできなかったのです。
このバイクを乗りこなすライダーは羨望(せんぼう)の眼差しで見られました。

出典:reproductiondecals/Finless Bob

カワサキ『マッハIII』の終焉


マッハⅢは商業的成功を収め、シリーズも250ccから750ccまで4機種もラインナップされました。
マッハⅢはロードレース世界選手権にもH1Rとして出場し、後の世界チャンピオンマシンとなるKRシリーズに繋がる事となったのです。

しかしながら、折しも石油ショックの時期と重なり、アメリカでは新しい排ガス規制が導入されました。派手に白煙を上げて走る2ストロークエンジンは販売ができなくなってしまいました。
そしてマッハⅢはアメリカ市場から姿を消したのです。

出典:mototribu/Finless Bob

出典:mototribu/Finless Bob

カワサキ『マッハIII』、そして伝説へ


右側に2本、左側に1本という独特のリアビューを持つマッハⅢ。
そのマフラーから吐き出される大量の薄紫の白煙と甲高い金属音。
あっという間にはるか彼方に消え去るそのバイクは日本でもまたたくまに評判となりました。
しかし乗り手を選ぶそのバイクに皆が乗る事はできませんでした。
うまく乗れないライダーは酷評をしましたが、それは負けを認めた様なものでした。
そのくらい乗り手を選ぶバイクだったのです。


カワサキはまたアメリカ市場に向けて新たなチャレンジをし、そして「名車」と言われ今でも人気の絶える事の無いZ1を世に出しました。
マッハはその名をKRと変えバイクとしてトータルバランスの向上をめざしましたが、ライダーの目は新しいDOHC4気筒のZ1に奪われてしまったのです。

しかし「じゃじゃ馬マッハ」と異名を持ったマッハⅢは、その後のライダー達にも熱く語り継がれ、今でもその名は伝説として残っています。
このマッハⅢの成功が無ければ「名車Z1」も産まれなかったかもしれません。

カワサキ『マッハIII』の動画集


時を超えた傑作 「カワサキ MACHⅢ」1/2

永遠の名車 カワサキ 500SS Kawasaki MACH Ⅲ

時を超えた傑作 「カワサキ MACHⅢ」2/2

永遠の名車 カワサキ 500SS Kawasaki MACH Ⅲ

カワサキ『マッハIII』の画像集


Jun Ozawaさん(@umiwashi)がシェアした投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加