ニュース

【ニュース】ついに発表!激戦の250ccクラスにホンダが新型車両を! 【CBR250RR】

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

しばらくのあいだ大排気量スーパースポーツタイプが売れ筋であった国内のバイク販売市場で、近年250ccクラスがにわかに活気ついていることは皆さんご承知だと思います。

そんな中、7月25日にホンダより待望の「新型CBR250RR」の発表がありました。

Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(本社:ジャカルタ 社長:井沼 俊之)は、2016年7月25日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターは、新型の250ccスポーツモデル「CBR250RR」を発表しました。
このCBR250RRは、販売の主要国であるインドネシアで生産。同国で生産するHondaの二輪車としては、最大排気量のモデルです。2016年末にインドネシアでの発売を計画しています。

出典:honda/ニュースリリース

現在250ccクラスで人気の車種


250ccには多くのメーカ―が競ってモデルを出しています。
その人気車種をピックアップしてみましょう。

◆ヤマハYZF-R25


出典:yamaha/YZF-R3/YZF-R25

・アルミ鍛造ピストン、オフセットシリンダーに加え、軽量化、耐摩耗性、耐焼付性に貢献するDiASilシリンダーなど装備
・軽量化と剛性バランスを兼ね備えたダイヤモンドフレーム
・バネ下重量の低減を図り、軽快なハンドリングに貢献するアルミ鋳造10本スポークホイール
・スポーツバイクならではの走りを支える、リアモノクロスサスペンション
・走りと快適性の両立に寄与する、125mmのホイールトラベル
・大径・41mmのフロントフォーク装備
・パワーを効率良く後輪に伝える、左右非対称のロングリアアーム

◆カワサキNinja250


出典:カワサキモータースジャパン/Ninja 250

・アルミダイキャスト製のスリーブレスメッキシリンダー、硬質アルマイトコーティングを施した軽量ピストンを採用することで高い耐久性を確保
・バランサーを採用。一部をラバーマウントとすることで不要な振動を低減
・飛沫径60μmに燃料を霧化する微粒化インジェクターが燃焼効率の向上に貢献
・操作感の軽いアシスト&スリッパークラッチ
・軽量、スリムで強度と耐久性、剛性バランスに優れたダイヤモンドフレーム
・ガセットプレートを追加することで、フレーム縦方向の剛性向上に貢献
・インナーチューブ径37mmを誇るテレスコピック式フロントフォーク
・プリロード調整が可能なリンク式ユニトラック・リヤサスペンション
・スイングアームは角断面形状とすることで、車体全体の剛性にも貢献
・ブレーキはフロントに外径Φ290mm、リヤに外径Φ220mmのペタルディスク
・スポーティなデザインの10本スポークホイール
・ホイールサイズはフロント17M/C×MT2.75、リヤ17M/C×MT4.00
・迫力あるリヤビューを演出する140mm幅のリヤタイヤは優れた直進安定性にも貢献

◆ホンダCBR250R


出典:honda/CBR250R/

・スーパースポーツのフラッグシップモデルCBR1000RRのエアロダイナミクスを突き詰めた機能美豊かなデザインを継承
・ボア× ストローク比はCBR1000RRと同等のφ76mm×55mmのショートストロークタイプ
・ミッションレシオ配分の最適化を行い、出力特性に合ったスムーズなギアの繋がりも追求
・軽量・高剛性でしなやかな特性トラス構造のダイヤモンドタイプのフレームは、軽快な操縦フィーリングに寄与
・リアサスペンションには5段階調節のプリロードアジャスターを備えたプロリンクを採用

新型CBR250RRの概要



出典:honda/ニュースリリース/

◆新開発の直列2気筒エンジン
・クラスナンバーワンの出力性能を目指した、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載
・市街地での扱いやすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる、高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現。
・スロットル・バイ・ワイヤシステム、選択可能な3つのエンジンモード設定によって、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、上質で安定感のある加速フィールを獲得。
◆新開発の車体・足回り
・フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立。
・スイングアームには、アルミ製ガルアームタイプを採用。
・右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現。
・フロントサスペンションは、剛性が優れた倒立タイプ。
・リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用。
・ブレーキディスクはフロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備。
<ホンダプレスリリースより抜粋>
出典:honda/ニュースリリース

CBR250RRと各モデルの比較


表作成:T.Miya(Rider編集部)

まとめ


大人気の250ccクラスにおいてホンダはこれまで単気筒モデルで勝負をしてきましたが、ここにきてようやく2気筒モデルを投入。
昨年の東京モーターショーで「Light Weight Super Sports Concept」として出品され人気を博していたコンセプトモデルがとうとう実車として発売されることになりました。
日本での発売時期や価格等は未発表ですが、各社がしのぎを削る激戦クラスでの勢力図が変わることになるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加