パーツを買う

【250TR】カスタムパーツ紹介! フロントフェンダーを変えてみよう! 【カスタム】

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

濡れた路面からの雨や泥、小石等の跳ね上げを防ぐ役割を持つパーツ、フェンダー。
今回は、リアフェンダーではなくバイクの”顔”の一部である、フロントフェンダーにスポットを当ててみます。
フロントフェンダーを変えるだけで印象がガラっと変わりますよね。
印象を変える以前に、乗っていてどれだけ服が汚れるかなど、実用面でも大きく差が出てくるパーツでもあります。

250TRノーマルフロントフェンダーの特徴



出典:カワサキモータースジャパン/250TR

一番の特徴と言って良いのが、このフロントのアップフェンダーなのではないでしょうか。
レトロ雰囲気のある車体ですが、フロントのアップフェンダーが目を引いてオフロード車の雰囲気も兼ね備えているように感じられます。
もちろん、こんなにアップフェンダーなので雨の日の舗装された路面ではまったくフェンダーの役割を果たしません。路面から跳ね上げる雨は直接ステップまでかかり、「多少の雨ならOK」が謳い文句のブーツを履いていても水浸しのドブネズミです。
FRPのフェンダーはタフで良いのですが、エンジンに近い部分が焦げたりしてあまり高級感がないことが難点です。

素材によって雰囲気も色々、扱い方も色々。


純正部品はFRPですが、フェンダーの素材一つ変えることによって扱い方が変わったり、バイクの雰囲気に彩を添えることができます。どんな素材があるのでしょうか。

  • FRP製・・・Fiber-Reinforced Plasticsの略、繊維強化プラスチックです。強度があるのに軽量で錆びない、バイクパーツではスタンダードな素材です。ノーマルフェンダーの素材はFRP製です。
  • カーボン製・・・FRP製は主にガラス繊維を使用しているのに対し、カーボンは炭素繊維を使用しています。その強度はガラス繊維を使ったFRPの数倍以上にもなると言います。
  • ステンレス製・・・錆びにくい、溶けにくい、劣化しにくい、の3点がメリットでしょう。デメリットと言えばやはりその重量でしょうか。重くなった分、燃費や走りに影響が出てしまいますので考えて取り入れたい素材です。
  • アルミニウム製・・・アルミニウムと言っても、アルミニウム合金99%の柔らかいアルミと、亜鉛などが混ざったアルミニウム合金の2種類があり、バイクに使用されているアルミは後者です。加工しやすい、と言った点が多く出回っている理由ではないでしょうか。腐食し辛くする加工など、技術が進歩しており、スタンダードな素材と言って良いと思います。
  • 鉄製・・・金属の王様。加工がしやすい、溶接が容易であることなどからバイクパーツに欠かせない素材です。欠点としては、丁寧な塗装がされていないと錆びやすいと言うことです。
  • なし!(フェンダーレス)・・・ショップが作りこんだお洒落なバイクがフェンダーレス、なんてこともありますよね。汎用のフェンダーレスキットが発売される程、一部のライダーには人気のカスタムです。しかし、泥はねは凄いです。小石もバンバン当たってきます。
  • 取り付け位置やフェンダーの長さによって雰囲気も様々


  • フェンダー取り付け上目・・・ノーマルと同様。サスペンションの浮き沈みの幅と、泥詰まりを防ぐため、オフロード車がフェンダーが上目で取り付けられています。フェンダーとタイヤの間を空けるだけでオフロード車の雰囲気になります。ノーマルでご紹介した通り、雨の日の不快感は大きいです。
  • フェンダー短め・・・スポーツ系のバイクは短めのフェンダーが多いですよね。スタイリッシュにカスタムできますが、雨の日の快適さではあまり良くないと言って良いでしょう。
  • フェンダー長め・・・クラシカルなタイプのバイクに多いフェンダーです。ハーレーダビッドソンのツーリングファミリーを想像していただければ早いではないでしょうか。雨の日はとても快適なので、機能面で言ったら一番使いやすいタイプと言って良いのではないでしょうか。
  • お勧めのフェンダー紹介


    部品屋K&W 250TR リブフェンダーKIT (キット) 鉄製


    出典:部品屋K&W
    一部切断が必要ではありますが、ボルトオンタイプなので比較的簡単に取り付けることが可能です。
    メーカー小売希望価格:30,694円(8%消費税込み)

    デイトナ(DAYTONA) ショートフロントフェンダー ステンレス


    出典:DAYTONA
    ワイドでカールの無いすっきりしたフェンダー素材を使用しています。
    ステンレス製バフ仕上げでシャープな質感で、旧車に近い味わいが出るのではないでしょうか。
    メーカー小売希望価格:10,144円(8%消費税込み)

    グッズ(GOODS) パイプワークフロントフェンダー


    出典:GOODS
    ボルトオンタイプのフェンダーです。チョッパーやボバースタイルにも違和感なく装着できるよう、出来る限りのシンプルで車体に馴染むようデザインされています。
    メーカー小売希望価格:16,200円(8%消費税込み)

    いかがでしたでしょうか。
    フロントフェンダーに限定した記事になりましたが、参考になりましたでしょうか。
    ボルトオンタイプで簡単に交換ができるものが多数発売されているので、お好みの商品を見つけカスタムしてみてはいかがですか?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加