バイク用品を買う

SHOEI EX-ZEROの魅力はコレだ! レトロで新しい、シブイ逸品。

時を越えて、新機能を有して登場したEX-ZEROは世代の壁を越えて支持を集めており、発売当初から品薄状態が続いているとのこと。これは”良いものはいつの時代でも受け入れられる”というひとつの証明と言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

SHOEI EX-ZEROはSHOEIから発売されているフルフェイスタイプのヘルメットです。このEX-ZEROですがかつて80年代に販売されていたEXシリーズをモチーフにしており、そのデザインを踏襲しつつ現代の技術を持って復活したという形になります。

・形状とデザイン



出典:SHOEI EX-ZERO

外観はフルフェイスでありながらもレトロなオフロードスタイルのデザインとなっています。全体的に丸みを帯びていますが首元にかけては少し跳ね上げを行うことによりシェイプアップを図っているようです。顎先はやや突き出したような印象で通気性のあるフィルターが採用されています。オフロードスタイルとなるとゴーグルを追加購入する必要がありそうですが必須ではありません。このヘルメット、何とインナーシールドが装備されています。そして手動でシールドを動かすことが可能です。シールドの左右には出し入れし易くするための“つまみ”が設けられているため慣れてしまえば素早い出し入れが可能となります。このシールド使用時の外観もカッコ良いため、シールド使用とゴーグル使用の2種類の方法でルックスの変更を楽しむことが可能です。首周りには”EMERGENCY USE ONLY”と英語で記載された文字を見つけることができますがこれもまたお洒落。SHOEIのロゴも他モデルと比べて小さめに表示されており、このことが寧ろグラフィック全体を強調しています。

SHOEI ショウエイ フルフェイスヘルメット EX-ZERO [イーエックス ゼロ シャインレッド] ヘルメット サイズ:L (59cm)

・風防効果と通気性


出典:SHOEI EX-ZERO

フルフェイスカテゴリーに属するヘルメットですが顎周りは広く、シールドやゴーグルも顔の上半分までしか覆うことができません。(その点もまたカッコいいのですが!) 従って顎周りの巻き込み風や虫が侵入してくる可能性は通常のフルフェイスヘルメットよりも高いと言えるでしょう。風の冷たい冬場は別途マスクが必要になる可能性があります。また、口元のメッシュフィルターは常時開放となります。風防効果はあまり高くない反面、風が入り込みやすいため通気性は高いと言えます。夏場のツーリングでもヘルメット内のムレなどは通常のフルフェイスと比べて少ないと考えて良いでしょう。

・安全性


出典:SHOEI EX-ZERO

(↑SHOEI独自のE.Q.R.Sシステムが万が一の迅速な救護を可能にする。)

視界の確保という面も安全性に対しては無視できるものではないと言えるでしょう。EX-ZEROは通常のフルフェイスタイプのヘルメットと比べると前面のエリアが額から口元まで大きく設けられているため、狭さや圧迫感を感じることはありません。狭さを感じない分、首を動かして視線をそらす範囲が少なくて済むため前方の動きに集中し易い特徴を持っています。視界の確保という点を考慮するとシールド使用の方がゴーグルよりも容易であるということが言えそうです。このシールド操作ですが一般的なフルフェイスヘルメットの場合、ボタン式となっていることが多くボタンはヘルメットの頭頂部や側面に搭載されていることがほとんどです。目に見えない分、操作には慣れが必要です。EX-ZEROはシールド自体に“つまみ”が付いていますのでそれを引き下げるだけで操作が終了します。また、ヘルメット自体も軽量でわずか1.1kg程度しかないため長時間のライディングとなっても疲れにくいという長所もあります。疲労の軽減による集中力の維持、注意力が散漫になるといった事態を避けることも可能となります。しかし、軽いからとは言えヘルメット自体の耐久性が低下しているということはありません。ヘルメットの耐久性を決める規格としてアメリカのSNELL規格、ヨーロッパのECER22/05規格が世界的に有名です。そして日本にはJIS規格というものが存在します。端的に言えば「ヘルメット自体の高い剛性をもって頭を守る」のがSNELL規格。「綺麗に壊れて頭への衝撃を少なくする」のがECER22/05規格。そして、両者の中間地点に位置するのがJIS規格だと言われています。EX-ZEROはJIS規格を取得しています。普段、街乗りやツーリングで使用する分には必要にして十分な性能を有していると言えます。また、EX-ZEROに限らず、近年のSHOEIモデルに搭載されている機能としてE.Q.R.S(Emergency Quick Release System)と言うものがあります。これは、万が一の時ライダーが自力でヘルメットを脱げない場合に於いて第三者の手で除去することが可能な機能です。救護活動の際に使用する機能であることが謳われています。”EMERGENCY USE ONLY”という文字をヘルメット下部に見つけることができると思います。ヘルメットのチークパッド部分に赤いリボンが付いており、それを引くことによってライダーの頭部を固定しているチークパッドを簡単に除去することが可能となります。(メーカー説明では“緊急時以外の使用はしないでください”とのことです。)

・SHOEI EX-ZEROはどんなバイクに似合うか


出典:SHOEI EX-ZERO

一見するとクラシカルなデザインのため、ボバースタイルのバイクや旧型オフロードバイクにしか似合わないイメージもあります。しかし、実際にはそのようなこともなくアメリカンバイク全般にもマッチしそうですし現行型ストファイモデルにも違和感なく装着できると思います。このヘルメット自体、外観は古くとも機能を一新した“ネオクラシック”感があるため、“ネオクラシックブーム”に乗じて登場してきている大型ネイキッドバイクにも似合いそうです。最近登場してきている、低排気量カフェレーサースタイルのバイクとも相性は抜群だと思います。

・オプション品で更にカッコ良く


出典:SHOEI EX-ZERO

すでにカッコイイ外観をしているEX-ZEROですが、これを更に引き立てるオプション品の充実も図られています。インナーシールドであるCJ-3シールドは5,000円~9,000円で購入可能、ミラーシールドやスモークも用意されています。出自がオフロードヘルメットということもあって外部に後付けできるバイザーも用意されています。(V-480バイザー3,800円~)このバイザーを装着することによって更にヘルメット自体のヴィンテージ感が強調されますし、クラシックバイクとの相性は更に向上することは間違いないでしょう。その他、内装品が損傷・劣化した場合の交換パーツも販売されています。

・価格


出典:SHOEI EX-ZERO

(画像はTC-2カラー)

EX-ZEROは全7種類のカラーが販売されており、価格は38,000円~購入可能です。特別カラーのTC-2は46,000円~購入可能です。

・負けず劣らずの他社製品たち


出典:DAMMTRAX BLASTER-改

出典:TraderHouse SIMPSON M50

唯一無二のようなデザインのヘルメットですが似たような形状をしているヘルメットもあります。一つ目はDAMMTRAXのBLASTER-改というモデルで値段はEX -ZEROの半額程度です。箱根ターンパイクで専門ショップ&カフェを営んでいるメーカーですがネットで購入することも可能です。二つ目はSIMPSONのM50と言うモデルがEX-ZEROの外観に最も近い印象です。約40,000円台~購入可能でこちらもクラシックバイクやカスタムアメリカンバイクを所有している方には人気がある物とされています。いずれのヘルメットも人気があり、店頭での購入はタイミングが重要となりそうです。新品かつ未使用をなるべく早く購入されたい方は店頭で試着し、サイズ感を確かめてからネットで購入する方法も選択肢の一つかもしれません。

・EXシリーズは時代を越えて支持される!


旧EXシリーズは既に販売を終了していますが、今でも観賞用として人気が高く“ヴィンテージヘルメット”として取引される場合があります。耐用年数が過ぎているため実際の使用は困難である点が悲しいところです。時を越えて、新機能を有して登場したEX-ZEROは世代の壁を越えて支持を集めており、発売当初から品薄状態が続いているとのこと。これは”良いものはいつの時代でも受け入れられる”というひとつの証明と言えるのではないでしょうか。もし、このEX ZEROが気になった方は機会があれば店頭で試着してみることをオススメします。

SHOEI EX-ZEROの画像


Reposted from @bavariancafe – Mount Up Weather . . #brandwulf #bavariancafe #lewisleathers #vintagemotorcyclejacket #vintageleatherjacket #shoei #bmwmotorrad #rolex #PhotoHelmet –

23 Likes, 0 Comments – Photo Helmet (@photohelmet) on Instagram: “Reposted from @bavariancafe – Mount Up Weather . . #brandwulf #bavariancafe #lewisleathers…”

SHOEI EX-ZEROの動画


  • このエントリーをはてなブックマークに追加