バイクを買う

『こんなバイクが公道を走っていいのか!! 』そう思った初代スズキ・RG250ガンマ【2スト】

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

1983年、筆者が初めてこのスズキ・RG250ガンマを目にした時の感想が、タイトルの「こんなバイクが公道を走っていいのか!!」でした。
ロードレースが大好きでロードレースの専門誌ばかり読みあさっていた若き日の筆者は、このRG250ガンマのアルミ角断面フレームや本物のレーサーの様な大きなカウルを見た時に強烈な衝撃を受けたのです。
発売を予告する雑誌で見ていた物より、実際に初めて見るピカピカの新車のガンマは、より強烈に光かがやいていて、より強烈にサーキットやレースの匂いをプンプンと放っていました。

出典:suzukicycles


【スズキ・RG250ガンマのカタログより:RG250ガンマを駆るフランコ・ウンチーニ(1982年WGP500ccチャンピオン)】
出典:suzukicycles

パワー合戦の始まり


この「パワー合戦」という言葉は間違っているのかもしれません。

それはこのRG250ガンマが1983年に絞り出した「最大出力45馬力」という数値が、その後すぐに「メーカー自主規制」という名のもと”250ccは45馬力まで、400ccは59馬力まで”という規制が引かれたからです。
という事はRG250ガンマ発売以降の2ストローク250ccのバイクは、どれも横並びの45馬力となる訳です。
最高出力が全く同じでも車両重量の差や2スト特有のパワー特性の味付けの差から、「速さ」に若干の差は付くとは思いますが、この後各社から続々と誕生した2ストローク250cc、いわゆる「レーサーレプリカ」達がRG250ガンマと「同じ速さ」だったか?

筆者の個人的な感想としては、1983年以降年々「速く」なっていったと感じます。しかも強烈に・・・。
後に発売されるTZR250(1985年発売)もNSR250(1986年発売)も同じ45馬力。
しかし’83年型のガンマと’86年型NSR250Rが、その車重差2kgを差し引いても「同じ速さ」だとは思えませんでした。

ということで、やはり各社とも目を三角にして「パワー合戦」に突入したのが1983年からではないかと。
そしてそのきっかけを作ったのが、やはりこのRG250ガンマではないかと思う訳です。

【1985年型YAMAHA TZR250】

出典:nostalgicsportsbikes

【1987年型HONDA NSR250R】

出典:dreamgate

RG250ガンマ発売の背景にあったもの


1980年にヤマハのRZ250が発売されます。RZ250は水冷2ストローク並列2気筒で250ccクラストップの35psをマーク。そのスタイルや速さであっという間に大ヒットします。
それに対抗してホンダが1982年に発売したのがVT250Fでした。
当時ホンダが2ストローク全盛のWGP(ロードレース世界選手権)に4ストロークのNR500で果敢にチャレンジしていたためか、2ストロークのRZ250に4ストロークで対抗し、RZ250の35馬力に対して4ストロークで同じ35馬力を達成します。
翌1983年2月にはホンダが唐突に2ストロークモデルMVX250Fを発売。MVX250Fは40馬力でした。
奇しくも同じ日にヤマハはRZ250をモデルチェンジしたRZ250Rを発売。RZ250Rはエンジンに排気デバイスYPVSを搭載し、43馬力の最高出力を絞り出してきました。
そしてなんと同月末にはスズキがRG250ガンマをクラス最高の45馬力で出してきたのです。

これはメーカー間で情報がもれてるのではないかと思うくらい、1983年の2月は40馬力越えの新車が一気に3機種も出るという新車ラッシュでした。
これが世に言う「レーサーレプリカブーム」のきっかけとなったのではないでしょうか。

【1982年型HONDA VT250F】

出典:wikipedia/VT250F

【1983年型YAMAHA RZ250R】

出典:rd350lc

【1983年型HONDA MVX250F】

出典:twwhlspls

レーサー「スズキ・RG500ガンマ」の活躍


「レーサーレプリカ」と呼ばれたバイクの元となる「レーサー」とは、多くの場合WGPの500ccクラスを走るレーサーを指します。
70年台後半からWGPの認知度をが急激に上がっていき、日本においてもバイクブームが高まるにつれメジャーになっていきました。80年代になるとバイクブームもグッと加速してさらにWGPも注目を上げていきます。
そんな中、スズキは1982年のWGP500ccクラスにおいて、フランコ・ウンチーニの駆るRG500ガンマが年間チャンピオンとなり、乗りに乗っていた時期でした。

【1982年チャンピオンマシンRG500ガンマ】

出典:motorsportretro

【ゼッケン1を付けるフランコ・ウンチーニとHBカラーのRG500ガンマ:1983年】

出典:bitubo-raceservice 

スズキは1976年1977年とイギリスの英雄バリー・シーンにて、RG500が2年連続で500ccチャンピオンを得るものの、若きアメリカのエース、ケニー・ロバーツの出現で3年間もチャンピオンを奪われたままでした。
そして1981年にようやくマルコ・ルッキネリのRGB500にてチャンピオンを奪還。1982年も先述の通りフランコ・ウンチーニのRG500ガンマにてチャンピオンをゲットしました。

【1976年1977年連続チャンピオン バリー・シーン】

出典:fasterandfaster

【1981年ヤマハのケニー・ロバーツからチャンピオンを奪回したマルコ・ルッキネリ】

出典:alchetron

WGPでスズキが抜群に速くてかっこよかった時代に生まれたのが、この「レーサーレプリカ」RG250ガンマでした。

スズキ・RG250ガンマはどこが凄かったのか?


スズキのRG250ガンマは偶然にも1983年の2月に競合2社とほとんど同時に発売された訳ですが、RG250E以来スズキが満を持して発売しただけあって、RZ250RともMVX250Fとも異なるケタ外れに衝撃的な車両でした。
それはまるでサーキットからそのまま飛び出てきたかの様なスタイル、絶対的な性能のどちらも持っていたからです。

なぜ、それほどまでにガンマのスタイルに衝撃を受けたかというと、ガンマの発売された1983年2月からちょうど1年前の1982年2月、「GSX750S1」が発売されました。
GSX750S1とは、今でも大人気の1100カタナの初代日本国内仕様車のことです。
ご存知の方も多いかとは思いますが、このGSX750S1の発売時の姿は見事にまで無残な姿だったのです。
「カタナ」の名前も無ければスクリーンも無い。特徴的なカウルに沿うような美しいセパレートハンドルは無残にやたらと高くやたらと手前に寄せられたアップハンに替えられ、本当に無残な姿でした。
全ては当時の運輸省にとって「前例のないバイク」だったために認可が下りず、”カタナなんて危ない名前はダメだ” と言われ ”スクリーンはダメだ” と言われ ”低いハンドルもダメだ” と言われ(本当にそう言われたかどうかは知りませんが、結果ダメだった訳です)、結局日本では「カタナ」は「カタナ」ではなく「GSX750S」として不細工な姿で発売されました。
翌年にはスクリーンやカウルに関しての認可はおりましたが、当時はこのような背景もありRG250ガンマの様な大きなカウルにスクリーン、低いハンドルに驚いたわけです。
また当時初めてのアルミフレームもギラギラと輝き、その存在感をアピールしていました。

【サーキットのピットの様な演出のカタログ】

出典:suzukicycles

【レーサーの様なメーター周りと2.9というパワーウエイトレシオを強調するカタログ】

出典:suzukicycles

今でこそ様々な形のバイクが街中を走り、改造も適正であれば合法的に走れますが、80年台初期はまだまだバイクにとっては色々と制約が厳しい時代でした。
そんな時代に世に出たRG250ガンマは、初めて尽くしで見事に市場のニーズをつかむと同時に、各社の「レーサーレプリカ合戦」の火付け役となりました。

スズキ・RG250ガンマのスペックは?


・排気量:247cc
・最高出力:45ps(33kw)/8500rpm
・最大トルク:3.8kg・m(37.3N・m)/8000rpm
・車体重量(乾燥重量):131kg

既に上で述べましたが、同時期に発売された競合モデルを圧倒するスペックでした。
発売年代順に最高出力と乾燥重量を記すと以下の通り、パワーは劣り車重は重かったのです。
1982年ホンダVT250F:35馬力 149kg
1983年ヤマハRZ250R:35馬力139kg
1983年ホンダMVX250F:40馬力138kg

発売時のカタログには以下の様なキャッチコピーが書かれています。
「ハイパフォーマンスエンジンの条件は、圧倒的なハイパワーそして軽量・コンパクトなこと」
「コーナーを立ち上がりスロットルを開けたとき、そう快な加速感が軽さの意味を教えた」


出典:suzukicycles


出典:suzukicycles

このキャッチコピーの通り、徹底的な軽量化が図られ、競合の乾燥重量が140kg弱のところ、ガンマは実に131kgと驚異的な軽さを実現していました。
さらに1984年の2型ガンマでは127kgとシェイプアップして、その軽さを絶対的な物にしました。

また2型ガンマでは1982年にWGPでワールドチャンピオンとなったフランコ・ウンチーニがHBのスポンサーを受け(HB:ドイツのたばこメーカーで”ハーベー”と読む)1983年シーズンを戦いました。そのカラーリングを市販車のRG250ガンマにも採用し、ますますガンマはWGPの雰囲気が満点のモデルとなります。

写真撮影:T.Miya


出典:daidegasforum

また、フレームには世界初のアルミ製角パイプのダブルクレードル型が採用されました。これが大きく軽量化に貢献しています。これまでコストの問題からこのようなフレームは、WGPのトップクラスのレーサーにしか採用されなかったようなフレームでしたので、市販されたことに驚きました。
このほかにもガンマにはレーサーを彷彿させる様々な魅力的な造りで、マフラーもそれまでの2ストロークのモデルでは「チャンバー」と呼ばれるマフラーの途中が極端に太くなるタイプの物は付いておらず、本物のレーサーの様なサイレンサー別体のチャンバー型マフラーもエンジン特性に大きく貢献した以上に、視覚的にも刺激的でした。

また刺激的と言えばタコメーターにいたっては、3000rpm以下はスケールが刻んでいないという割り切り様で、これもレーサーライクでした。実際3000回転以下は全く使い物にならないエンジンでしたが・・・。

出典:suzukicycles

スズキ・RG250ガンマが与えた影響とは?


1983年に発売されたガンマはクラス最高のパワーとレーサーライクなスタイルを持っていました。
当然売れに売れました。
他社は次々とWGPで戦う「レーサー」を模したモデルを発売することになります。
その進化は凄まじい勢いで、80年台後半にはバイク自体の性能が「レーサーレプリカ」を超えて ”もはやレーサーそのものに保安部品を付けただけではないのか?” という様なモデルまで発売される様になりました。

また80年代は各地のサーキットで行われるロードレースの地方選手権が非常に盛況で、エントリー台数も非常に多い時代でした。
その中でもFⅢクラスは市販車改造クラスで「4ストロークは400ccまで、2ストロークは250cc」という規定で行われます。当初4ストローク400ccクラスの車両ばかりでしたが、高性能2ストローク250ccが続々と発売されるとFⅢクラスは250ccに独占されてしまいました。
SP250クラスは2ストロークモデルのみですが、改造範囲はFⅢクラスより狭く市販車状態の性能がレース結果に結びつくクラスでした。
どちらのクラスも各時代の最強最新モデルが優勝を飾り、市販車の売り上げにも大きく影響を与えました。また80年台後半ではこのSP250クラスで勝つためのモデル「SP仕様」なる市販モデルも各メーカーから発売される様になり、ますます2ストローク250ccは各社が高性能を競い合うクラスとなりました。
その争いは排ガス規制・騒音規制が厳しくなって2ストロークモデルが市場から姿を消し始める90年台後半まで続くこととなります。

【筑波ロードレース選手権 SP250クラスの様子】
ポールポジション(#38)、2番手(#5)ともホンダ1990年型NSR250R-SP

写真撮影:T.Miya

スズキ・RG250ガンマのエンジン音(動画)


今こうやってガンマの排気音を聞くと「あ~ガンマの音だ!」と思うと同時に、後年のNSR250Rなどの音とはまた違う ”古くさい2ストのエンジン音” だなと思いながらも、やはり「良い音だ」と感じてしまいます。

SUZUKI RG 250 WD MK1 1983 restored

To many NOS parts to list She runs nice and looks good i think

スズキ・RG250ガンマに関する筆者まとめ


RG250ガンマの話は懐かしい方には非常に懐かしく、2ストローク全盛期の経験の無い方には興味深く読んで頂けたのではないでしょうか。
筆者の友人二人が当時RG250ガンマの2型に乗っていたので時々借りたりしましたが、信号から発進して少し回転を引っ張り気味にシフトアップしていくとシフトアップするたびに自然にフロントがポンポン上がって「おぉ~っ!レーサーみたいだ!」と面白がっていたのをいまだに覚えています。当時のレーサーはシフトアップのたびにフロントがポンポン浮くマシンが多かったのです。
特に、この2型ガンマは初期型よりさらに軽量化されたため、本当に元気の良いエンジンでした。それゆえにかなりクセのあるバイクには間違いありません。

後の過激になり過ぎたきらいもある「レーサーレプリカ」ブームですが、今思えばこのRG250ガンマはまだまだバイクらしいバイクだった様な気もします。
もちろんこの後に出てくるスーパー2ストロークマシンも大好きな筆者ですが、今どれか一台に乗せてもらえる機会があるとすれば、このRG250ガンマを選ぶかもしれないなと思いながら書いていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加