バイクを買う

BMWから走りを追求したシンプルで高性能RnineTが登場!

BMWの長い歴史を語る上で欠かせない存在となるのが 、水平対向2気筒エンジンのツインフラットエンジン。これを搭載した現在のモデルがR nineTとなります。一つ一つの完成度だけではなく、集合体となって総合的に完成されたR nineTのスペックからすべてを紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

R nineTとは?


出典:BMW公式サイト/R nineT

その始まりは1923年にまでさかのぼります。BMWが造った初めてのオートバイである「R32」の系譜となり、長い歴史の続いているバイクがこのR nineTです。その特徴として、空冷2気筒エンジンであり、水平対向となっている「フラットツイン」エンジンが特徴的でしょう。駆動伝達方式として、シャフトドライブ方式が採用されており、今日に至るまで未だにそれは変わっていません。これまでに数々のモデルチェンジを経て、2013年にR nineTが発売されるにいたりましたが、ボクサーエンジンを搭載した歴史あるバイクの流れを汲んだR nineTは、現代に蘇った純粋なオートバイと呼べるでしょう。

BMW R nineTのモデルバリエーション


このR nineTはデザインや使用用途によってモデルバリエーションが設定されています。純粋に走りを楽しみたい人やアドベンチャーが好きな人、レーサースタイルにしたい人などジャンル別にモデルバリエーションが出ており、購入者の琴線を刺激して止まないでしょう。モデルによってのコンセプトの違いだけでなく、足回りの変化もあります。乗り手の好きなカスタムを施すほどに応えてくれるバイクは、他に例を見ないほどの完成度です。

R nineT

純粋にボクサーエンジンを楽しむ、ユーザー1人1人が完成させていくバイクです。

出典:BMW公式サイト/R nineT

R nineT Pure

無駄をとことんまで削ぎ落とし、ピュアモーターサイクル体験をユーザーの元へ。

出典:BMW公式サイト/R nineT

R nineT Racer

圧倒的な存在感で1970年代のレーサーを彷彿させるモデル。

出典:BMW公式サイト/R nineT

R nineT Scrambler

風を感じて軽快に走るのは非日常を体感するため。

出典:BMW公式サイト/R nineT

R nineT UrbanG/S

パワフルなボクサーエンジンをアドベンチャー仕様にするのもユーザー次第。

出典:BMW公式サイト/R nineT

R nineTの際立つデザイン


出典:BMW公式サイト/R nineT

モデルによって様々な顔を見せてくれるのがR nineTの特徴ですが、そのデザインは無駄を削ぎ落とした無骨さこそ売りとなっています。走りはあくまでも高品質、高性能のままでユーザーの好みによって、デザインを変更することができるのはR nineTならではのラインナップでしょう。そして、なによりも空冷エンジン水平対向2気筒エンジンを載せたR nineTは、車体からはみ出したエンジンに目を奪われてしまいます。どのモデルでも、メカメカしいほどに存在感を放つ魅力が、そのエンジンにこそあるのでしょう。BMW伝統のボクサーエンジンだからこそ、ユーザーの気持ちを掴んで離しません。派手なカウリングなど必要ないほどに洗礼されたバイクという存在を主張することは、なかなか真似することはできません。

空冷・ボクサーエンジンの真髄


出典:BMW公式サイト/R nineT

ボクサーエンジン特有のサウンドと聞くと、重低音の響くようなイメージがあります。そのサウンドは、聞くものを虜にしてしまう魅力を兼ね備えていますが、それだけではありません。乗ったときにこそ、水平対向(フラットツイン)エンジンの特徴は発揮されます。バイクにも車にも欠かせないコーナリング性能を底上げしてくれるものは、重心の位置です。重心が下にあればあるほどに物体は安定することができます。バイクで、コーナーを曲がるときに重心が高いとふらつきやすくなってしまいますが、このボクサーエンジンでは重心の位置を下げることができるので、コーナリング性能も上げることができます。安定感の肝心の要素である「低重心」を身に付けるためには、ボクサーエンジンを使用したレイアウトが理想となるでしょう。

マシンスペック


エンジン等の内燃機関については、モデルバリエーションの違いがあっても、スペック値は変わりません。

型式 4ストロークDOHC水平対向2気筒、1気筒あたり4バルブ
ボア x ストローク 101 mm x 73 mm
排気量 1,169 cc
最高出力 81 kW(110PS)/ 7,750 rpm
最大トルク 116 Nm / 6,000 rpm
圧縮比 12.0 : 1
点火 / 噴射制御 電子制御エンジンマネージメントシステム(DME)、燃料カットオフ機能付
エミッション制御 三元触媒コンバータ、排ガス基準EU4をクリア
性能・燃費燃料消費率 / WMTCモード値 (クラス3)、 1名乗車時 18.9 km/L
燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
電装関係オルタネーター 720 W
バッテリー 12V / 12Ah、メンテナンスフリー

出典:BMW公式サイト/R nineT

モデルバリエーションによる違いはエンジンの性能ではなく、足回りにあります。用途が違うとなると、ハンドリングや乗り心地に影響を最も及ぼす要素として、サスペンションなどがあります。その違いをご紹介します。

モデル R nineT Pure Racer Scrambler UrbanG/S
フレーム スチールパイプ製4ピースフレーム
フロントサスペンション 倒立式フォーク(46 mm径) テレスコピックフォーク(43 mm径)
リアサスペンション BMW Motorrad EVOパラレバー、センタースプリングストラット、片持ち式スイングアーム、可変リバウンドダンピング調整、プリロード油圧調整式>
サスストローク F/R 120 mm / 120 mm 105 mm / 105 mm 125 mm / 120 mm 125 mm / 140 mm
軸距離 1490mm 1530mm
キャスター 107.9 mm 111 mm 103.9 mm 110.6 mm
ステアリングヘッド角度 63.2° 62.4 ° 63.6° 61.5°
ホイール スポークホイール キャストホイール クロススポークホイール
リム F/R F:3.50 – 17″ R:5.50 – 17″ F:3.00 – 19″ R:4.50 – 17″
タイヤ F/R F:120 / 70 ZR17 R:180 / 55 ZR17 F:120 / 70 R19 R:170 / 60 R17
ブレーキ F フローティングダブルディスク、4ピストンモノブロックブレーキキャリバー
ブレーキ R 固定式シングルディスク、2ピストンフローティングキャリバー
全長×全幅×全高(mm) 2,105 mm×870 mm×1,060 mm  2,105 mm×870 mm×1,040 mm 2,105 mm×770 mm×1,125 mm 2,175 mm×880 mm×1,120 mm 2,175 mm×880 mm×1,170 mm
シート高(mm) 805 mm 775 mm 805 mm 820 mm 820 mm
車両重量(kg) 222 kg 216  kg 218 kg 222 kg 221  kg
燃料タンク(L) 18 L 17 L

出典:BMW公式サイト/R nineT

それぞれの足回りの特徴が比較してみるとよくわかります。サスストロークの変更やキャスターの変更などによって乗り味に違いを出しています。フロントサスペンションではR nineTのみが倒立式になっているのは、走りに対し意識をした結果でしょう。

R nineTの装備は?


出典:BMW公式サイト/R nineT

流石BMWと言わざるを得ないほどの充実の安心装備がついています。モデルバリエーションによって、細かいところの変化はありますが、全車共通で装備されているのが「ETC」と「グリップヒーター」になります。どちらもツーリングに行くためには欠かせない装備ですから、初めから付いているのは嬉しいところです。

  • Pure:ローダウン
  • Racer:クロームドエグゾーストパイプ、ASC
  • Scrambler:クロススポークホイール
  • UrbanG/S:ASC、クロススポークホイール、ローシート

以上の装備がそれぞれのモデルでの標準装備となっています。

R nineTの足つきや乗り心地について


足つきや乗り心地もモデルによって大きく変わってくるところではありますが、シート高820mmのScrmblerとUrbanG/Sの足つきは、小柄な方だと少し厳しいです。しかし、スリムなシートなので同じシート高のバイクと比べると足つきは良いと感じるでしょう。シート高805mmのR nineTやRacerは170cm60kgの成人男性だと、かかとまで足が接地するほどの足つきとなっています。そして、一番シート高の低いPureについては775mmのシート高とスリムなシートで、大型バイクでは感じることのできないようなしっかりとした足つきになります。問題の乗り心地については、モデルによって違います。R nineTを例に挙げていくと、運動性能に驚かされます。ボクサーエンジン特有の低重心と、高品質な足回りの融合によって安定感のある走りをすることができそうです。

BMW R nineTの新車・中古車販売価格


出典:BMW公式サイト/R nineT

約1200ccという排気量で、歴史あるBMWのシリーズバイクとなるわけですから、それなりに価格はするものです。しかし、価格以上の感動をユーザーに与えてくれるバイクでもあります。装備も充実して、カスタムの幅も広いですから、世界に1台のバイクを見つけてみましょう。

新車販売価格

R nineT Pure Racer Scrambler UrbanG/S
2,058,000円 1,736,000円 1,896,000円 1,887,000円 1,899,000円

出典:BMW公式サイト/R nineT

中古車販売価格(2019/03/04時点)

R nineT Pure Racer Scrambler UrbanG/S
111万円〜221万1000円
124万8000円〜158万円
134万8000円〜171万5000円
119万9000円〜179万円
123万9900円〜162万円

出典:BikeBros/R nineT

新車販売価格から大して値落ちしていませんでした。中古車の流通量も多くもなく、少なくもなくといった感じで、自分好みのバイクを見つけようとすると案外見つかりにくいかもしれません。

R nineTの評価


現在BMWでは、ツアラーやアドベンチャー、スーパースポーツに目線が行きやすくなっていますが、R nineTは独自のファン層によって成り立っています。昔ながらの伝統であるフラットツインエンジンは、このR nineTでしか現代では味わうことができないほどの完成度です。個々の部品に目を向けるよりも、1つ1つの持ち味を拾い上げている、総合的な完成度の高さに惚れ惚れしてしまうでしょう。最先端技術を盛り込んだうえでBMWが目指したのは、走る楽しさです。バイクに乗ることが辛いことにならない工夫も、ユーザーには伝わっています。

BMW R nineTの総評


出典:BMW公式サイト/R nineT

完成度が高く、車両のモデルバリエーションも豊富であるため、選ぶ楽しさもあります。また、購入しただけで満足してもらうのではなく、個々のユーザーに合わせてカスタマイズする余地を残しているのも好感が持てますね。自由度の高さと完成度の高さの両立と、バイクで走る楽しみを提供してくれるR nineTはBMWが誇る至上のバイクであると言っても過言ではないほどです。ただ、どうしても輸入車ということから価格の高さによっては、手が出しにくいですが、生涯に1度は乗ってみたいボクサーエンジン搭載のバイクですね。

BMW R nineT画像集


Fog ain’t gonna stop us 🌫 🏍 #bmw #motorcycle #rninet #sundayfunday 🖤

89 Likes, 2 Comments – NIGHT RIDE Co (@nightrideco) on Instagram: “Fog ain’t gonna stop us 🌫 🏍 #bmw #motorcycle #rninet #sundayfunday 🖤”

BMW R nineT動画集


R nineT Racer (BMW/2017) バイク試乗ショートインプレ・レビュー・JAIA合同試乗会ダイジェスト Vol.2 BMW R nineT Racer TEST RIDE

2017年4月20日、大磯ロングビーチ特設会場で開催されたJAIA (日本自動車輸入組合) 合同試乗会において収録したBMW R nineT Racerの試乗ショートレビューをお送りします。 ~以下、BMW Motorrad JapanのWEBサイトより抜粋~ R nineT Racerは、1970年代のスポーツモデルを彷彿させる、レーザースタイルのバイク。伝説のスーパーバイクの時代を追体験できるモデルですが、単なるレトロ主義やなロマンチシズムを追ったバイクとは一線を画す存在。BMW Motorradならではの革新的な技術、クオリティから生まれたカスタマイズ可能なバイクです。人目を引く、ハーフタイプのロケットカウルにセパレートハンドルを採用し、低いハンドルグリップを握ると、ライダーは完全なクラウチングスタイルとなり、パワフルなボクサーエンジンの独特なフィーリングを体感できます。好ポジションにつけていち早くコーナーを駆け抜ける。それができるのは、ストリートでも、人生でも、この R nineT Racerのような強い個性の持ち主だけです。 【関連ページ】 BMW R nineT Racer 製品概要 http://www.bmw-motorrad.jp/jp/ja/bike/heritage/rninet_racer/rninet_racer_overview.html 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ #MotoBasic

R nineT Pure (BMW/2017) バイク試乗ショートインプレ・レビュー・JAIA合同試乗会ダイジェスト Vol.3 BMW R nineT Pure TEST RIDE

2017年4月20日、大磯ロングビーチ特設会場で開催されたJAIA (日本自動車輸入組合) 合同試乗会において収録したBMW R nineT Pureの試乗ショートレビューをお送りします。 ~以下、BMW Motorrad JapanのWEBサイトより抜粋~ R nineT …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加