ニュース

ホンダの自立するバイク『Honda Riding Assist』が凄い!【速報】

Hondaはアメリカのラスベガスで開催されているCES2017(家電見本市)で、自立するバイク『Honda Riding Assist』を発表しました。『Honda Riding Assist』はロボットASIMOもバランス制御技術を応用して実現した実験車とのことです。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加


出典:HONDA

倒れないバイク『Honda Riding Assist』


■ASIMOの技術を応用

ホンダニュースリリースより

ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用した、世界初公開の実験車です。ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減します。一方で、通常の走行時には、既存の二輪車と同等の操縦性を実現しています。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案です。

■『Honda Riding Assist』圧巻の走行動画が凄い!

Honda Riding Assist

In a global debut at CES, Honda unveiled its Riding Assist technology, which leverages Honda’s robotics technology to create a self-balancing motorcycle that greatly reduces the possibility of falling over while the motorcycle is at rest.

■ホンダASIMO

ASIMOとは、Advanced Step in Innovative Mobilityの略で「新しい時代へ進化した革新的モビリティー」の意味がある。

出典:HONDA

世界の倒れないバイクが凄い!


これまでもRiderでは、自立するバイク(倒れないバイク)を数々紹介してきました。
BMW Motorradが転ばない未来のバイク『VISION NEXT 100』を発表!

搭載技術
■ジャイロセンサー
車体のわずかな傾きの変化を感じ取るセンサーです。この技術の応用で、ムラタセイサク君®が完全停止しても自立して倒れず、さらに超低速走行を可能にしています。

■超音波センサー
自動車技術でおなじみの超音波を発信。その音波を使い、物体からの反射波を受け取るまでの時間差を瞬時に計測。物体までの距離を測っています。ムラタセイサク君®はこの超音波センサーで障害物を検知し、衝突を防いでいます。

■ショックセンサー
振動や衝撃を検知するセンサーがショックセンサーです。現在は、パソコンのハードディスクや自動車のエアバッグシステムなどにも使われていyる、とても身近な技術です。ムラタセイサク君®は、ショックセンサーにより、路面の凸凹や段差による車体への衝撃を検知し、制御に生かしています。

 

 
倒れないバイク!LIT MOTERSをAppleが買収検討か?

■倒れないバイクLIT MOTERS「C-1」について
LIT MOTERSが開発している「C-1」は電気を動力とする二輪車で、車内に“ジャイロ”を搭載し停車時で安定し続ける、つまりは「倒れない」バイクだそうです。

【速報】高速道路も走れるLMW『ヤマハTRICITY(トリシティ)155 ABS』が遂に発売!

 

 

■LMW:Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)とは
ヤマハは車輪及び車体全体がリーン(傾斜)して旋回する3輪以上のモビリティをLMW:Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)と呼ぶ。

■LMWテクノロジー
「パラレログラムリンク」と「片持ちテレスコピックサスペンション」を独自の車体設計に調和させ、走りの爽快感と安定感を両立した技術がLMW:Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)。

「パラレログラムリンク」は、コーナリング時にフロント二輪と車体を同調させ、リーンさせる機能。二輪の設置幅の変化も少なく、自然な操作感と乗りやすさを味わえる。

■LMWが持つ8つのメリット
①段差通過時
前二輪それぞれに独立して取りつけられたサスペンションとLMW機構が両方働くことで、段差や衝撃を吸収する役割を果たすこと。

②石畳・荒れた路面での走行時
前二輪それぞれに独立して取りつけられたサスペンションとLMW機構が両方働くことで、石畳や荒れた路面でも、ギャップの吸収性が高く、良好な乗り心地をもたらすこと。

③濡れたマンホール・石畳・トラムレール・砂まじりの道路での走行時
前輪の左右どちらかがグリップを失ったとしても、もう片方がグリップしていれば、滑りやすい路面状況でも影響を受け難くなる。ゆえに前輪のスリップによる転倒リスクが低減すること。

④巡航時
LMWは、軽快、機敏でスポーティなハンドリングと車両の性能から生まれる安定感によって、新しい楽しさを提供すること。

⑤コーナリング時
独自のLMW機構により、旋回時には前二輪が車体と同調してリーンし、路面の変化にもしっかりと追従するので安定感が高いこと。旋回時、外輪か内輪のどちらかがグリップを失ったとしても、もう片方がグリップしていれば、滑りやすい路面状況でも影響を受け難くなる。ゆえに前輪のグリップによる転倒リスクが低減されること。

⑥ブレーキング時
LMWは直進時に万が一の急停止の場合でも、前輪がロックしにくいため、前輪ロックによる転倒リスクが低減される。前二輪であることによって高いグリップ力が得られるため、制動力が高まること。

⑦横風がある状況
前二輪のため、急な横風でもふらつきが少なく安定感が高いこと。

⑧低速走行時
前二輪のため、発進直後や停止直前のハンドルのふらつきが少なく、安定感が高いこと。

 

 

倒れないバイク『Honda Riding Assist』の今後の展開に注目!


日本が誇るHONDAが技術発表したこのHonda Riding Assist…
そう遠くない将来に「転倒しない」、より安全・安心なバイクが街中にあふれているかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加