その他

【バイク用語】ハイサイドってなに? 転倒を防ぐ方法は?

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

MotoGPなどで聞かれるバイク用語『ハイサイド』。これはいったいどのような現象をさすのでしょうか?
映像がわかりやすいので、まずはこちらの動画をご覧ください。YouTubeに上がっている”ハイサイド集”です。

High Side Crash Compilation

Wow….. Glad the Spyder won’t do this!

ハイサイドとは?


ハイサイドとは、バイクの転倒を表す言葉です。

いったんグリップを失ったタイヤがふたたび急激にグリップを取り戻し車体が起き上がる現象を指しています。
例えばコーナーを左に曲がっていき車体を左に倒しこんでいる際、グリップを失うとそのままリアタイヤが横滑りしていきます。
そこでライダーが横滑りの危険に気づきアクセルを戻すと急激にグリップが回復し寝ていたバイクが急に引き起こされてしまいます。馬が跳ねるかのようにバイクが暴れ、ライダーも吹っ飛ばされ転倒に至ります。


出典:YouTube/Finless Bob

ハイサイドは旋回中などでタイヤが横方向に滑ったのち、摩擦力が急速に高くなった場合に発生する。横滑り中にタイヤのグリップが回復すると、車体の重心に働く慣性力とタイヤの接地面に働く摩擦力は偶力として働き、滑った方向へ車体を起こそうとするロールモーメントが発生する。摩擦力の上昇が急速な場合はロールモーメントが大きく、運転者が対応できずにバランスを崩し、転倒に至る場合がある。ロールモーメントが大きいほど車体が起き上がる角加速度が高くなり、乗員が車上から投げ出されたり、路面に強く叩きつけられたりする。車体が滑った方向へ倒れることから、乗員は車体が倒れる先へ投げ出される場合が多い。また、タイヤのグリップが回復した瞬間にサスペンションが縮み、その反動が乗員を高く跳ね上げて危険な現象となる場合もある。

出典:wiki/ハイサイド

主にサーキットで見られる転倒で、公道でハイサイドが起きるというのはかなり危険なライディングをしているということになります。
くれぐれもハイサイドなどは起きないような安全運転を心がけたいものです。

ハイサイドによる転倒を防ぐ方法は?


私たちのような素人がハイサイドを防ぐのは至難の技だと言われています。現実的には不可能に近いかもしれません。

リアタイヤがグリップを取り戻すことがハイサイドの主たる原因ですから、理論上は、アクセルを一気に戻さずに少しだけ戻すことができればハイサイドの発生を未然に防ぐことができます。


出典:motorcycledaily.com

ただ、そもそも車体が滑りかかっていて「危ない!」と思うからアクセルを戻すのであって、そんな緊迫した瞬間に冷静さを保って「アクセルをちょっと戻す」などということができる人はほとんどいないでしょう。ほとんど天才的なライディングです。

・・・というわけで、ハイサイドが万一起きてしまったら一般ライダーには防ぎようがありません。

そもそもMotoGPを戦っているトップクラスのライダーでもハイサイドが起きてしまったあとはバイクに吹っ飛ばされてしまっています。なので、「絶対にハイサイドが起きないように安全に運転する」ということが重要になります。それ以外はハイサイドによる転倒を防ぐことはできないということなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加