ニュース

【2017年登場】インターモト2016で発表された注目バイク5選(後篇)

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

世界最大級のモーターサイクルショー『インターモト』が2016年、ヨーロッパ市場の中心地ドイツ・ケルン市で10月4日から開催されています。そのインターモトで注目のバイク5台を【2017年登場】インターモト2016で発表された注目バイク5選(前篇)としてご紹介いたしました。今回はその後篇となります。

後篇の今回は、国内のみならず輸入車も含めた注目の5台(Kawasaki Z1000SX(Ninja1000)、Suzuki V-Strom 1000/V-Strom 1000XT、Suzuki V-Strom 650/650XT、Ducati SuperSport S、Triumph Street Cup)をピックアップしてまとめます。
 

 

【1】2017 Kawasaki Z1000SX(Ninja1000)


スポーツツアラーとして人気の高いNinja1000がモデルチェンジして発表されました。外観は、最新のNinjaシリーズのイメージを踏襲した新しいデザインで、LEDヘッドランプを採用などにより、さらに精悍でシャープなデザインになっています。総排気量1043ccの水冷4ストローク並列4気筒エンジンは、パワフルでありながら、扱いやすいエンジン特性としてコントロール性と快適性を両立しています。
新形状のスクリーンとカウルをはじめ、座面を大きくして快適性を高めたシートなど、ツーリングにもってこいのリファインが施されています。




出典:CYCLE WORLD

Intermot 2016, Kawasaki Z1000SX 2017

 

 

【2】2018 Suzuki V-Strom 1000/V-Strom 1000XT


V‐Stromシリーズの最高峰V‐Strom1000がフルモデルチェンジ。スポーツアドベンチャーツアラーとして、長距離ツーリングでの様々な状況で、安全かつ快適にライディングを楽しむことができるよう装備、機能をより一層充実させて登場しました。今回のモデルチェンジと同時に、ワイヤースポークホイール仕様の「V‐Strom1000XT」を追加しました。





出典:CYCLE WORLD

2018 Suzuki V-Strom 1000 and V-Strom 1000XT First Look

 

 

【3】2017 Suzuki V-Strom 650/650XT


V-Strom 1000/V-Strom 1000XTとともに、中型排気量スポーツアドベンチャーツアラーV-Strom 650/650XTもフルモデルチェンジ。今回より上級のV-Strom 1000/V-Strom 1000XTと共通のフロントデザイン(ライト周り)に変更され、「V‐Stromシリーズ」としてさらに進化。
エンジンは出力、トルクとも向上させ、よりダイナミックに走りを楽しめるようになりました。ワイヤースポークホイール仕様の「V‐Strom650XT」にはナックルカバーとアンダーカウリングを標準装備し、オフ指向のユーザーに応える仕上がりとなっています。





出典:CYCLE WORLD

2017 Suzuki V-Strom 650 Official Video

 

 

【4】2017 Ducati SuperSport S


スポーティな外観でありながら日常的な移動やツーリングにも適応できる「スーパースポーツ」がDucati SuperSport Sです。最高出力113hpを発揮するドゥカティ伝統のL型2気筒エンジンを搭載。燃料タンクは16リッターで中距離のツーリング向きの設定となっています。「ドゥカティ・セーフティ・パック」(ボッシュ製ABS、8段階のドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC))を標準装備。さらに3段階のライディング・モード(スポーツ、ツーリング、アーバン)選ぶことが可能となっています。走行中であってもライディング・スタイルや路面の状態に合わせて3つのモードを選択できるこのシステムは、エンジンのパワー特性、DTCおよびABSの介入レベル、メーターパネルのグラフィックを瞬時に変更することができる優れたシステムとなっています。





出典:CYCLE WORLD

Ducati ‘s all new SuperSport & SuperSport S 2017

 

 

【5】2017 Triumph Street Cup


Street Twinのストリップバックスタイルから生まれたStreet Cupは、自信に満ちたストリートレーサーそのもので圧倒的な存在感を放ちます。コンパクトな車体とStreet Twinのモダンな仕上げが特徴。本格的なブレットシート、取り外し可能なカフェレーサーシートカウルなど、新たなアーバンスポーツ機能が備わっています。 ドロップタイプの「Ace」バー、独自のリアサスペンション、新型Nissinツインピストンスライディングフロントキャリパーなどを装備。900cc高トルク型Bonnevilleエンジンは、市街地そしてワインディングで真価を発揮します。サテンブラックとステンレススチールのツインサイレンサー、ライド・バイ・ワイヤ、切替式トラクションコントロール、ABS、トルクアシストクラッチ、低いシート高など、ライダー重視のテクノロジーを採用し、信頼性、快適性、コントロールをレベルアップさせています。



出典:CYCLE WORLD



出典:revzilla

2017 new Triumph Bonneville Street Cup first photos & details

 

 

おわりに


前篇、後篇と2回にわたって『インターモト2016』に出展された国内外の10モデルをご紹介いたしました。
国内4メーカーはもとより、海外の主要メーカーも多くの意欲作を発表しています。2017年NEWモデルの発売が待ち遠しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加