バイクに乗る

【二輪免許】スラローム攻略に必要なアクセルワークとブレーキングのコツ【攻略法】

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

佐々木雅也のスラロームレッスン

二輪指導員 佐々木雅也によるスラロームの要領とポイント解説です。 教習の予習、復習に活用してくださいね

二輪免許取得時の難関と言えば「スラローム」と答える人も少なくないでしょう。他にもクランクや急制動、一本橋など様々な課題がありますが、その中でもスラロームに関しては「早くクリアしなければいけない」という条件が付くため、どうしても失敗が多くなります。

そんな難しいスラロームですが、しっかりと基礎を覚えれば問題なくクリアすることが出来ます。実は、思っているほど難しくないと感じられるようなポイントを紹介していきます。

※アクセルワークに関して、より詳しく紹介している記事はこちら「【スラローム攻略】アクセルワークのポイント

スラロームのポイント


出典:YouTube/沼田自動車学校

まずは、スラローム攻略に必要なポイントを紹介します。スラローム攻略に必要なポイントはいくつもありますが、「とりあえずこれを意識しておけば攻略できるようになる」というポイントは以下の2点です。

  • アクセルワーク
  • ライン取り

至極当たり前のことを言っている訳ですが、とどのつまりこれが出来なければお話にならないという事です。さて、それでは上記2点に関してもう少し詳しく紹介していきます。

【スラローム攻略】アクセルワークのポイント


アクセルワークのポイントは「タイミング」です。どこでアクセルオフにして、どこでアクセルオンにするのかを理解していれば攻略難易度はぐっと低くなります。

まずはアクセルオフ

高い旋回力を得るためには、一旦アクセルをオフにして推進力を旋回力に転換する必要があります。画像の通り、「曲がるきっかけを作るタイミング」ではすでにアクセルオフにしておきましょう。

出典:YouTube/沼田自動車学校

旋回中はパーシャル

前輪(車体)が進みたい方向を向いたらアクセルオンして車体を引き起こします。

出典:YouTube/沼田自動車学校

アクセルは一瞬だけで十分

アクセルオンの意味は「車体を引き起こすこと」にあります。車体が起き上がって次のターンに向けた動作に移れる状態になれば良いので、ほんの一瞬だけで十分です。アクセルオンの状態が長すぎると加速が大きくなってしまい、次のターンが難しくなってしまいます。

出典:YouTube/沼田自動車学校

アクセルワーク要点

・ターン前にアクセルオフ
・前輪タイヤ(車体)が「行きたい方向を向いた時」にアクセルオン
・アクセルオンは車体を起こすための一瞬で十分

【スラローム攻略】ライン取りのポイント


スラローム攻略は「適切なライン取り」も大切です。進むべき進路(走行ライン)が理想に近ければ近いほど、必要な動作の量も少なく済みます。最小限度の動作で済むように意識しておくと、自然に理想的なラインを通ることができるようになります。

中間地点を目印にする

一直線に並んだパイロンを効率的にクリアする為には、画像にある通り「パイロン間の中間」を前輪が通るように意識しましょう。これによって理想的な走行ラインを作りやすくなるため、バイクの操作量も一定に揃えることができます。

出典:YouTube/沼田自動車学校




  • このエントリーをはてなブックマークに追加