バイクを買う

おすすめの400ccフルカウルバイク一覧徹底比較! 新車と中古のどちらが良いか

400ccフルカウルバイクの人気がジワジワを上がってきています。普通自動二輪免許で乗れ250ccバイクよりもパワーがあり、外観のカッコよさあたりが人気の理由といえるでしょう。そこで400ccフルカウルバイクの車種すべてを性能・乗りやすさ・中古車価格まで比較しおすすめの車種をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

日本の免許制度上、普通自動二輪免許で乗ることができる最大の排気量である400ccバイクは、新車で購入できる400ccフルカウルバイクはかなり限られてきたにもかかわらず、中古車市場で価格が高騰中です。そんな400ccフルカウルバイクを購入するのに、新車がいいのか中古車がいいのか検証していきたいと思います。

400ccフルカウルバイクの魅力はどこにあるか



出典:SBN
400ccフルカウルバイクの良さはどこにあるのか、3つ上げてみましょう。

400ccフルカウルバイクは見た目がカッコいい

400ccフルカウルバイクの魅力は何かというと、まず見た目のカッコよさにあります。世界最候補のオートバイレースMotoGPの人気が日本でもジワジワきているなか、フルカウルバイクの販売台数は多くなっています。乗れば気分はレーサー。そんな充実感を与えてくれるのがフルカウルバイクのいいところです。特に1990年代の400ccフルカウルバイクは市販車で争われるスーパーバイク世界選手権(WSBK)や鈴鹿8時間耐久レースのマシンをそのまま400ccにサイズダウンしたバイクが多いです。代表的なのはホンダRVF400、ヤマハFZR400RR、スズキGSX-R400R、カワサキZXR400は、レースから得た技術をフルにフィードバックし製造されました。

400ccフルカウルバイクは高性能で速い

400ccフルカウルバイクの魅力の2つ目は、圧倒的な性能と速さです。250ccフルカウルバイクは各メーカーしのぎを削って開発していますが、絶対的な性能というより、ひと昔前のフルカウルよりマイルドな味付けになっています。主流となっているエンジンは単気筒や2気筒のエンジンであり、1990年代の4気筒バイクより燃費はよく、それでいて運動性もそこそこよく、サーキットを思いっきり攻めることだってできます。ビギナーからベテランまで楽しめるのがフルカウルバイクです。
400ccフルカウルバイクでは、これら250ccフルカウルバイクの良さをそのままに排気量をアップし、250ccでのパワー不足を補ってエンジンの低回転からどんどんバイクが進んでいくトルク感は、乗りやすさを向上させます。250ccでは少し物足りないと感じるライダーにはピッタリでしょう。

400ccフルカウルバイクは普通自動二輪免許で乗れる

400ccフルカウルバイクの魅力の3つ目は、普通自動二輪免許で乗ることができます。バイクの良さでは、多くのライダーに乗ってもらうことも重要です。大型免許とまでいかなくても、バイクの免許を取ったばかりの10代・20代の若いライダー、思い切って免許を取った女性ライダー、昔憧れていたバイクに乗りたくてやっと免許を取ったライダーでも乗ることができるユーザーフレンドリーなバイクが400ccバイクにはあります。車格は大きすぎず小さすぎず、扱いやすいパワー感は、乗ったらすぐに慣れてスイスイと操ることができます。

新車で購入できる400ccフルカウルバイク一覧を紹介


400ccフルカウルバイクをスペック、新車価格、中古車価格、口コミ、燃費などを見ていきましょう。まずは新車で購入可能なバイクからご紹介していきます。

ホンダCBR400R


出典:ホンダ
ホンダのRVF400製造終了から10年以上も経ち、再びリリースした400ccフルカウルバイクがCBR400R。といっても、以前の400ccフルカウルバイクよりもエンジンパワーの出方はマイルドで低回転からでもスムーズな加速をしてくれます。並列2気筒エンジンに最新の電子制御式燃料噴射装置(PGM-FI)を採用しているため、高燃費で通勤通学、街乗り、ツーリングすべてにおいて、大きさとパワーともに丁度良さを実感できる400ccフルカウルバイクです。

ホンダCBR400Rのスペック※【 】内はABS車
エンジン形式: 水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量:399cc
ボア×ストローク:67.0×56.6mm
最高出力:34kW(46ps)/9,500rpm
最大トルク:37Nm(3.8kgf)/7,500rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:2,075mm×740mm×1,145mm
ホイールベース:1,410mm
シート高:785mm
車両重量:192【194】kg
タンク容量:15L
フロントタイヤサイズ:120/70ZR17 M/C 58W
リアタイヤサイズ:160/60ZR17 M/C 69W
燃費(60km/h定地走テスト値):39.7km/L
カラー:ロスホワイト、ヴィクトリーレッド、グラファイトブラック
新車価格:69万9,840円~78万3,000円

ホンダCBR400Rの口コミ

中低速域ではCB400SBを上回るほど乗りやすいことに驚きました。各評価記事を調べてみると、評価が高いですね。おまけにSBに比べ15万円も安いことも大きく背中を押しました。
引用元:価格.com

結果的には、買って満足! もうちょっとアフターマーケットのパーツが出てくれるといいな。
引用元:みんカラ

実際のところホンダCBR400Rの燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと街乗りでは22~30km/Lといったところです。しかし、一般道路を走行し30km/Lぐらいまで走行したという意見も多数あり、表示燃費と実際に走った燃費での違いは少なく、燃費に満足するユーザーがほとんどです。

ホンダCBR400Rの中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は33万5,000円から78万3,000円の間です。
(参考: バイクを売るならどこ?)

年式別で見てみると
2013年式:40~65万円
2014年式:40~55万円
2015年式:55~60万円
2016年式:55~75万円
(参考: ウィビック)

CBR400Rについての関連記事
【ホンダ CBR400R】ってどんなバイク? インプレを含めながら検証してみた。
【国産唯一】普通二輪免許で乗れる国産唯一のクロスオーバーモデル『ホンダ400X』

カワサキNinja400/Ninja400 ABS Special Edition


出典:カワサキ
2010年から2013年まで販売されたニンジャ400Rの後継車として発売されたのがNinja400。ニンジャが英語表記になり、語尾のRがなくなっただけではないかと思ってしまいますが、フレームやスイングアームを一新されています。スポーツツアラーとして、フルカウルでアップハンドル、大きめのスクリーンは先代のニンジャ400Rと変わりありませんが、フレームの剛性を高め、スイングアームを長くし、リアサスペンションの動作範囲を広く確保しています。これにより、ハードなスポーツライディングでも気にならないフレームの硬さを確保し、ワインディングやサーキットまで楽しく乗れてしまう400ccフルカウルバイクになっています。

カワサキNinja400/Ninja400 ABS Special Editionのスペック※【 】内はABS車
エンジン形式:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量: 399cc
ボア×ストローク: 68.4mm×54.3mm
最高出力: 32kW(44ps)/9,500rpm
最大トルク: 37N・m(3.8kgf・m)/7,500rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高: 2,110mm×770mm×1,180mm
ホイールベース: 1,410mm
シート高: 805mm
車両重量: 209【211】kg
タンク容量:15L
フロントタイヤサイズ: 120/70ZR17M/C(58W)
リアタイヤサイズ: 160/60ZR17M/C(69W)
燃料消費率(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時):37.5km/L
カラー: メタリックグラファイトグレー×メタリックスパークブラック、キャンディバーントオレンジ×メタリックスパークブラック、【メタリックグラファイトグレー×メタリックスパークブラック】
Ninja400新車価格:66万8,520円~74万880円
Ninja400 ABS Special Edition新車価格:66万8,520円
Ninja400新車販売価格相場:56万6,000円~84万1,300円

カワサキNinja400/Ninja400 ABS Special Editionの口コミ

全体的にちょうどいいバイクだと思う。町のりもできて、高速も走れて、ツーリングもできるし、重くなく 維持費もそんなにかからない。
バイクのちょうど真ん中って感じ。SSは機能有りすぎ、ニーハンは小さすぎって思っている人用。
引用元:価格.com

実際のところカワサキNinja400/Ninja400 ABS Special Editionの燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと街乗りでは20~30km/Lといったところです。前モデルのニンジャ400から燃費面ではそこまで改善されていません。ライバル車のホンダCBR400Rと比べれば、燃費ではホンダCBR400Rが勝っているようです。

カワサキNinja400/Ninja400 ABS Special Editionの中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は42万9,000円から70万4,000円の間です。
(参考: バイクを売るならどこ?)

年式別で見てみると
2013年式:45~60万円
2014年式:40~70万円
2015年式:45~70万円
2016年式:45~65万円
(参考: バイクブロス)

KTM RC390


出典:TheRideAdvice.com
KTMが打ち出すミドルクラスのフルカウルバイクがこのRC390。KTMはオーストリアのバイクメーカーであり、日本の免許制度のために400ccバイクを作ったわけではなく、正当なワールドワイズのバイクです。マシンのサイズはかなり小さく、CBR400RやNinja400のようなツアラースポーツではなく、サーキットやワイディング向けの味付けです。それゆえにRCの意味は“Race Competition”の略であり、KTMが目指すロードスポーツバイクの方向性がうかがえます。思いっきりスポーツ走行したいライダーには是非おすすめしたい400ccフルカウルバイクです。

KTM RC390のスペック
エンジン形式: 水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
総排気量: 373.2cc
ボア×ストローク:89.0×60.0mm
最高出力:32kW(44ps)/9,500rpm
最大トルク:35Nm/7,250rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:1,995mm×705mm×1,099mm
ホイールベース:1,340±15mm
シート高:820mm
車両重量:147kg
タンク容量:10L
フロントタイヤサイズ: 110/70ZR-17
リアタイヤサイズ: 150/60ZR-17
カラー:ホワイト
新車価格:66万2,600円

KTM RC390の口コミ

シート高は820㎜とやや腰高ながら、ステップとの距離がしっかり確保されているので、ヒザの曲がりは窮屈ではない。上半身の前傾はCBR250Rやニンジャ250よりもわずかに深いが、600㏄やリッタークラスのスーパースポーツほどではなく、バランスは優秀だ。
引用元:ウィビック

実際のところKTM RC390の燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと、だいたい25〜35km/Lです。しかし、燃費はメーカーから公表されていないにもかかわらず、ハイオク給油で平均30km/Lは走り、スポーツ走行向けでありながら燃費はかなり良いようです。

KTM RC390の中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は34万円から68万円の間です。
2015年式:34~58万円
2016年式:64~66万円(ほぼすべて新車)
(参考: バイクブロス)

絶版となってしまった400ccフルカウルバイク


2ストロークエンジン全盛期だった1980年代後半から1990年代前半にかけて、4ストローク400ccフルカウルバイクも開発がすすめられ、この時代の400ccフルカウルバイクは現行のものよりかなりハイスペックです。

ホンダCBR400RR (1990年モデル以降の型式NC29)


出典:MOTOSaigon
「4ダボ」の愛称で呼ばれたCBR400RR。1986年に初代CBR400Rが発売され、1988年にCBR400RRへとなりましたが、ここでは1990年以降のモデルチェンジされたCBR400RR(NC29)を紹介したいと思います。VFR400Rが人気だった中、カムを通常のチェーン(カムチェーン)やベルト(タイミングベルト)ではなく、ギアを利用する方式のカムギアトレーンを採用した並列4気筒エンジンを搭載したCBR400RRはカムギアトレーン独特の音と速さで人気となり、2000年まで製造された人気のバイク。ホンダを代表する400ccフルカウルバイクのCBRはここから始まったといってもいいでしょう。

ホンダCBR400RRのスペック※【 】内は1992年以前モデル
エンジン形式:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量:399cc
ボア×ストローク:55.0×42.0mm
最高出力:53ps【59ps】/12,500rpm
最大トルク:4.0kgf/10,000rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:2,020mm×675mm×1,110mm
ホイールベース:1,380mm
シート高:765mm
車両重量:164kg
タンク容量:15L
フロントタイヤサイズ:120/60R17 55H
リアタイヤサイズ:150/60R18 67H
中古車相場:31~62万円
燃費(60km/h定地走テスト値):34.0km/L
製造期間:1990年~2000年(型式NC29)

ホンダCBR400RRの口コミ

・長所
燃費最高
あんがい疲れない。お尻も痛くならない。
足つきべったり。身長170で

・短所
トルクがもう少しほしいかな。
通勤最速ですがね。乗り方の問題かな、曲がらない。
チョークレバーが固定できない。ずっと持ってないと落ちてくる。
引用元:バイクヤード

実際のところホンダCBR400RRの燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと街乗りでは18~25km/L、高速道路では20~30km/Lといったところです。多くの燃費に関する口コミを見てみると、燃費に関して不満を持っているユーザーは少なく、逆に燃費は良いという声が多いです。

ホンダCBR400RRの中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は26万円から59万9,900円の間です。(参考: バイクを売るならどこ?)
1990年以降のモデルであれば、年式によっての価格の差はほとんどなく、馬力規制が絡んでくる1993年モデル前後でも価格帯の差はありません。もちろん低走行で状態の良いものは値段が高く、デビューした1990年式で車検なし走行距離1万2000キロでも55万円という高値で販売されています。

ホンダRVF400


出典:MCS
400ccフルカウルバイクの中古車市場で最も人気が高いのはホンダRVF400です。デビュー前はVFR400Rの後継モデルとしてデビューしたRVF400は各部に高価なパーツが使用されており、峠では750ccバイクや250cc2ストレプリカバイクと同等もしくはそれ以上の速さがありました。車体横にある「RVF」の色が白だと1994・1995年モデルで、黄色だと1996年以降のモデルです。

ホンダRVF400のスペック
エンジン形式: 水冷4サイクルV型4気筒DOHC4バルブ
総排気量:399cc
ボア×ストローク:55.0×42.0.mm
最高出力:53ps/12,500rpm
最大トルク:3.7kgf/10,000rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:1,985mm×685mm×1,065mm
ホイールベース:1,335mm
シート高:765mm
車両重量:165kg
タンク容量:15L
フロントタイヤサイズ: 120/60R17 55H
リアタイヤサイズ: 150/60R17 66H
燃費(60km/h定地走行テスト値):30.0km/L
製造期間:1994年~2000年

ホンダRVF400の口コミ

満足している点
1.ワークスマシンRC45を思わせる戦闘的なスタイル。
2.心地いいV4エンジン。好みの問題ですが、僕は直4より好きです。
3.倒しこみが軽い。以前乗っていた400ccネイキッド(CB-SF)に比べ、格段にコーナーが曲がりやすいです。
4.気持ちよく吹け上がるエンジン。4000回転前後にトルクの谷がありますが、それを越えるとレッドゾーン付近まで気持ちよく吹け上がります。
不満な点
1.夏は熱い!他の方も書かれてますが夏は熱いです。まぁ購入前に覚悟はしていたのでそれほど苦にはなりません。
2.トルクの谷がある。僕のRVFだけではないはずですが、4000回転前後でもたつく感じがします。フルエキを入れれば改善されるのか??改善策はよく分かりません。
引用元:バイクブロス

実際のところホンダRVF400の燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと15~20km/Lくらいといったところです。かなりレーシーな味付けのエンジンだけあって高速道路でも燃費が20km/L前後までしか走りません。

ホンダRVF400の中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は38万円から78万円の間です。
RVF400に関しては2ストで大人気のホンダNSR250Rと同じく値段はかなり高騰しています。一番多い価格帯は50万~60万円ぐらいで、状態が極上のものであれば120万円という驚愕の値段が付くほどです。走り屋から人気の車種だっただけに、かなり乱暴な乗り方をしてきた中古車には要注意です。


ホンダVFR400(NC30)


出典:BAZAMOTO
RVF400が出る前に、ホンダのV型4気筒エンジンを搭載した400ccフルカウルバイクがVFR400R。馬力規制前のモデルであるため、パワーはRVF400よりハイパワーな59馬力でした。

ホンダVFR400のスペック
エンジン形式:水冷4サイクルV型4気筒DOHC4バルブ
総排気量:399cc
ボア×ストローク:55.0×42.0mm
最高出力:59ps/12,500rpm
最大トルク:4.0kgf/10,000rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:1,985mm×705mm×1,075mm
ホイールベース:1,345mm
シート高:755mm
車両重量:164kg
タンク容量:15L
フロントタイヤサイズ: 120/60R17 55H
リアタイヤサイズ: 150/60R18 67H
燃費(60km/h定地走行テスト値):37.0km/L
製造期間:1988年~1994年(NC30型)

ホンダVFR400の口コミ

・長所
倒しこみが軽快、フラットトルクの為発進が楽、唐突なパワー変化がなく乗りやすい。2ストと比べれば非常に静か。
・短所
V4&アルミフレームは熱ごもりがひどい、フラットトルクがそのまま短所にも!2ストに慣れてる人にはパワーが物足りない。エンジン音が大きい、マフラー静かすぎ。RVFよりきついポジション。
引用元:

実際のところホンダVFR400の燃費はどうなのか
1980年代中盤のホンダV型4気筒400ccエンジンは燃費があまり良くないようで、全体的に多くの意見は15~23km/Lといった燃費です。

ホンダVFR400の中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は24万円から64万8,000円の間です。
RVF400よりも価格帯は安いですが、RVF400やCBR400RRが出る前までホンダの400ccフラッグモデルであったため当時はかなり人気だった車種であり、現在もその人気は中古車市場でも高く、30年近くも前に出されたバイクであるため最近ではプレミアが付き始めています。35万円から50万円という価格帯で売られていることが多いのですが、タマ数は徐々に少なくなってきており、これからも価格が高騰することは間違いないでしょう。

ヤマハFZR400RR/FZR400RR-SP1


出典:CLASSIC-MOTORBIKES.NET
1987年から発売されたFZR400は毎年モデルチェンジを行い、FZR400の最終形として1989年にFZR400RRが出ました。また、クロスミッション、大径キャブ、大型ラジエター、水冷オイルクーラー、強化クラッチを装備したFZR400RR SPも販売され、多くの400ccレースで活躍を見せました。しかし、400ccフルカウルバイクではマイナーな存在であったため、中古車市場の流通量は極めて少ないです。
ヤマハFZR400RRのスペック※【 】内は1992年以前モデル
エンジン形式:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量:398cc
ボア×ストローク:56.0×40.5mm
最高出力:53ps【59ps】/12,000rpm
最大トルク:4.0kgf/9,500rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:1,975mm×705mm×1,090mm
ホイールベース:1,365mm
シート高:760mm
車両重量:160kg
タンク容量:15L
フロントタイヤサイズ: 120/60-17
リアタイヤサイズ: 160/60-17
製造期間:1989年~1994年

ヤマハFZR400RRの口コミ
FZR400RR SPに関して

長所
コンパクトな車体。400ccクラス最後のフルパワーらしい、圧倒的な加速。ノーマルのカーボンサイレンサーはいい音してます。
短所
めっちゃ過激なポジション。クロスミッションは街乗りNG!
引用元:バイクヤード

実際のところヤマハFZR400RRの燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと15~20km/Lくらいといったところです。同じ並列4気筒エンジンを搭載したCBR400RRから比べるとかなり悪い値です。これがFZR400RR SPになると12~15km/Lと相当悪いようです。

ヤマハFZR400RRの中古車はいくらぐらいか
400ccフルカウルバイクの中では希少車だけあって価格は安くありません。今回、FZR400RRの中古車をネットで調べてみると大手中古車サイトには3台しかなく34万9,000円から42万8,000円という価格帯でした。FZR400RRは1台のみしか見つからず49万8,000円という価格が付いていました。
(参考: バイクブロスグーバイク)

スズキGSX-R400R(GK76型)


出典:MCS
GSX-R400Rの最終型となるGK76型はアルミダブルクレードルフレームに倒立サスペンション、水冷オイルクーラーなど、スズキが今までレースで培った技術をそのまま取り入れたようなバイクです。ライディングポジションは同クラスで最も前傾姿勢で相当キツく、それだけレーサー寄りの味付けとなっています。

スズキGSX-R400R(GK76型)のスペック※【 】内は1992年以前モデル
エンジン形式:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量:398cc
ボア×ストローク:56.0×40.4mm
最高出力:53ps【59ps】/12,000rpm
最大トルク:3.8kgf/9,500rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:1,995mm×710mm×1,060mm
ホイールベース:1,375mm
シート高:750mm
車両重量:167kg
タンク容量:16L
フロントタイヤサイズ: 120/60R17 55H
リアタイヤサイズ: 160/60R17 69H
燃費(60km/h定地走行テスト値):36.0km/L
製造期間:1990~1995年

スズキGSX-R400R(GK76型)の口コミ

満足している点
400CCなんだけど、実測値58馬力の高出力。

小径丸型のデュアルヘッドライト。

そのまんまレーサーレプリカのデザイン。

不満な点
外装用の交換パーツがもう少ないので、解体パーツを事前に準備しておかないと、治せなくなりそう。
引用元:バイクブロス

実際のところスズキGSX-R400R(GK76型)の燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと12~16km/Lくらいといったところです。正直、燃費は良いバイクではありません。カタログ値36.0km/Lの半分以下というのは、それだけ回転数の変動で燃料を消費してしまうのでしょう。

スズキGSX-R400R(GK76型)の中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は25万円から59万8,000円の間です。
(参考: グーバイク)
中古車市場での流通量は多く、値段も400ccフルカウルのホンダ車に比べては高くありません。社外品のパーツが少ないため、カスタムの幅が狭いのが残念なところです。

スズキRF400R/RF400RV


出典:MCS
GSX-R400Rと同じエンジンを搭載し、ツアラー向けに作られたRF400RとRF400RV。この二台の違いはRVであるとVCエンジンという8,000rpmを境にバルブタイミング・リフト量を通常使用域/高回転域で切り替わるという特殊な機能が付いています。ライバル車はカワサキZZ-R400でしたが、ZZ-R400の人気に負けマイナー車となりましたが、輸出用であった900ccや600ccのRFはオーナーズクラブができるほど人気でした。

スズキRF400R/RF400RVのスペック
エンジン形式:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量:398cc
ボア×ストローク:56.0×40.4mm
最高出力:53ps/11,000rpm
最大トルク:3.8kgf/9,500rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:2,115mm×700mm×1,180mm
ホイールベース:1,430mm
シート高:775mm
車両重量:186kg
タンク容量:17L
フロントタイヤサイズ: 120/70R17 58H
リアタイヤサイズ: 160/60R17 69H
燃費(60km/h定地走行テスト値):36.5km/L
製造期間:1993~1999年

スズキRF400R/RF400RVの口コミ

満足している点
・テスタロッサのようなデザイン
・400に見えないその車体の大きさ
・VCエンジンのカムの切り替わる音
・直進安定性

不満な点
・ハンドルの切れ角が少なくUターンしづらい
・クルクル荷がけフック
・プールになる小物入れ
・燃費が悪い
引用元:バイクブロス

実際のところスズキRF400R/RF400RVの燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと街乗りで16~22km/L、高速で22~26km/Lと燃費はそこまで良くありません。

スズキRF400R/RF400RVの中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場はRF400Rで25万8,000円から27万9,000円の間です。
また、RF400RVであると27万8,000円から34万3500円の間です。
(参考: グーバイク)
VCエンジンのカムが切り替わる独特の乗り味がマニアには人気で、RF400RVのほうが高値で取引されています。

カワサキニンジャ400R


出典:カワサキ
現行車であるNinja400の前モデルがニンジャ400R。EU諸国でカワサキの大人気車であるER-6fを400ccまで排気量ダウンさせたカワサキのミドルスポーツツアラーマシン。座席部分が広く、アップハンドルでスクリーンは大きめに作っているため、ツーリングに最適な400ccフルカウルバイクとして最高の仕上がりです。

カワサキニンジャ400Rのスペック
エンジン形式:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量: 399cc
ボア×ストローク: 68.4mm×54.3mm
最高出力: 32kW(44ps)/9,500rpm
最大トルク: 37N・m(3.8kgf・m)/7,500rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高: 2,100mm×760mm×1,200mm
ホイールベース: 1,410mm
シート高: 790mm
車両重量: 203kg
タンク容量:15L
フロントタイヤサイズ: 120/70ZR17M/C(58W)
リアタイヤサイズ: 160/60ZR17M/C(69W)
燃費(60km/h定地走行テスト値):37.0km/L

カワサキニンジャ400Rの口コミ

燃費もそこそこですし、消耗品類もそこまで高くないと思います。
引用元:価格.com

中免取り立てで、とりあえずバイクが欲しかったら、ニンジャ400r (ニンジャ400)おすすめします!
あんまり乗ってる人も見かけないしね。
引用元:価格.com

カワサキニンジャ400Rの実際のところ燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと街乗りでは21~28km/Lといったあたりです。400ccフルカウルバイクの中古車では燃費は良いほうです。比較的に高年式なのでエンジンの劣化は少なく、燃費性能はストック状態に近いのでしょう。

カワサキニンジャ400Rの中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は29万7,900円から66万9,000円の間です。
年式別でみてみると、
2010年式:30~55万円
2011年式:30~55万円
2012年式:35~55万円
2013年式:35~55万円
2014年式:40~45万円
(参考: バイクブロス)
Ninja400の前モデルでありながら、かなり新しいため中古車の状態は良いものがほとんどです。新車でNinja400を購入するより、前モデルでも許せるのであればニンジャ400Rは買いです!

カワサキZXR400/ZXR400R(型式L1~L9)


出典:ZXRWORLD
1989年にカワサキZX-4の後継車として販売されたZXR400。ここで紹介するL1からL9までのモデルは1991年から2000年まで製造されたもので、400ccフルカウルバイクではホンダ車に続く人気があったため、中古車市場も多く流通しています。また、ZXR400のスポーツプロダクション仕様のZXR400Rは同クラス最強といわれ、TT-F3、SS、SPクラスのレースでは多くのライダーがZXR400Rで出場していました。

カワサキZXR400R

8 cylinders, 650cc.

104 Likes, 9 Comments – Will Shaffer (@shaffewill) on Instagram: “8 cylinders, 650cc.”

出典:instagram/shaffewill

カワサキZXR400/ZXR400Rのスペック※【 】内は1992年以前モデル
エンジン形式:4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量:399cc
ボア×ストローク:57.0×39.0mm
最高出力:53ps【59ps】/12,000rpm
最大トルク:4.0kgf【3.6kgf】/10,000rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:2,035mm×705mm×1,125mm
ホイールベース:1,385mm
シート高:760mm
車両重量:160kg
タンク容量:16L
フロントタイヤサイズ: 120/60-17
リアタイヤサイズ: 160/60-17
製造期間: 1989年-1999年

カワサキZXR400/ZXR400Rの口コミ

・良点
深いバンク角とその気にさせてくれる加速!
レプリカなのにツーリングしても疲れない(疲れにくい)ポジションとシート硬さ
・悪い点
Uターン時にハンドルとタンクに手が挟まる。
転ぶと割れるジェネレータカバー
街中ではあまり同じバイクに会わない
引用元:バイク比較.com

実際のところカワサキZXR400/ZXR400Rの燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと燃費は10~18km/Lといったあたりで、400ccクラスの中では悪いほうです。

カワサキZXR400/ZXR400Rの中古車はいくらぐらいか
年式が1991年から2000年まででZXR400の中古車相場をみると、24万8,000円から108万円の間です。(参考: グーバイク)
走行距離が少なく、状態がいいものは高値で取引されており、最も多い価格帯は40万円~50万円で、これだけ高値が付くのは人気なのがうかがえます。ZXR400RもZXR400と同じ価格ですが、保安部品が付いてないレーサー仕様で売られているものが多いです。

カワサキZZ-R400


出典:TEAM-BHP.COM
ツアラー仕様の400ccフルカウルバイクとして最も人気があったカワサキZZ-R400。1990年~2007年までの17年間も製造されたカワサキのベストセラーバイクです。よって、中古車市場での流通量は今回紹介したバイクの中で最も多く、現在でも中古車市場で400ccバイクの中では人気の車種です。

カワサキZZ-R400のスペック※【 】内は1992年以前のモデル
エンジン形式:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量:399cc
ボア×ストローク:57.5×38.5mm
最高出力:53ps【58ps】/11,000rpm【12,000rpm】
最大トルク:3.8kgf【3.7kgf】/9,000rpm【10,000rpm】
ミッション:6速
全長×全幅×全高:2,070mm×695mm×1,175mm
ホイールベース:1,430mm
シート高:780mm
車両重量:197【193】kg
タンク容量:17.0L
フロントタイヤサイズ: 120/60R17 55H
リアタイヤサイズ: 160/60R17 69H
燃費(60km/h定地走行テスト値):43.0km/L
製造期間:1990年-2007年

カワサキZZ-R400の口コミ

満足している点
希少な普通二輪で乗れる、ツアラー。大型ステップアップにも、お勧めです。毎年 中部から九州にツーリングに行ってますが、このクラスでの長距離走破は抜群です。兄貴譲りの風格は、同じ400クラスとは比較になりません。
不満な点
400クラスのエンジンにしては、ちょっと非力…。まぁ 車重が重過ぎです。トップからの追い越し時は、二速分落としています。ただ高速安定性は、クラストップかな。
引用元:バイクブロス

実際のところカワサキZZ-R400の燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと街乗りでは15~20km/L、高速道路で20~25km/Lといったところです。燃費が良くないという声が多く聞こえますが、それも加味したうえでZZ-R400に満足しているオーナーがほとんどです。

カワサキZZR400の中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は13万9,800円から49万8,000円の間で、平均価格は30万5,100円です。(参考: ウィビック)

流通量が多く、価格帯も高くないので、今まで紹介してきた400ccフルカウルバイクの中では最も選びやすいのがZZ-R400でしょう。根気よく探せば掘り出し物があるかもしれません。

ドゥカティ400SS


出典:ENOANDERSON.COM
ドゥカティが日本市場のために生産した400SS。ドゥカティの400ccではモンスター400もあり、こちらのほうが人気あり、また新車販売価格が高かったため流通量は少ないです。しかし、ドゥカティ独特の空冷L型2気筒サウンドを400ccで十分味わえるため、普通二輪免許しか持っていないライダーでも乗れるドゥカティ入門モデルとしてマニアからの支持は高いです。

ドゥカティ400SSのスペック
エンジン形式:空冷4ストロークL型2気筒デスモドロミックSOHC2バルブ
総排気量:398cc
ボア×ストローク:70.5×51.0mm
最高出力:30.9kW(42ps)/10,500rpm
最大トルク:35.2Nm(3.6kgf)/8,500rpm
ミッション:6速
全長×全幅×全高:2,000mm×670mm×1,160mm
ホイールベース:1,450mm
シート高:750mm
車両重量:173kg
タンク容量:17L
フロントタイヤサイズ: 130/60VR-16
リアタイヤサイズ: 160/60VR-16
製造期間:1990~1998年

ドゥカティ400SSの口コミ

満足している点
・ちょい古なスタイリング
・音
・あまり乗っている人を見かけないところ

不満な点
・消耗品が量販店で手に入りにくい(大概取り寄せになる)
・整備してくれるショップが少ない。
引用元:バイクブロス

実際のところドゥカティ400SSの燃費はどうなのか
さまざまな意見を総体的に見ていくと街乗りでは15~20km/L、高速道路で20~30km/Lといったところです。燃費は同クラスのバイクではまずまずといった感じですが、故障や、その際の部品代が国産車より高いとなると、ライディングコストは比較的高くなるかもしれません。しかし、それでもドゥカティ400SSに満足しているオーナーは多いです。

ドゥカティ400SSの中古車はいくらぐらいか
全体の中古車相場は22万7,000円から47万円の間です。(参考: グーバイク)
古いバイクなだけあって全体的に中古車の状態は良くないですが、ドゥカティ独特の空冷L型2気筒が味わえるのであれば維持費も含めて許せる範囲でしょう。他のライダーとは違う400ccフルカウルバイクに乗りたい方にはオススメです。

400ccフルカウルバイクの購入は新車購入か?中古車か?


#мото #motopiter #спб #suzukirf400 #rf400 #agv #sidi #покатушки

113 Likes, 2 Comments – vova (@vovasaksin) on Instagram: “#мото #motopiter #спб #suzukirf400 #rf400 #agv #sidi #покатушки”

出典:instagram/vovasaksin

KTM RC390を除けば、新車で購入できる国産400ccフルカウルバイクは街乗り・ワイディング・高速ツーリングまでこなす優等生バイクと言えます。それは面白味がないということでなく、どんなシチュエーションでもバイクに乗る楽しさを感じさせてくれます。
一方で、中古車はバイクのサーキット、ワイディング、ツーリングそれぞれに適したバイクがあり、バリエーション豊かです。自分の好みのバイクを選び出せればいいのですが、すでに20年前のモデルが大半で、しかも中古車市場で少なくなっている車種がほとんどです。マイナー車や流通量の多いバイクでない限り、これからもどんどん値段が高騰していくでしょう。
これらから考察すると、バイクの個性を求めるのであれば中古車がおすすめでき、値段がこれ以上高くなる前に購入することが重要です。また、街乗りからツーリングまで一台で済ませたいというライダーや、免許取得したばかりのビギナーライダーであれば、少し高いお金を出してでも現行のホンダCBR400RやカワサキNinja400の購入をおすすめしたいです。

以上、400ccフルカウルバイクについてまとめてみましたが、いかがでしたか。中古車相場が高騰していることから、メーカーに400ccフルカウルバイクをさらに新車で出してほしいと願いたいです。しかし、中古車をコツコツ直しながら乗るのも面白いところであり、400ccフルカウルバイク購入は悩みどころが多いようです。じっくり吟味して400ccフルカウルバイクを選びたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加