パーツを買う

【250TR】カスタムパーツ紹介! マフラーを変えてみよう! 【カスタム】

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

250ccクラスで人気の車種の一つ、Kawasaki・250TR。
ノーマルでも完成されたスタイルと扱いやすさや、手頃な価格設定が魅力のこのバイク。カスタムと言ったら、まず最初にマフラーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

今回は250TRのマフラーにスポットを当ててご紹介しようと思います。

250TR ノーマルマフラーの特徴


つや消し、ブラック、斜めに上がっているアップスタイル。メガホンタイプの形状が、レトロな雰囲気の250TRに華を添えているのではないでしょうか。歯切れのよい音が走っていて心地よいのですが、走っているうちに段々物足りなさを感じてしまいます。機能面で言えば250TRの性能を最大限に引き出せる、優秀な作りになっていると思います。

ただ、ノーマルマフラーをしばらく使用してわかる難点は・・・
△錆びが激しいこと
△雨が酷い日に乗るとマフラー内に雨が入り、エンジンが止まる不具合があること
ではないでしょうか。

マフラーの種類とは?


カスタムする上で、考えたいことがマフラーの種類です。
どのような種類があり、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

  • スリップオン・・・サイレンサー部分のみを交換できるマフラーです。


出典:GOODS

◎メリット・・・取り付けが容易であることが一番のメリットです。気軽に外装を変えたい時に良いでしょう。
△デメリット・・・サイレンサーのみの交換に留まる場合、「マフラーを交換して走りが良くなった!」のような、性能面や乗り心地の変化は感じにくい傾向にあります。

  • フルエキゾースト(フルエキ)・・・エンジンの付け根からサイレンサーの先端まで、全てを含んだマフラーです。


出典:BEAMS
◎メリット・・・全てを交換するため、キャブレターやインジェクションの調整は必須ですが、丁寧に調整を行えば快適な走り心地を体感することができるでしょう。また、ノーマルではスチール製のマフラーが付いていますので、交換する素材によっては車体の軽量化が期待できます。
△デメリット・・・簡単に交換できるものではないので、専門的な知識が必要になります。ショップに依頼するときは工賃もかかります。マフラー本体の価格もスリップオンと比較すると高値になることもデメリットでしょう。
 

性能を取るか、手軽さを取るか、悩むところですね。

マフラーの素材、長所と短所は?


「マフラー」と一言でまとめても、素材や形状など種類は様々です。
形状は排気効率に関わってきますが、見た目を重視して選ぶことが多いでしょう。それではマフラーを選ぶ上で、どんな素材が良いのか考えてみます。

  • カーボン・・・超軽量、高強度の炭素繊維強化プラスチックです。
    ◎メリット・・・超軽量、高強度、独特の模様がカスタム度を高めてくれます。
    △デメリット・・・炭素繊維強化プラスチックその物の生産に手間がかかるため、とにかく高価です。

  • アルミニウム製・・・軽量で放熱性に優れています。
    ◎メリット・・・素材が柔らかいため加工がしやすく、美しい曲線を描くことも可能です。
    △デメリット・・・素材が柔らかいため、エキパイ部分に使用されることはほとんどありません。

  • チタン製・・・比較的新しいレアメタルです。スチールよりも軽いことが特徴です。
    ◎メリット・・・超軽量で高強度、熱によって七色に輝く焼き色が付きラグジュアリー感が醸し出されます。
    △デメリット・・・切断や折り曲げなどの加工が難しく、素材自体も高価なため、マフラーの販売価格は庶民の憧れの価格になってしまいます。

  • ステンレス製・・・ライダーの敵、錆びに強くスタンダードな素材の一つです。
    ◎メリット・・・錆びに強く、見た目が美しい。
    △デメリット・・・素材が硬いためアルミやチタンに比べると重く、切断や折り曲げなどの加工が難しくなっています。

  • 鉄(スチール)製・・・素材が安く入手しやすいため、ステンレス製と並びマフラーに使用されるスタンダードな素材の一つです。
    ◎メリット・・・安く、加工がしやすい。
    △デメリット・・・とにかく錆びに弱く、マフラーとして使用するためには耐熱塗装やメッキ加工で錆びを予防することが必須です。素材が重いことも短所です。

    どの素材もメリット、デメリットがあります。費用と効果を考えてマフラー選びの参考にしたいですね。

    250TR オススメマフラー


    NITRO HEADS ターンアウトマフラー

    出典:EASY RIDERS

    スチール製、スリップオンタイプでお手頃価格なマフラーです。
    音は大人しめですが、トラッカー・ビンテージ・70sチョッパーと、どんなカスタムにも合うデザインです。
    メーカー小売希望価格:27,000円(8%消費税込み)

     

    ビームス(BEAMS) フルエキゾーストマフラー マフラー SS300カーボン


    出典:BEAMS
    フルエキゾーストのマフラーです。
    心地よいサウンドと静粛性、また高速域を犠牲にせず扱いやすい中低速トルクという相反する条件を見事に両立と言った、性能面で最高の一品です。取り付けには追加工を一切必要とせず、フルエキゾーストなのに気軽にカスタムをお楽しみいただけます。
    メーカー小売希望価格:34,560円(8%消費税込み)

     

    スリップオンもフルエキゾーストも、どちらも魅力のあるマフラーです。
    お好みの1本を見つけて、素敵なカスタムをしてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加