パーツを買う

いつかはやりたいホイール交換!見た目も性能も大きく変わる!【カスタム】【ドレスアップ】

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

バイクのホイールの交換を考えている人は少なくないのではないかと思います。
バイクのパーツの中でも高額なパーツの一つであるホイールは、交換することにより多くのメリットがあるといわれています。今回はホイール交換についてまとめてみたいと思います。


出典:サインハウス

ホイール軽量化のメリット


ホイールを交換するメリットの大きな部分を占めるのが軽量化です。ホイールを軽量化するとどんなメリットがあるのか。まず、バネ下重量の軽減により慣性モーメントが減少し加速性能が良くなります。反対に、減速に関しても素早く速度を落とすことが可能です。
走行性能以外の大きなメリットはやはり燃費の向上です。そんなに大きな差があるわけではありませんが軽くなった分確実に燃費は良くなっているはずです。

バネ下重量を1キロ軽くすると15キロの軽量化に相当すると言われています。仮に前後ホイールで2キロ軽くなったとすると、30キロの軽量化と言うことになります。それだけバネ下重量を減らすということには効果があるのです。

また、バイクの場合ジャイロ効果が軽減するというメリット(デメリット)があります。倒し込みがクイックになりコーナーリングのアプローチに大きな影響を与えます。最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくれば今までよりも速いコーナーリングが楽しめるかもしれません。

最後に一番大きなメリットは、見た目が格好良くなることですよね。性能などは関係なくドレスアップでホイールを交換する人もいるでしょう。

ホイール軽量化のデメリット


デメリットをあげるとすれば、路面追従性が上がるということでしょう。一見良さそうに思いますが小さな路面の凸凹も拾ってしまうので、常にポンポンと跳ねているような感じになってしまうことがあります。しっかりとサスペンションの設定を出せばある程度解消しますが、逆に何もセッティングをしないと、ただ乗りにくくなってしまうだけなのです。

また、ジャイロ効果のメリットを紹介しましたが、ジャイロ効果が少なくなると言うこは、安定性がなくなるということにもなります。町乗りで低速ですり抜けをしようとすると、ふらふらと不安定な状態になってしまうのはこのためです。
 

 
次に素材を見てみましょう。

アルミニウム


自動車黎明期からのホイール主構成材である鋼に替え、より比強度に優れるアルミニウム合金を多用することで理論上鋼製と同強度で軽量に仕上げられる。

しかし、アルミニウム合金は鋼よりも比強度が高いものの疲労限度がない(鋼は疲労限度がある)ことにより、応力を加え続ければ無限に強度低下する。このため長期間の運用を前提とする乗用車へ適用する場合は、強度に相当な余裕をもって設計しなければならず、スチールホイールと比べて、重量による利点は思われているより小さい。

引用:Wikipedia

マグネシウム


マグネシウム合金はアルミニウムよりも軽量であり、アルミホイール以上に走行性能、燃費性能の向上が期待できる。しかし、量産が効きにくく高価であり、またサイズが限定されているという汎用性の少なさから、あまり一般的ではない。また、素材の特性として、塩分や腐食や衝撃にかなり弱い点が挙げられる。

腐食に弱い点については、塗装や防錆処理が剥がれたら速やかに補修しなければならない。大気に曝露すると水分や酸素などと反応して腐食・錆びが起こり、急速に強度が低下するためである。塩分に弱い点は海岸沿いに普段駐車している場合は頻繁に水洗いしないと錆が発生する恐れがある(説明書に注意書きがしてあるほどである)。 衝撃に弱い点については、特にスポーツ性を謳った、極度に軽さを重視した製品に顕著であるが、ギャップや縁石を踏むとホイール自体が完全に割れることがある

引用:Wikipedia

アルミニウムホイールの重量の利点か少ないというのは、純正のアルミニウムホイールの話です。社外品のアルミニウムホイールならば、耐久性も重要ですがそれよりも軽量化のほうに重点を置いているので確実に軽量化されるはずです。

アルミニウムとマグネシウムを選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、長所と短所を良く見極めて決めていくのがよいでしょう。
 

 
次に加工方法を紹介します。

鋳造


鋳造(ちゅうぞう、英: casting)は、材料(主に鉄・アルミ合金・銅・真鍮などの金属)を融点よりも高い温度で熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やして目的の形状に固める加工方法である。

引用:Wikipedia

デザインに自由度があることがメリットですが、強度の問題である程度の肉厚が必要になり重量が増えます。

鍛造


金属の素材を金型などで圧力を加えて塑性流動させて成形する。鍛流線 (fiber flow) が連続するために組織が緻密になり、鋳造に比べて鋳巣(空洞)ができにくいので、強度に優れた粗形材をつくることができる。

引用:Wikipedia

非常に薄く作ることができるので軽く作ることができますが、設備その他が非常に高価なので量産には向きません。

お勧めホイール


■ゲイルスピード マグネシウム鍛造

最高峰のマグネシウム鍛造ホイールですが、とても高価です。

■ゲイルスピード アルミニウム鍛造

アルミニウム鍛造ホイールです。マグネシウム鍛造と比べるとだいぶ安価になっています。
まとめ
アルミの鋳造からマグネシウムの鍛造まで色々な種類があることがわかりました。ただ一番重要なのは、そのバイクとのバランスです。マグネシウムよりもアルミの方が良い場合もあるはずです。頑張って自分に合ったホイールを見つけてください。


出典:ガレージ アイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加