バイクを買う

ヤマハ・SRX600はココが凄い!! コーナリングを楽しむミドルクラスの旧車

人気の旧車「ヤマハ・SRX600」に関する最新情報のまとめ記事です。コンパクトで足つき性も良く、取り回しも楽。そして独特の渋いスタイル。SRX600ならではの魅力をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

今回は、1985年発表のヤマハ単気筒の傑作『ヤマハSRX600』について、どのようなバイクで、どんな特徴があるのか“その魅力”に迫っていきます。

出典:MOTER CYCLIST

ヤマハ・SRX600のスペックは?


エンジンタイプ 4サイクル・空冷・SOHC・4バルブ
最高出力 42ps(31kw)/6500rpm
最大トルク 4.9kg・m(48.1N・m)/5500rpm
型式 – 車体重量(乾燥重量) 149kg
排気量 608cc 車体重量(装備重量) 170kg
全長・全高・全幅 2090mm × 1045mm × 720mm
フロントタイヤサイズ 110/70R17 54H TL
リアタイヤサイズ 140/70R17 66H TL

ヤマハ・SRX600のデザインは?


SRX600で特筆すべきなのはやはりそのデザイン性の高さです。美しく飽きのこない洗練されたスタイリングで、現行車種と比べても見劣りしないのではないでしょうか。600ccに見えないほど全体がスリムでコンパクトなのも特徴的な部分です。

ヤマハ・SRX600の乗り心地は?


オーナーさんのレビューなどによると、乗り心地はそこまで悪くはないようですがシートは硬めのようです。またノーマルのシートだと滑りやすくて乗りづらいという問題がある模様です。

ヤマハ・SRX600の筆者レビュー


既存のレビューを見ると「またがってみると重くて遅い」との記述をよく目にしましたが、実際に乗ってみるとまったく違う印象のバイクでした。重量感はほとんどありませんでしたし車幅は非常に狭くとても取り回しが楽でありますので、さすが単気筒だけあってスリムだなと感じました。

また馬力とトルクの両方が最高出力を叩き出すまで1000rpmの差しかありませんので、エンジンのパワーバンドを保ったままコーナリングをするという練習をするのであればこのバイクは最適であると感じました。

単気筒の魅力と言いますか、トルク感十分ですのでメーターで見る速度よりもスピードが出ている感じがします。もちろん単気筒ですので最高速は中型バイク並みですが、ワインディングの力強さやコーナリングの際の「パタパタ倒れる」という感覚は4気筒のリッターバイクでは経験のできないものであることは間違いありません。

出典:MOTER CYCLIST

ヤマハ・SRX600の特長は?



出典:ヤマハ公式/SRX600 フォトライブラリー

非常にタマ数の少ないバイクではありますが、コーナリングの楽しさや加速感、また雰囲気を楽しみたいのであればこちらのバイクは非常にオススメです。
よく熟練ライダーの方が言われるマルチエンジンに代表される「モーターのような加速」に飽き飽きしている方であれば、シングルならではの鼓動感を感じ、いかにも“単車”という貴重な一台です。
逆に捉えると、昨今のバイクのような誰にでも乗りやすく、誰が乗ってもそこそこ速いというのはありませんので、玄人向けのバイクとも言えるでしょう。

ヤマハ・SRX600はカフェレーサーカスタム車としても人気


これまで述べたように、走りの良さもさることながらそのオリジナルデザインの良さから海外ではカスタムベース車としても今なお人気。カフェレーサーカスタム車としてもバッチリ決まっています。

出典:Pipeburn

最後に


いかがでしょうか。このバイクの魅力は伝わりましたでしょうか?
筆者と致しましてもなるべく多くのことを伝えさせていただくように尽力はさせていただいているのですが、文章のみでこの感動をお届けできなことにい悔しさを覚えますので、ぜひ気になる方はこのバイクでワインディングを走行していただきたいです。

ヤマハ・SRX600の動画集


YAMAHA SRX600 (1990)

【SOLD OUT】 YAMAHA SRX600 (1990)

1 kick only.. SRX 600

since the new single carb from a honda XR650 and the yamaha Grizzly intake, the bike starts, cold or hot, with just one kick!

Yamaha Srx 600 / first video

Der erste Versuch, ein Video von meinem Single zu erstellen … 😉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加