バイクに乗る

ニーグリップが出来ていれば上半身がリラックスできる

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

ニーグリップって本当に意味あるの?


二輪教習を受けている全ての人が「ニーグリップを意識しろ!」と言われたでしょう。教習所では異常なほどニーグリップを意識させるように指導していますが、これほどまでにニーグリップが重視されるのはなぜなのでしょうか。「ニーグリップしなくてもバイク走るじゃん?」と思う人も居るでしょうが、ちゃんと意味があるからこそ教習所では口うるさくニーグリップを意識させる訳です。

では、それを踏まえた上で以下の動画をご覧ください。

バイクは不安定な乗り物である


ニーグリップをすることによって得られる最大の効果は「上半身が自由になる」という事です。ニーグリップはバイクを下半身(ヒザ)で締め上げることで安定させるために行っているという認識は間違いではありませんが、それは本当の意味ではありません。

バイクは「バランス」が非常に重要な乗り物です。たった2本しかないタイヤで安定性を保つ為にはバランスを取ることが必須です。初めて自転車に乗った時、すぐに転んでしまうのと同じで、上手にバランスを取らなければ転倒してしまうような不安定な乗り物です。

バイクと体でバランスを維持する



出典:YouTube/二宮祥平ホワイトベース

バイクを安定させる為には、自分の体でバランスを取ることが必要です。右か左、どちらかに簡単に倒れてしまうような乗り物を走らせる訳ですから、上手にバランスを取って転ばないようにしなければいけません。

その方法として、「バイクが倒れている方向と逆に重心を移動させる」(リーン・アウト)、「バイクと同じ重心にする」(リーン・ウィズ)、「バイクよりも内側に重心を移動させる」(リーン・イン)があり、より効果的なバランスを維持する為に状況によって使い分けていくことになります。

ニーグリップの意味は「上半身をフリーな状態」にすること


※上半身の悪い例
わざと「ガチガチの状態」にしています。こんな状態ではスムーズな動作が出来なくて当然ですね。

出典:YouTube/二宮祥平ホワイトベース

重心を移動させる時、ニーグリップをしていない状態では「上半身の力で重心を移動させなければいけない」と言う状況になる為、どうしても重心移動(荷重移動)がスムーズに出来なくなってしまいます。ただただ低速旋回する為であれば問題ないことも多いですが、走行中にバランスを崩してしまうと最悪の場合は事故につながる危険な状態です。

しかし、しっかりとニーグリップが出来ていれば「上半身がリラックスした状態」になるので、非常にスムーズな荷重移動を行うことが出来ます。予め余裕のある操作が出来るだけでなく、上半身をリラックスさせておくことによって急な状況変化にも対応することが出来るようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加