バイクを買う

満を持して発売されたカワサキ・KR250。メジャーになれなかった理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

現在の国内メーカーが続々と250ccスポーツバイクの発売とアップグレードを重ねているなか、その先駆的なバイクはカワサキ ニンジャ250Rです。しかし、カワサキは1980年代のレプリカバイクブームの時、カワサキが放ったKR250は、ホンダ、ヤマハ、スズキから出遅れマイナー車で終わりました。しかし、KR250は他車よりも独自の技術で高水準の性能があり、現在も世界中にコアなファンは多いです。そんなKR250の魅力に迫ってみました。

カワサキ・KR250のスペックは?


型式 KR250A
全長 2035mm
全幅 685mm
全高 1185mm
シート高 770mm
乾燥重量 133kg
燃料タンク容量 18L
タイヤサイズ 100/90-16 / 110/80-18
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク / 油圧式ディスク
エンジン 水冷2サイクルロータリーディスクバルブ直列2気筒
排気量 249cc
最高出力 45ps/10000rpm
最高トルク 3.7kg・m/8000rpm
変速機 6速リターン
始動方式 キック

カワサキ・KR250ってどんなバイク?


1984年に発売されたKR250(後にKR250S)はタンデムツイン・ロータリーバルブのエンジン形式であった。これは1978年にロードレース世界選手権を制したレーサーモデルKR350、KR250のエンジンレイアウトを強く意識したものである。
しかし発売時のカワサキは世界選手権から撤退しており、過去のレーサーをイメージしただけでは販売量に直結しなかったこと、機構上複雑でありコスト増を招くこと(前後シリンダの速度差を吸収するクラッチ機構やサイドに設けられたロータリーバルブ、特異なリアショックユニット)などから1988年に発売されたKR-1(ケーアールワン)では排気デバイス(KIPS)搭載の通常のパラレルツインに変更されるが、1年でフルモデルチェンジを行なってKR-1S(SPモデルとしてR)に移行し、そのKR-1S/Rも2年でカタログ落ちした。
出典:wiki/カワサキ・KR

世界で敵なしだったカワサキ・KR250。市販車化は期待大



出典:WIKIMEDIA COMMONS
1970年代後半からのカワサキ250ccは本当に速かった。

1978・1979年をコーク・バリントン、1980・1981年をアントン・マンクが世界ロードレース選手権250ccクラスでタイトルを獲得し、カワサキは4年間も250cc王座に君臨していました。

コーク・バリントン


出典:the retrospective entrepreneur

アントン・マンク


出典:CLASSIC-MOTORBIKES.NET
この勢いを保ちつつKR250をそのまま公道仕様にした2ストレプリカを早く発売していたら、ホンダ MVX250F、NS250R、ヤマハRZ250R、TZR250、スズキRG250Γよりもっとメジャーなものになっていたでしょう。

タンデムツインという独創的なエンジンレイアウト



出典:2 Stroke Biker

エンジンは249cc 180度タンデムツイン2ストローク水冷エンジン。二つのシリンダーを前後に配置する独創的なエンジンレイアウトでした。この当時スズキRG400V、RG500Vでも採用されたロータリーディスクバルブを採用することで爆発的なパワーバンドが現れるというより低速から高回転までスムーズな加速を実現しました。


出典:KR250.ORG
しかし、ホンダ、ヤマハ、スズキ、また海外メーカーにはないエンジンレイアウトなため、当時売り上げで競い合ったHY戦争に割って入ることはできませんでした。

カワサキ・KR250、デザインだけが少しだけ劣っていた



出典:Asama Meeting
なぜKR250がマイナーになってしまったのか。これだけの独自のエンジンにパワーは他の2ストレプリカと同等の45馬力を出し、足回りに関しては当時珍しかったフロントフォーク3段階調整、リアショックは5段階調整と4段階の減衰力調整を可能としています。他の2ストレプリカと比べ高性能でしょう。

理由は単純でただ一つ。デザインがレプリカらしくなくカッコよくなかったということです。レーサーレプリカらしくフルカウルでまとったホンダNS250R、スズキRG250Γは当時のワークスマシンの様相とほぼ同じ。ヤマハRZはネイキッドスタイルですが、1980年から発売され2ストレプリカバイクの先駆者のような立ち位置でした。

ゆえに、ホンダ、スズキに割って発売されたKR250は独自デザインがヒットにつながることができなかったのです。
私は非常にカッコイイと思うのですが。

よりレーシーになったKR-1。しかし時すでに遅し



出典:tradebi


出典:Motorcycles catalog

1988年にフルモデルチェンジでKR-1を発売。フルカウルによりレーシーで他の2ストレプリカと同等のカッコよさでしたが時すでに遅し。ホンダはNS250RからNSR250R、スズキはRG250ΓからRGV250Γ、ヤマハは新車種TZR250、これらをすで発売しており、KR-1は販売数を伸ばすことができず、生産終了となしました。

カワサキ・KR250についての筆者まとめ



出典:KR250.ORG
最後にドラゴンボールの登場人物ブルマの愛車はKR250でした。作者の鳥山明さんも4メーカーのなかでカワサキのKR250が一番好きだったのではないでしょうか。

発売が少し出遅れと、NS250R、RG250Γのようなまさにレプリカバイクといったデザインでなかったという理由でマイナー車となってしまったKR250ですが、その後カワサキはニンジャ250Rで現在の250ccスポーツバイクのカテゴリーを切り開いたのです。そういった意味でKR250の発売は決して失敗ではなかったのです。

カワサキ・KR250の動画


KR250

昔、欲しかったバイクの一台です (^-^)/

カワサキ・KR250の画像集


kiyoさん(@oyik1)がシェアした投稿

Amanojakuさん(@r01_xz)がシェアした投稿

yusuke.sさん(@ma_28050)がシェアした投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加