バイクを買う

ヤマハ・SR400のすべて ~新車解説から最新カスタムまで

1978年の発売開始以来、40年近く不変の人気を保ち続ける「YAMAHA(ヤマハ)SR400」。今回は最新型のSR400の解説から、人気パーツと最新カスタムの紹介まで行い、全世界で愛されているSR400のバイブルを目指し、まとめたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

1978年の発売開始以来、40年近く不変の人気を保ち続ける「YAMAHA(ヤマハ)SR400」。今回は最新型のSR400の解説から、人気パーツと最新カスタムの紹介まで行い、SRファンのバイブルを目指し、まとめたいと思います。

ヤマハ・SR400ってどんなバイク?


最新コンセプトは「レトロ、なのに新しい」


余分なものを削ぎ落とした、シンプルで美しいスタイリング。
さらに、ビッグシングルならではの歯切れよい鼓動感。
1978年、その誕生以来。永い時の中で、熟成と深化を重ねてきたものだけが持つ、それが「本物」の味わい。そして、いま。カジュアルで遊び心に満ちた、一台のSRが加わった。
誕生年の1978をモチーフに、400のロゴをあしらったタンクグラフィック。
“Vintage Active Casual”をコンセプトに。
レトロな雰囲気の中にも、モダンな新しさをアピールしています。


出典:YAMAHA
ただ古いのではなく、「歴史がある」とポジティブな発想で常に熟成と深化を重ねてきたSR400。多くのファンが支持しているのは、まさに「レトロ、なのに新しい」からである。

ヤマハ・SR400のエンジン性能は?


昔ながらの味わい深い「SOHC空冷単気筒エンジン」


ビッグシングルならではの豊かなトルクに加えて、ショートストローク設計により低・中回転域では強い鼓動感を、一方では高回転域までスムーズに吹け上がり、軽快でスポーティな走行を楽しめる。また、フレームパイプの一部をオイルタンクとして活用。エンジン全高を抑えることで、シングルエンジン本来のスリムさを活かし、美しく軽快なボディを実現している。さらにスロットルポジションセンサーが、スロットル開度に合わせて最適な点火特性を設定。マフラー内に設置したハニカム触媒は、排気ガス中の有害物質を低減し、環境にも配慮。平成19年国内排出ガス規制に適合している。

★美しい空冷エンジンのフィンと昔ながらのキックスタート

出典:YAMAHA

★ビックトルクを生みだすピストン

出典:YAMAHA

SR400の魅力は、何と言っても「シングルエンジン」の味わいに尽きると思います。2000~3000回転のエンジンの鼓動は乗るものを虜(とりこ)にする魅力にあふれています。最新のインジェクションになった今でも「不変の魅力」を保っています。

ひときわ映える「美しさを妥協しないエキゾーストパイプとマフラー」


すっきりと伸びたフォルムが美しい、クロームメッキ仕上げのマフラー。エキゾーストパイプには独自の技術、ナノ膜コーティングが施され、変色や錆による劣化を防いでいる。


出典:YAMAHA

ヤマハ・SR400の装備は?


単気筒エンジンの美しさとともに、光り輝く存在なのがエキゾーストパイプとマフラーです。昔から変わらない伸びやかなデザインでSRらしさを演出しています。

力強い走りをサポートする「外径298mm・フロントディスクブレーキ」


優れたブレーキタッチとコントロール性に貢献し、スリムな車体を活かしたSRならではの軽快な走りをサポート。なお、前後スポークホイールは軽量なアルミリムで、きびきびとした走りを可能にしている。


出典:YAMAHA

レトロなイメージのスポークホイールは軽量なアルミ製を採用。ブレーキはドラムブレーキではなく、ディスクブレーキ採用となり、進化しています。

変わらぬ魅力「ラシカルなムードを醸し出すメーター&イモビライザーを標準装備※」


クロームメッキ仕上げのボディに、クラシカルなムードの黒色の文字盤を配置。燃料残量警告灯を装備し、利便性を高めている。また、盗難を抑止するイモビライザーを標準装備。インジケーターランプは、約24時間点滅後に機能を維持したまま消灯し、バッテリーへの負担を軽減している。
※イモビライザーはあくまでも盗難抑止を目的とした装備であり、盗難を完全に防止するものではありません。


出典:YAMAHA

クロームメッキで仕上げられた2眼メーターも、不変の魅力で輝き続けています。文字盤をクラシカルな書体にして雰囲気をアップ。最新のイモビライザーを標準装備にしているのが、いかにも今風です。

SRならではの魅力「どの角度から見ても美しい、高品位仕上げ」


フロントフォークアウターチューブ、リム、レバー類など、随所にアルミバフ仕上げを施している。加えてクオリティを長期間維持できるよう、エンジンのシリンダーボディ、ヘッドカバー類には塗装処理を施している。


出典:YAMAHA

アルミバフ仕上げによる輝き、美しさは「オーナーの所有欲をくすぐります」。数少ない「磨く楽しさ、眺める楽しさ」をもったバイクの一つがSR400なのです。

造形美をとことん追求したスチールフェンダー


現在では稀少な存在、クロームメッキ仕上げのフェンダー。だがSRはあえてその輝きと質感の高さにこだわり続けている。美しいアールを出すための技術、そして縁の処理など、いくつものプロセスを経て造られるこのフェンダーは、SRの徹底した美意識の証でもある。


出典:YAMAHA

昔のバイクはみんなこんな感じだった・・・そんな声が聞こえてきそうな「クロームメッキのフェンダー」。その造形美、仕上げはSRならではのもので、ロングセラーを続ける理由の一端を見るようでもある。

今となっては希少な「キックスタートを楽しめる」


キックによる始動は、ライダーがSRと対峙する、いわば”目覚めの儀式”。しかし、その始動は、ビッグシングルにありがちな気難しさを感じさせない。ハンドル左側のデコンプレバーを操作することで、無駄な力を使わず効率的にエンジンを始動できる。


出典:YAMAHA

キックからバイクとの対話が始まる・・・これに魅せられたライダーが全世界にいます。エンジンの始動方法もSR400の魅力の一つと言えるでしょう。

ライダーの負担低減に貢献する「低荷重クラッチ」


スプリング荷重を適正化した、握りやすい低荷重クラッチを装着。長距離走行における、ライダーの疲労軽減に貢献している。


出典:YAMAHA

ひとつひとつの改良の積み重ねがこういった部分にも表れています。

伝統の誇り「SRロゴエンブレム 」


ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1(リーフグリーン)のサイドカバーには、シンプルなSRロゴを。ヤマハブラック(ブラック)は、誕生年を象徴的に表現したSINCE1978を組合わせ、金属の質感を強調した立体樹脂エンブレムを配している


出典:YAMAHA


出典:YAMAHA

ロゴにもこだわりを見せるSR400。カラーに合わせて専用デザインを与えるこだわりをみせています。

ヤマハ・SR400のカラーリングは?


個性を主張する2つのカラー


新色・ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1(リーフグリーン)は、カラーとともに誕生年をあしらった新鮮なグラフィックで、カジュアルかつ遊び心のあるイメージをアピール。シートにはホワイトのステッチを配した。またヤマハブラック(ブラック)は、タンク&リアカウルには、シンプルな2本ストライプのグラフィックを。グレー×ブラックのツートンシートには、ホワイトのステッチをあしらっている。

★ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1(リーフグリーン)

出典:YAMAHA

★ヤマハブラック(ブラック)

出典:YAMAHA

ヤマハ・SR400のスペックは?


YAMAHA(ヤマハ)SR400の仕様


■メーカー希望小売価格 550,800円 [消費税8%含む](本体価格 510,000円)

■認定型式/原動機打刻型式 EBL-RH03J/H329E
■全長/全幅/全高 2,085mm/750mm/1,110mm
■シート高 790mm
■軸間距離 1,410mm
■最低地上高 140mm
■車両重量 174kg
■舗装平坦路燃費 41.0km/L(60Km/h)
■原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
■気筒数配列 単気筒
■総排気量 399cm3
■内径×行程 87.0mm×67.2mm
■圧縮比      8.5:1
■最高出力 19kW(26PS)/6,500r/min
■最大トルク 29N・m(2.9kgf・m)/5,500r/min
■始動方式 キック式
■潤滑方式 ドライサンプ
■エンジンオイル容量 2.40L
■燃料タンク容量 12L
■吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
■点火方式 TCI(トランジスタ式)
■バッテリー容量/型式 12V, 2.5Ah(10HR)/GT4B-5
■1次減速比/2次減速比 2.566/2.947
■クラッチ形式 湿式, 多板
■変速装置/変速方法 常時噛合式5速/リターン式
■変速比 1速 2.357 2速 1.555 3速 1.190 4速 0.916 5速 0.777
■フレーム形式 セミダブルクレードル
■キャスター/トレール 27°40′/111mm
■タイヤサイズ (前/後) 90/100-18M/C 54S(チューブタイプ)/110/90-18M/C 61S(チューブタイプ)
■制動装置形式 (前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
■懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
■ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
■乗車定員 2名

【2】「YAMAHA(ヤマハ)SR400」の歴史を振り返る


毎年のように細かな変更を続けてきたSR400。たび重なる排ガス規制や安全対策の強化など節目節目の大きな出来事とともに「進化」を続けて今日に至っています。その歩んできた歴史を振り返って行きたいと思います。

出典:YAMAHA

■1978年SR400(2H6)

出典:バイクの系譜 SR400

1976年デビューのオフロードモデルXT500のエンジンとフレームをベースに作られたロードバイクがSR400の始まり。このSR400はフロント19インチを採用されていた。販売当時の価格310,000円。

【スペック】
エンジン:SOHC2バルブ単気筒399cc
最高出力:27ps/7000rpm 最大トルク:3.0kg-m/6500rpm
車両重量:158kg(乾燥重量)

■1979年SR400SP(34F)

出典:バイクの系譜 SR400

翌年デビューのSR400SPはホイールをスポークからキャストに変更。チューブレスタイヤも採用され、走りのレベルは向上したものの、SRファンからは受けが良くなくて、この後のモデルでスポークホイールに戻された。販売当時の価格340,000円。

【スペック】
エンジン:SOHC2バルブ単気筒399cc
最高出力:27ps/7000rpm 最大トルク:3.0kg-m/6500rpm
車両重量:161kg(乾燥重量)

■1985年SR400(1JR)

出典:バイクの系譜 SR400

2代目SRでは、時代に逆行してブレーキがドラムに戻された。レトロなイメージをより具体化するためだったらしい。他にもフォークブーツの装備など徹底したリファインが施された。このモデルよりフロントが18インチに変更。販売当時の価格399,000円。

【スペック】
エンジン:SOHC2バルブ単気筒399cc
最高出力:27ps/7000rpm 最大トルク:3.0kg-m/6500rpm
車両重量:153kg(乾燥重量)

■2001年SR400(RH01)

出典:バイクの系譜 SR400

安全基準が厳しくなったこともあり、このモデルよりフロントブレーキがディスクに戻される。排ガス規制も厳しくなり、「エアインダクションシステム」を装備し、排気ガス規制に適合させた。販売当時の価格450000円。

【スペック】
エンジン:SOHC2バルブ単気筒399cc
最高出力:27ps/7000rpm 最大トルク:3.0kg-m/6500rpm
車両重量:152kg(乾燥重量)

■2010年SR400(RH03)

出典:バイクの系譜 SR400

厳しくなった排気ガス規制に適合できなくなったSR400は一時カタログから姿を消しましたが、FI(電子燃料噴射装置)を得て、排気ガス規制をクリア。1年の時を経て復活しました。販売当時の価格577,500円。

【スペック】
エンジン:SOHC2バルブ単気筒399cc
最高出力:26ps/6500rpm 最大トルク:2.9kg-m/5500rpm
車両重量:174kg(車両重量)

■2015年SR400(RH03)

出典:YAMAHA

ヤマハ発動機60周年の記念モデルとして発売される。1970年のヤマハスピード ブロック グラフィック「インターカラー」を採用したSR400。ホイールリムやハブもブラックカラーとした精悍なモデル。そして、現在に至っています。

【スペック】
エンジン:SOHC2バルブ単気筒399cc
最高出力:26ps/6500rpm 最大トルク:2.9kg-m/5500rpm
車両重量:174kg(車両重量)

【3】「YAMAHA(ヤマハ)SR400」の人気カスタムパーツ


■マフラー
何と言ってもカスタムの一番人気はマフラーです。ビッグシングルの鼓動をより感じるために、一番に「純正マフラーから社外マフラーへカスタムする」ユーザーが多いようです。

① オーヴァーレーシング(OVER RACING) フルエキゾーストマフラー フルチタンメガホンマフラー マンクスタイプ SR400(10-)

出典:Amazon

② ヨシムラ(YOSHIMURA) バイクマフラー フルエキゾースト チタン機械曲 サイクロン TTB チタンブルーカバー SR500(85-00) SR400(85-02)

出典:Amazon

③ ビームス(BEAMS) フルエキゾーストマフラー マフラー R-EVO ステンレスサイレンサー

出典:Amazon

■シート
シートカスタムも人気のアイテムの一つです。SRの場合、レトロ風のタックロールシートにしたり、カフェレーサーカスタムやスカチューンはシングルシートが必須アイテムのようです。

① ポッシュ(POSH) GLOSSカフェ・ファイブシート SR400/500(~’08)

出典:Amazon

② HEAVEN’S(ヘブンズ)バイク シート トラッカーシート シームレスタックロールシートSR400 キャブ車用

出典:Amazon

③ YAMAHA(ヤマハ) タックロールシート SR400 (~’09モデル対応)

出典:Amazon

■ハンドル
シートを替えれば、当然ハンドルもそれに合わせてカスタムしたくなるもの・・・。ハンドルはレーシーなポジションのセパハンからまったり乗れるバーハンドルまでさまざまです。好みに合わせて選べばいいと思います。

① デイトナ(Daytona) セパハンセット SR400/500(’88/8〜’00モデル用)91862

出典:Amazon

② クリップオンセパレートハンドル セパハン 35φ 35mm 35パイ アルミ削りだし ブラック

出典:Amazon

③ キジマ(Kijima) ハンドル スワロー メッキ L 650mm 204-312

出典:Amazon

■ライト類
SR400標準装備のウインカーやテールランプは大型のものが付いています。ライト類のカスタムは、比較的安価にカスタム出来て、大きく印象を変えることができますので、手軽なカスタムパーツの一つとなっています。

① デイトナ(Daytona) ニュースモールウィンカーキット(オレンジ)SR400

出典:Amazon

②デイトナ(DAYTONA) ボルトオンテールランプキット(ムーニー) ステンレス製ベース

出典:Amazon

③デイトナ(DAYTONA) アジャスタブルテールランプキット(セミユニバーサル) ルーカス

出典:Amazon

■カウル、バックステップ類
今、流行の “カフェレーサーカスタム” するなら、ビキニカウルなどのカウルは必須アイテムとなっています。小型のヘッドライトともにワンオフカスタムして個性をアピールするのが流行っているようです。また、レーシーなポジションで楽しむならバックステップも必須アイテムです。

①グッズ(GOODS) ARROWカウリングキット SR400/500 G6-00095

出典:Amazon

②ポッシュ (POSH)クラシカルバックステップ SR400/500

出典:Amazon

【4】「YAMAHA(ヤマハ)SR400」の最新カスタム紹介


海外で人気の「最新SR400カフェレーサーカスタム」を見て行きましょう。

① ‘Snipe’ Yamaha SR400 – Old Empire Motorcycles
■スリムでありながら、高級感あふれる仕上がり

■小型のヘッドライトとそのカウルが印象的なフロント回り

■2灯のテールランプが個性満点

■質感の高いシングルシート

出典:PIPEBURN

② ‘Sunmaster 14’ Yamaha SR400 – Omega Racer

■レーシーなフルカウルをチョイス

■ドラムブレーキとのミスマッチ感が面白い仕上げ

■シングルシート&カウルが短くレーシー

■ヤマハのロゴプレートがお洒落なシングルシート

出典:PIPEBURN

③ SR400 ‘Grace Racer’ – AN-BU Custom Motors
■精悍なカラーリングと本格的な足回り

■全体をブラックで統一していtるので、非常に締まってみえます

■タンクの赤いラインがアクセント

■コンパクトなライトとカウルがとても印象的なフロント回り

出典:PIPEBURN

ヤマハ・SR400についてのまとめ


いかがだったでしょうか?
新車の詳細からこれまでの歴史、そして人気のカスタムパーツ、最新のカスタム情報までご紹介いたしました。初めてバイクに乗る方にも、できるだけわかりやすく解説いたしました。より多くの方に、YAMAHA(ヤマハ)SR400の魅力が伝わっていれば幸いです。【Rider編集部】

ヤマハ・SR400の画像集


shiroさん(@hoshimina8215)がシェアした投稿

Mさん(@m0409aki)がシェアした投稿

Mさん(@m0409aki)がシェアした投稿

tenさん(@10rin7)がシェアした投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加