バイクを買う

スズキ・GSR250シリーズはココが凄い!! 他社とは一線を画す独自性

独自性の高いバイク、スズキ・GSR250シリーズの最新情報まとめ記事です。果たしてスズキ・GSR250シリーズのバイクはどのようなバイクなのでしょうか? 本記事ではスペックや装備などの面からスズキならではのバイクの特徴や魅力などをご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

ホンダ、ヤマハ、カワサキがフルカウルの250ccバイクを発売し、年々激化する250ccスポーツバイクのカテゴリーですが、そこに属せずに独自のフェアリングで注目のスズキGSR250シリーズ。この違う方向性からアプローチしているスズキの250ccバイクは、どのようなバイクでしょうか。

スズキGSR250シリーズって、どんなバイク?


GSR250


出典:All About Motorcycle

GSR250S


出典:ZOMBIE DRIVE MOTO

GSR250F


出典:SUZUKI

サーキットを走行をしたくなるフルカウルのスポーツバイクではないにもかかわらず、GSR250シリーズには3車種も用意されています。それはGSR250、GSR250S、GSR250F(以下STD、S、F)であり、それぞれスポーツ、ツアラー、スポーツツアラーとカテゴライズできると思います。これは、街中~高速道路~ワイディングにマッチングも目的とした街乗り仕様です。フルカウルスポーツバイクのような圧倒的な性能とスパルタンな感じがなく、面白みに欠けるところはあるかもしれません。しかし、ユーザーの求める用途に合わせられるようGSR250だけで3車種にも分けて販売するのはスズキのライダーに対する親切心といえるでしょうか。

2011年、スズキの中国・現地法人である常州豪爵鈴木摩托車有限公司が GW250 というオートバイを発売したが、これが好評を得たことからグローバルモデル(世界戦略モデル)として世界規模で発売されることになった。2012年に欧州で Inazuma250 として発表され、日本でも同年7月18日に GSR250 として発表され7月30日より発売された。車体デザインはB-KINGをイメージしたネイキッドタイプで、エンジンは248ccの並列水冷2気筒に低中回転域中心のセッティングを施し搭載している。なお2014年9月発売の L5(2015年)モデルより販売価格が2万円弱引き下げられる。

GSR250Sは2014年1月10日に発売された。通常モデルからフロントカウルを風防付きのものに交換し、ハンドルの位置を高く変更したツーリング仕様のモデルとなっている。GSR250Fは2014年9月18日に発売された。250シリーズのフルカウル仕様であるが、風防やハンドルの高さは S より低めのセッティングとなっている。なお S・F は2017年にメーカーより日本向け仕様の生産終了が公表されている。
出典:wiki/スズキ・GSR

3台の共通ディテール


3車種の共通部分をまとめてみました。

エンジン


出典:CARS MAGAZINE
水冷SOHC2気筒エンジンはボア53.5×ストローク55.2mmのロングストロークであり、エンジン回転数4,000rpm前後の低中速域重視のパワー特性。

デジタルメーター


出典:スズキ
タコメーターをセンターに大きく配置し、その周りに速度メーターやオドメーターがある非常に見やすい設計になっています。ギアチェンジの表示やシフトアップのインジケーターまで備わっています。

マフラー


出典:CARS MAGAZINE
クロームメッキ加工されたサイレンサーを左右2本だしにしたマフラーは、重厚感があり安っぽく見えることはないでしょう。このサイレンサーのディテールもスポーツよりツアラー思考が強く感じられます。

タンデムシート


出典:CARS MAGAZINE
シートカウルに大型のグラブバーを備えており、タンデムや荷物の積載時に安心感と利便性を発揮しています。

フロントブレーキ&ホイール


出典:ZUUN
シングルディスクに4ポッドキャリパーは他社製の250ccスポーツバイクと変わらないところであり、ストッピング性能は十分。しかし、二輪各社が現代的で斬新なデザインのホイールを装備する一方で、スズキは3本スポークのスタンダードなデザイン。というよりも30年前のバイクに装着されていたような外観で、少し安っぽく感じてしまいます。ユーザーによっては、もっと派手なホイールの方が良いという意見もあったでしょう。

ブレーキレバー


出典:スズキ
手の大きさや好みで5段階に位置を変えることができるアジャスター付き。250~400ccクラスでは未装備のものが多いので、これはうれしいところです。

スズキ・GSR250シリーズのハンドルとフェアリング


GSR250シリーズの違いは、フェアリングとハンドルの高さです。ハンドルはSTDが最も低く、Sが最も高い。フェアリングもSが一番高く、そのあとはF、STDという順番になってきます。

GSR250


出典:ZUUN
全長:2145mm、全幅:760mm、全高:1075mm
車重:183kg
価格:456,840~476,280円

ヘッドライトはストリートファイター的なデザインそのものであり、ハンドルも3車のなかで一番低いです。上半身は少しの前傾でポジションは最もスポーティーです。車重も一番軽く、スッキリしたデザインできびきびと街中やワイディングをこなす”走り”を意識したモデルでしょう。

GSR250S


出典:スズキ
全長:2145mm、全幅:790mm、全高:1305mm
車重:188kg
価格:492,480円

3車の中で最もハンドルが高く、背の高いスクリーンで全高が一番。STDに比べハンドル位置は48mm高く、手前に66mmほど引かれ、幅は690mm広くなっています。スクリーンのおかげで高い防風性能を発揮し、上半身は垂直に起きた状態であっても、走行風からくる疲労感を軽減してくれます。よって、最もツアラー思考でロングツーリングに適しています。

GSR250F


出典:スズキ
全長:2145mm、全幅:790mm、全高:1255mm
車重:189kg
価格:514,080円

フルカウルにこだわるのであればFですが、ホンダCBR250R、ヤマハYZF-R25、カワサキニンジャ250から比べればスポーティー度合いは低く、「スポーツツアラー」というくくりが最も当てはまる250ccスポーツバイクです。ハンドルはSTDより24mm高く、SとSTDの中間。スクリーンもSに比べれば49mm低く、10度後退しているため、Sほどの防風性能が劣ります。しかし、フルカウルのスッキリした外観はこだわりを持つライダーにウケはいいでしょう。乗る場所で考えてみると、STDより街中に似合わないが高速道路やワイディングでのツーリングに向いているでしょう。

スズキ・GSR250の燃費は?


街乗りで27km/L前後、高速道路で30km/L
のオーナーさんが多いようです。悪くはない数字ですが、250ccクラスではもう少し燃費の良いバイクも存在します。その意味ではスズキGSR250の燃費はまあまあの燃費、といった感じでしょうか。

スズキ・GSR250シリーズのまとめ・総評


最後に、GSR250シリーズは燃費が非常によく、普通に乗ったとしてもリッターあたり30キロ走行が可能です。また780mmのシート高は車種にかかわらず足つき性は良好で背の低い方や女性でも十分乗りこなせます。通勤通学、街乗り、ツーリングまでこなせる、とてもユーザーフレンドリーなバイクといえるでしょう。

スズキ・GSR250の動画集


【Suzuki GSR250/試乗インプレッション/レビュー】YZF-R25/Z250/CBR250/Ninja250/YBR250との違いは?Test drive/run/ride/review

Suzuki 2014年モデル GSR250の試乗インプレッションです。他の250との差はどこにあるのでしょうか?分りやすく検証したいと思います。Suzuki is a test drive impressions of 2014 model GSR250. Where do you the think there is a difference between the other 250?

GSR250を1年半乗ってレビュー/モトブログ #33

インプレッションしてみたよ! 動画見返してみると批判的な話が多い気が。でも、いいバイクなんです! おかしいだろ!ってことは私の経験と技術不足のことなので、ご愛嬌を願います。 《撮影場所》 大阪府堺市 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー twitter https://twitter.com/GSR250_wakayama Mail GSR_250@excite.co.jp Bike SUZUKI GSR250 Video Camera Sony AS30V Edit Final Cut ProX

『週刊バイクTV』#582 検証!「GSR250シリーズ」【チバテレ公式】

『週刊バイクTV』 絶賛放送中!! チバテレ (毎週水曜日 22:30~) テレ玉 (毎週木曜日 26:40~) とちぎテレビ (毎週日曜日 23:15~) サンテレビ (毎週火曜日 25:40~) 【#582 検証!「GSR250シリーズ」】 近年ファン層を拡大しているGSRシリーズの中から、250ccの3種にスポットを当て比較検証します。 用途に合わせて選択できるその違いを篤とご覧あれ! 出演:末飛登 【チバテレ公式チャンネル】

スズキ・GSR250の画像集


k.iさん(@k.i.user)がシェアした投稿

zenchan-tさん(@rer52_gsr)がシェアした投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加