バイクを買う

ヤマハ・RZ250/RZ250R/RZ250RRはココが凄い!! 古き良き80年代、青春のバイク

ヤマハ・最後の2ストバイク。4stへと移行する市場の潮流に逆らうような形で、RZ250は「2スト・ピュアスポーツの集大成」というコンセプトで開発されました。この記事では、ヤマハ・RZシリーズの歴史・スペック・動画・特徴などを紹介し、その魅力をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加


出典:ヤマハ発動機

RZ250は1980年8月にRD250の後継車として登場した、ヤマハの2ストロークスポーツバイクで、世界的に排ガス規制が厳しくなり、ヤマハが最後の2ストロークスポーツモデルを造るということで、「2ストロークスポーツの集大成」が開発コンセプトだったそうです。

ヤマハ・RZシリーズの歴史


★1980年8月発表のRZ250(4L3)


出典:バイクの系譜 RZ250/R/RR

当時、その「2ストならではの軽さと瞬発力を武器にした速さ」は抜きん出ていて、上級車のRZ350は「ナナハンキラー」の異名を取ったのはあまりにも有名な話。このRZ250/350が人気となったことで2ストロークスポーツが再び脚光を浴び、後の2スト・レーサーレプリカ(ホンダNSRやヤマハTZRなど)のブームにつながったと言われています。

★1983年2月発表の2代目のヤマハ・RZ250R(29L)


出典:バイクの系譜 RZ250/R/RR

エンジンは他社に先駆けて排気デバイスであるYPVS(YAMAHA Power Valve System)を搭載。最高出力が43psに強化。装備面では、ビキニカウル、タンク容量の大幅アップ(20L)、フロントブレーキのダブルディスク化、リヤブレーキのディスクブレーキ化、リアのリンク式モノクロスサスペンション採用など大きく進化した。

★1984年2月発売のヤマハ・RZ250RR(51L)

ハーフカウル仕様としてRZ250RRを発売。オプションでフルカウル仕様にできたり、シングルシート化することができた。1984年10月にはネーキッドバージョンも発売。

出典:Welcome in the ELSIE world

★1986年7月にマイナーチェンジヤマハ・RZ250R(1XG)以降

タンクの変更(20L→17L)、サイドカバーからテールカウルも一体化されるなど、全体的にスリム化された。1987年7月に最後のマイナーチェンジ(3HM)が行われ、17インチホイールなどが採用された。1990年R1-Zに引き継がれ、RZとしての使命を終えた。

出典:wikipedia ヤマハRZ

ヤマハ・RZ250/RZ250R/RZ250RRのスペックは?


全長 2095mm 全幅 710mm 全高 1170mm
ホイールベース シート高 不明
排気量 247cc
エンジン種類 水冷2ストロークピストンリードバルブ並列2気筒
最高出力 43PS/9500rpm
最大トルク 3.4kgm/8500rpm
燃料タンク 20L 車両重量 145kg(乾燥重量)
燃料消費率 不明
車両価格 399,000円
※スペックはいずれもRZ250R(29L)1983年モデルのものです

ヤマハ・RZ250/RZ250R/RZ250RRってどんなバイク?


私が乗ったことがあるのは、1984年型RZ250RR(51L)です。このRZ250RRは2ストロークながら6000rpmくらいまでの低中速域での走りは十分実用的でトルクフル。YPVSが効いていたのでしょうか、2ストロークを感じさせない「乗りやすいバイク」でした。また、タンクが20Lと大きく迫力満点だったのが印象的でした。ツーリングユースにも十分応えてくれるフレキシビリティ(柔軟性)があって、燃費もおとなしく走れば20km/L前後と良好でした。ひとたび、アクセルをワイドオープンすれば「これぞ2ストロークの走り」を存分に味わうことができた、ホント面白い良いバイクでした。

RZ250(4L3)は、RDの後継車種で1980年8月に株式会社ヤマハ発動機から販売された国内向け専用の250ccのオートバイ車名である。1970年代、北米を中心に自動車排出ガス規制が強化され、2ストロークエンジンの使用が厳しくなってゆく中、最後の2ストロークスポーツモデルを作るという思想から誕生した。「RZ」の「R」は元来はヤマハ社内で350ccを意味している記号ではあるが、「Z」は水冷を意味する。他にアルファベット最後の文字から転じて、最後の、究極のといった意味も込めているという。エンジンはボア・ストローク(54mm×54mm)の水冷2ストローク並列2気筒のレイアウトを採り、同クラスとして当時トップの35psを誇った。
各種装備は、当時の最先端アイテムを装備。通称日の丸カラーともいわれる初期型のホワイトモデルは美しいパールペイントである(以降はソリッドホワイト)。上位排気量の4ストローク400ccクラスとも対等以上に渡り合える性能だったことから、「400キラー」とも呼ばれた。
出典:wiki/ヤマハ・RZ

ヤマハ・RZシリーズは中古市場でも人気


発売初年度に14700台という大ヒットを記録し、その後も売れまくったRZシリーズ。初期のものでいえば30年以上の時を経ているので、完全に旧車の類になるかと思います。したがって、程度のいいものやフルレストアしたものは、かなりの高値(100万円前後)がついているようです。古いバイクだけに、後々のメンテナンス能力も含めて「信頼できるショップ」から購入することが必須条件になりそうです。

出典:バイクブロス中古検索

ヤマハ・RZ250/RZ250R/RZ250RRのまとめ、総評


わが青春のバイクRZ…同じような思いのライダーも多いのではないかと思います。高回転まで回した時の五感に響き渡る音、そしてその爆発的な加速感。今でも鮮烈に蘇ります。2ストロークエンジンが死滅してしまい、決して味わえないフィーリングになってしまいました。内燃機関が電気へと変わりつつある昨今、もしかしたら4ストロークエンジンまでもが、いずれなくなるのかもしれません。
古き良き時代のRZ、そして2ストロークエンジン…大切にしていきたいですね

ヤマハ・RZ250/RZ250R/RZ250RRの動画集

– 旧車RZ250の魅力 - YAMAHA RZ250/RZ350

1980年8月ヤマハ発動機から販売されたRZ250。 「RZ」の「R」は350ccの意味。 「Z」は水冷の意味。 また、アルファベット最後と言う事で、最後の・究極のといった意味も込めているという。 新しいバイクももちろんいい。 でも、旧車には旧車の良さがある。 LYD

2ストの音は最高だぜ~! 初期型RZ250 RZ350 プロアーム

KPのTZレプリカチャンバーに交換! スチール・アルミサイレンサー Rエンジン クランク芯出し溶接 強化クラッチ TMX30 3HMデジタル点火  前後足周りNSR250 MC28  Fホイール テクノマグネシウム ランナー製バックステップ Fスプロケからスピード取出し 外装は日産プレジデントのパール あとはNSR250のラジエターに交換したいな。

YAMAHA RZ250 復活したけど..振り出しに戻る

フレームからの完成乗り出しで..最終ミスでまたe/g降ろす 95%まではいいけど、あと5%がいつも通りのミスって言われた 笑 5%足りない頭脳なんで66.6%足りないミッションオイルで走行.. そうそう..途中休憩で会ったSRの走行距離107000kmでした。 編集でもミスって10700kmってなってます。笑 距離メーターが一周して7000kmでした 凄い。

YAMAHA RZ250R

ヤフオク:掘出市場出品中 http://booth.search.auctions.yahoo.co.jp/strsearch?desc=%A1%FA&sb=desc&alocale=0jp&acc=jp&seller=horidashi_ichiba

YAMAHA RZ250RR 51L 1405270735 t

YPVS水冷2ストローク並列2気筒エンジン搭載の2代目 RZ250RR(51L) 大ヒットを記録した先代RZ250の後継車として、1983年に登場したRZ250R(29L)は、43PSを発揮するYPVS(ヤマハ・パワー・バルブ・システム)水冷2ストローク並列2気筒エンジン搭載しています。車体はダブルクレードルフレームに、リンク式モノクロスサスペンションが採用されます。 …

ヤマハ・RZ250の画像集

fukuさん(@gsx_fk)がシェアした投稿

Shingoさん(@h.dokurodan)がシェアした投稿

関連記事 【旧車】古き良き80年代…打倒RZ!4サイクルで挑んだ『ホンダVT250F』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加