その他

「ばくおん!!」ヒロイン講座 三ノ輪 聖(愛車・ドゥカティ1199 パニガーレS&スーパーカブ50)編

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

「ばくおん!!」の眼鏡っ子担当お嬢様・三ノ輪 聖(みのわ ひじり)(CV・山口立花子)

出典:アニメ「ばくおん!!」公式サイト

身長160cm。血液型はAB型。スリーサイズはB81・W61・H86cmと控えめお胸。
財閥系の大企業「三ノ輪グループ」の社長令嬢で、筋金入りのお嬢様キャラ。
お小遣いは貰わず、限度額無制限のクレジットカードがお財布代わりです。

容姿端麗で学校の成績も抜群の才女系お嬢様。
ただし性格や発想に難があり、ワルへの憧れを持つように。
彼女なりのワルの美学を数々の映画などから学び、憧れのワルになる第一歩としてバイク部へ入部します。第2話「じゅんび!!」ではジェームズ・ディーンの代表作「理由なき反抗」で学んだチキンレースでバイク部の面々に勝負を挑みます。

興奮しすぎて早川にブレーキングを許さず、お約束通り川へダイブ。

少々ズレたところがある聖ですが、友情に厚く仲間思い。
羽音の卒業検定では、ガチガチに緊張して脱落寸前の羽音を過激に応援。

ちょっとハッスルしすぎですが、物怖じなく行動するアクティブさで羽音を応援。
彼女の開脚ぶりからニーグリップや操縦の基本を思い出し、羽音は見事合格を果たしました。

早川の運転するドゥカティ・750SS イモラレプリカのサイドカーが指定席。

(画像出典・wikipedia ドゥカティ・SS)
このマシンは元祖カフェレーサーとして知られる世界的な名車で、現在愛好家の間では非常に高額で取引されている稀少車です。
残念ながらチキンレースで水没してしまいますが、金の力でいとも簡単に復活。
北海度ツーリングではエンジンが爆発してしまいますが、空輸で新しい車両が到着するなどスペアも豊富に所有しているようです。
ドゥカティファンにはたまらない憧れの一台と言ってよいマシンですね。

その他、聖の為にサイドカーをつけて登場するのはMVアグスタ・F4セリエオーロ

(画像出典・Alphine Bikers -Modern Classsics-)
こちらも非常な稀少車で、世界限定300台、日本国内限定25台の限定車。
現在の市場販売価格は600万円コースの「走る宝石」シリーズです。
ホイール&スイングアームにマグネシウム合金、カーボンファイバー製のフルフェアリングという超豪華仕様の稀少車です。
日本でも現時点では20台あるかないかといった流通状況で、お嬢様の聖らしいバイクと言えるでしょう。

作中ではイモラレプリカはこんな感じで登場します。

レトロさの中にもどこか硬派さを感じることが出来る、古き良き時代のドゥカティらしいバイクです。

現時点ではまだ普通二輪免許を未取得ですが、原作ではホンダ・スーパーカブからステップアップを果たし、取得後にはドゥカティ・1199 パニガーレSを399ccエンジンに換装した特別仕様車を愛車にします。

(画像出典・ドゥカティ ジャパン-1199 Panigale S Tricolore-)
マルケジーニ製鍛造アルミホイールやエレクトリックサスペンションという豪華な装備とオリジナルのエアロキットがスタンダードとの違い。
イタリア本国仕様では最大トルク13.5kgm、ツインエンジン最高値となる195馬力というとてつもないポテンシャルを備えたマシンで、そのままサーキットで走行出来てしまうほど。
スーパークアトロエンジンという仕様ですが、伝統のL型ツインエンジンのデスモドロミック機構は健在です。
さらに足回りもマルゾッキ製フロントフォークとオーリンズTTXリアショックという超一流のもので、死角が全く見当たらないほど戦闘的なスポーツバイクです。
スタンダードより50万円ほど高くなっていますが、ブルジョワジーの聖らしい愛車として活躍してくれそうですね。

数々の提案や企画でバイク部を盛り上げる企画力が持ち味で、文化祭ではアクの強い校長・たづ子との交渉までこなしてみせました。
レースでは「ヒジリアン女王」(元ネタは1981年にテレビ放送された特撮ヒーロー作品「太陽戦隊サンバルカン」のヘドリアン女王)に扮し、実況中継で盛り上げました。

懐かしの名作ファミコンゲーム「エキサイ●バイク」に登場した謎の板まで再現してみせます。
「何よこれ?」
「「上を通り過ぎるとバイクのエンジンがなぜか冷える板」ですわ!」

…一体どうやって作ったのか謎ですが、ちょっと欲しいと思ってしまうのは筆者だけではないはず。(笑)

レース車両の改造を羽音と相談する場面では
「改造ってドクロにドリルとか?」
「まぁ素敵!」
「素敵じゃないだろ」

物怖じなさすぎます。聖お嬢様。

現代っ子らしく、何でもとにかくスマホで撮影してしまおうとする困った面も。

酔って凛に「裸レーシングスーツやって~♪」とセクハラする猿山先生を撮影したり


宗谷岬からバイクダイブしようとする猿山先生を動画撮影しようとしたり、やりたい放題な事もしばしば。
(早川さんもお嬢様を止めなさいw)

第5話の水着回では…

全身を使ってアレな洗い方をする羽音に大興奮!

アメリカ式洗車として撮影を試みる始末。お嬢様の未来が実に心配ですw

羽音以上の天然ぶりと過剰暴走の実行力を持つ聖のバイク部体験。
これからもアニメ「ばくおん!!」から目が離せませんね!

そして毎週変わるアイキャッチ画像の各社マシンも要チェックです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加