バイクに乗る

【ボバー】ハーレーだけじゃない!! 最前線のボバーカスタム大特集

  • このエントリーをはてなブックマ>ークに追加

最近の新車発売では、ボバースタイルでリリースされるバイクが多くなりました。今、ボバースタイルはカフェレーサー、ストリートファイターに並んで、バイクカスタムのトレンドになっています。しかし、ボバースタイルというとハーレーでカスタムされていることが多い。そこで、それとは逆にハーレー以外のバイクでボバーカスタム車を集めてみました。
 
 

652ccシングルエンジンの鼓動音がたまらないスズキサベージボバーカスタム



出典:CAFÉ RACERS

出典:CAFÉ RACERS
この世において、単気筒エンジンが最も作りがシンプルで鼓動感あるエンジン音を奏でてくれるのではないでしょうか。国産車で最も大きい排気量の単気筒エンジンを搭載したバイクは排気量652ccのスズキLS650サベージです。もともとはアメリカンクルーザーとして販売されたサベージはチョッパー、カフェレーサーなどカスタムベース車として世界中の単気筒マニアがほしいバイクの一台です。新たなボバーにカスタムしてもなかなかの出来上がりで、排気音は超クールです。

LS650Savage(サベージ)


出典:MCS
販売期間:1985年~1989年(北米では2004年まで販売)

LS650サベージの排気音はこちら

Suzuki Savage LS650 Bobber startup

My bobber project, just after new front fairing install.

国産アメリカンの元祖XV750ビラーゴボバーカスタム



出典:inazumacafe

出典:inazumacafe
250ccアメリカンとして国内ではヤマハXV250ビラーゴが人気でした。そして、XV250ビラーゴが発売された1988年以前に最初のビラーゴはXV750ビラーゴとXV1100ビラーゴでした。国産メーカーが空冷V型エンジンを搭載した本格アメリカンはXV750ビラーゴであり、ヤマハドラッグスターの先祖になります。そんなXV750ビラーゴのボバーカスタムは大きなV型エンジンと極太のビンテージタイヤの相性が抜群に良く、ハーレーダビッドソンにも引けを取らないボバーへとなっています。

ヤマハXV750Virago(ビラーゴ)


出典:Motoebike Search Engine
販売期間:1981~1997年

カスタム車ではなく芸術品! ヤマハSR400ボバーカスタム



出典:bikerMetric
どんなスタイルへも変身可能なカスタムベースとして人気のヤマハSR400を美しいボバーへとカスタム。このバイクのカスタム工程は知られていませんが、フレーム、スイングアーム、ガソリンタンクまでオリジナルで作られていそうです。SR400だとわかるのはエンジンとホイールのハブ部分のみです。このバイクのオーナーは台湾の方で、SRカスタムをここまでしてしまう台湾人の情熱を感じさせられます。

出典:bikerMetric
驚かされるのは、このバイクの細さ。自転車のようで、カスタムというよりアート(芸術)です。

ヤマハSR400


出典:YAMAHA

美しきエンジンの造形美を引き立てるホンダ・ドリームCB450ボバーカスタム



出典:pipeburn MOTO GODNESS
ホンダのロードスポーツバイクとして1965年4月に発売されたドリームCB450。このとき、大排気量4気筒エンジンのCB750Kシリーズがまだ発売されておらず、当時は2気筒エンジンを搭載したドリームCB450はホンダのフラッグシップモデルであり、そのエンジンの造形美は今見ても美しく思います。ボバーカスタムではタンクを小さく、シートからリアタイヤにかけてフラットフェンダーにすることでエンジンがよりむき出しになり、エンジンの見栄えはボバーの重要な要素です。ハーレーのようなV型エンジンはバイクを横にした時の見栄えは非常に良いですが、このCB450のエンジンも横から見た時のカッコよさはV型エンジン搭載のバイクとはひと味違うカッコよさを出しています。

DREAM CB450


出典:HONDA CB450 HISTORY
国内販売期間:1965年~1974年

無駄な外装はすべて取り外したドゥカティS2R 800ボバーカスタム



出典:pipeburn MOTO GODNESS
ドゥカティS2R 800をアメリカのカスタムスタイルであるボバーにすればどのようなバイクになるか、このバイクを見るまで想像もできませんでした。といっても、ドゥカティーモンスターシリーズの特徴である鋼管トレリスフレームではなく、オリジナルのフレームとタンクで、エンジンそのものがバイクであるかのように思えるほどシンプルすぎる作りです。

出典:pipeburn MOTO GODNESS
肉抜きされただけのドゥカティのように思えても、サドルシートにフレームと一体化されたタンクも、従来のボバーガスタンクと同様に容量が少なく、エンジンとタンクのクリアランスがギリギリになっています。ボバーカスタムの新たな方向性を思い起こさせるようなカスタムといえるでしょう。

ドゥカティS2R 800


出典:MCN
販売期間:2005年~2007年

ボクサーツインを現代的なボバーへ! BMW R1200Rボバーカスタム



出典:pipeburn MOTO GODNESS
BMWの古くから続くロードスポーツモデルを継承するR1200Rを思い切ってボバーにカスタム。といってもこれが簡単なことではなく、BMW固有のテレレバー、パワレバーやインテグラルABSブレーキシステムを取り払い、エンジンとタイヤだけといった単純な車体にするまで一苦労です。BMWの旧車はボバーカスタムのベース車として多く使われていますが、新型となるとBMWは作りが複雑です。このボバーカスタムもフロントの足回りはごっそりと変更され、フレーム加工も行い、タンクも交換されています。タイヤは幅のあるブロックタイヤや、それに合わせたフラットフェンダーは、忠実にボバースタイルへと近づけています。

出典:ASH ON BIKES

最新のカワサキスポーツバイクがボバーカスタムしたらどうなるのか?



出典:pipeburn MOTO GODNESS
ボバーカスタムというのは1930年代に行われたアメリカのバイクカスタムですが、約90年経った現在(2016年)のバイクを90年前のバイクへとカスタムするのは相当難しいでしょう。そんな難題に立ち向かうべく、コンピュータ上でボバーカスタムにした仮想を画像化することはカスタムを始めるまでに非常に有効な手段です。そこで、北米や欧州で人気のスポーツバイクカワサキZ1000をボバーにすればどうなるかイメージすれば上の画像です。これもこれでありではないでしょうか。

カワサキZ1000(2010年モデル)


出典:MOTOSTARZ

サビもカスタムの一つ。ホンダGL1000ゴールドウィングボバーカスタム



出典:pipeburn MOTO GODNESS
ホンダゴールドウィングは水平対向6気筒エンジン(1974~1987年モデルは4気筒)を搭載したクルーザーバイクであり、カフェレーサーなどへとカスタム対象にしにくいバイクです。しかし、その個性的なエンジンは他のバイクメーカーにない魅力があり、このエンジンを活かしたカスタムは他のバイクでは表せない重量感と迫力を生み出します。そんな1975年モデルのホンダGL1000を思い切ったボバーにカスタムされたのがこのバイク。

出典:pipeburn MOTO GODNESS
放置され錆びたボロボロのバイクのように思えますが、ハンドルやメーター、足回りの錆はほとんどありません。これは、タンク、シート、マフラーの錆、さらにエンジンのオイル汚れを故意的にカスタマイズされたGL1000ボバーです。古さやボロさもカスタムのうち!
錆びたタンクは5ドルで購入したホンダCB750F、シートは15年以上も放置されたカワサキKZ550が取り付けられています。

ホンダGL1000(1975年モデル)


出典:ZOMNIE DRIVE MOTO

原付でも立派なボバーになる! ホンダスーパーカブ90ボバーカスタム



出典:bikerMetric
ハーレーのカスタムとして存在するボバーは大型バイクのみを対象としたカスタムであると思うでしょう。私もそんな思い込みをしていたのですが、ホンダスーパーカブのボバーカスタムもありました。ボバーカスタムで必須のフラットフェンダー、太めのビンテージタイヤ、サドルシート、ボバーガスタンクを装着し、立派なボバーへ変身。

出典:bikerMetric
こんなスーパーカブが街中に止まっていたら、思わず立ち止まって見入ってしまうのでしょう。ボバーとしての完成度はレベル高いです。

ホンダスーパーカブ90


出典:MOTO IMAGES

直列4気筒エンジン搭載に圧倒させられるBMW K1200RSボバーカスタム



出典:autoevolution
エンジンを縦に搭載されたBMW・KシリーズのK1200RSは車重300キロもある重量級バイク。特徴である縦置きエンジンはノーマルのK1200RSではカウルで隠れており、外から見るとどのようなエンジンが搭載されているかよくわかりません。そこでボバーにすることでエンジンがむき出しにされ、今まで隠されていた魅力を見事に引き出しています

出典:autoevolution
サドルシート、フラットフェンダー、ボバーガスタンクはノーマルに比べれば相当小さいので、エンジンやパラレバーを強調され、BMWらしさがより出ているのではないでしょうか。最近はカスタムベースバイクとしてBMW R NINE Tが発売されましたが、そのようなバイクをKシリーズでも出してほしいと、このBMW K1200RSボバーカスタムを見れば思ってしまいます。

出典:MCN
販売期間:1997年~2005年
 
 
ハーレー以外の車両でボバーカスタムバイクを特集してみましたがいかがでしたか。ボバーのカスタムは車種を選ばないことが思えるのでしょう。今回見てきたバイク以外でもボバーカスタムでカッコよくできるポテンシャルは十分あると考えることができます。

ボバーについて知りたい方におすすめの記事
最近気になるボバースタイル。カスタム手法を徹底調査
【モト・グッツィ】イタリア老舗メーカーが本気で作ったボバースタイル。「V9 Bobber(ボバー)」発売




  • このエントリーをはてなブックマークに追加