4気筒

4気筒は、バイクエンジンの形式の一つ。シリンダー(気筒)が直列に4つ並んでいるエンジンのことを言う。この形式のエンジンを最初に取り入れたのは、1966年に販売したMVアグスタのMV600である。その後、1969年にホンダが販売したドリームCB750FOURがこのエンジン形式を採用し大ヒットとなった。このヒットによって、殆どのオートバイメーカーが4気筒エンジンを採用するようになった。4気筒はバイクエンジンの主流となり、250cc~1400ccクラスのバイクでこのエンジンが採用されている。

バイクを買う

ホンダ・ホーネット250はココが凄い!! 生産終了後も人気な理由とは?

ホンダ・ホーネット250とは? 出典:wiki/ホンダ・ホーネット ホーネット2…