カフェレーサー

カフェレーサー(Cafe Racer)とは、1960年代にイギリスで産まれたオートバイのカスタム手法。ロンドンのエースカフェでロッカーズ達が公道でレースをするために「速く、カッコ良く」というコンセプトでカスタムをしていた。特徴は細長い燃料タンク、小さいメーター、一人用のシート、シングルシートカウル、ハンドルは低くて幅の狭いセパレートハンドル(セパハン)を装備していることである。バックステップやハーフカウル(ロケットカウルやビキニカウルとも呼ばれる)やフルカウルが取り付けられる場合もある。
当時のベース車両はノートンやトライアンフなどだったが、現在の日本ではSR400やCB1100、W800などが定番となっている。

バイクを買う

ホンダ『GB250クラブマン』はココが凄い!! 多くライダーがデザインを支持した名車の魅力とは?

ホンダCB250RS-Z、CBX250RSの派生車種として登場した250ccシン…