中免

自動二輪免許中型限定の略。2輪免許は1996年の免許区分改正以前、小型限定(125cc以下)、中型限定(400cc以下)、それ以上の排気量では、限定なしの限定解除という3種類に分類されていました。1980~1990年代前半、若者による「ローリング族」や「暴走族」が社会問題となり、国内で最高排気量であった750ccに乗る若者が増え、それに伴う死亡事故などの増加から400cc以上のバイクに乗らせないようにするため教習所でも「中免」までしか取得できないようにするなど交通規制や制度が強化されました。当時は250cc、400ccのバイクに乗る不良少年を「中免コゾー」と呼んだりもしたそうです。現在では、普通自動二輪免許と大型二輪免許という2種類に分けられたため中型免許という分類はありませんが、250ccや400ccクラスのバイクを中型と呼びます。

バイクを買う

ホンダ『CB400SF』はココが凄い!! 400cc最高峰の名車の魅力とは?

ホンダ車はつまらない。そういう声が多く聞かれます。やたら高い完成度、文句のつけよ…